食品」タグアーカイブ

【健康】がん進行・転移に食品が影響か=英研究

1: みつを ★ 2018/02/08(木) 21:24:26.72 ID:CAP_USER9
http://www.bbc.com/japanese/42984975

ジェイムズ・ギャラガー健康科学担当編集委員、BBCニュース
2018/02/08

英ケンブリッジ大学の研究者らはこのほど、食品とがんの進行・転移との関係を示す研究結果を発表した。

英科学誌「ネイチャー」に掲載された研究論文によると、アスパラギンと呼ばれる栄養素が不足すると、乳がん細胞の成長が妨げられることが動物実験で分かったという。

アスパラギンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、名前の元となったアスパラガスや鶏肉、魚介類など多くの食品に含まれている。
科学者たちは、がん細胞の「食べ物の好み」が治療に将来役立てられるのを期待している。
がん研究団体「キャンサーリサーチUKケンブリッジ研究所」は、進行の早いがんにかかったマウスに、低アスパラギンの食事を与えたり、アスパラギンを阻害する薬を投与した。マウスは通常、がんが体全体に転移し2、3週間で死亡するが、実験対象のマウスのがんは転移が抑えられた。

グレッグ・ハノン教授は、「本当に大きな変化だった。(がん細胞を)見つけるのがなかなか大変なほどだった」と語った。
英グラスゴー大学は昨年、アミノ酸のセリンとグリシンを取り除くと、リンパ腫と腸がんの成長が阻害されるという実験結果を発表している。
ハノン教授はBBCに対し、「特定のがんが特定の食べ物にやみつきだという可能性が高まっている。将来は、患者の食事を調整したり、薬を投与したりして、がん細胞がこれらの栄養素を得られないようにし、治療の効果を高められると期待している」と話した。

がん細胞

初期がんが致命的になることは少なく、体全体への転移によって深刻な状態になる。
がん細胞の転移には、細胞に大きな変容が起きる必要がある。腫瘍から分離し、血流内を移動し、体内の別の場所で成長し始めなくてはならない。
研究者たちは、この過程でアウパラギンが不可欠な役割を果たしているとみている。

しかし、アスパラガス好きな読者が恐れる必要はない。研究は証明されたわけではないし、食事でアスパラギンを完全に避けるのはそもそも困難だからだ。
将来は、栄養バランスは取れているが、アスパラギンを含まない特殊な飲み物を、患者が食事代わりに飲むという治療法を研究者たちは想定している。

キャンサーリサーチUKの主任医師、チャールズ・スワントン教授は、「興味深いことに、薬剤のL-アスパラギナーゼは、アスパラギンに異存する急性リンパ性白血病の治療に使われてきた。将来は、この薬剤の効能を拡大し、乳がんの治療にも役立てられる可能性がある」と語った。
これにはさらなる実験が必要だ。

乳がん治療の慈善団体「ブレスト・キャンサー・ナウ」の会長を務めるデリス・モーガン女男爵は、今回の研究に基づいて患者が極端な食事療法をしようとすべきでないと語った。
モーガン氏は、「医者との相談なしに、特定の食品群を完全に食べないようにするのは良くない。さらに我々は、すべての患者に対し健康でバランスのとれた食事を取るよう促している」と述べた。

(英語記事 Food may influence cancer spread)

https://ichef-1.bbci.co.uk/news/410/cpsprodpb/0E76/production/_99920730_c2c3b1ec-21a2-4323-86fd-9d5bb0d5954b.jpg

no title

医師2561人に聞きました 医師が健康のために摂取している食品は? 積極的に摂取、第3位が「青魚」、第2位が「コーヒー」、第1位は…

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワイモマー MMe0-o02t) 投稿日:2016/01/29(金) 05:23:17.80 ID:Q6PaoBlNM.n
 医師は、医療の専門家であるとともに、健康に関しても豊富な知識をもった「健康のプロ」と言える。その医師たちは、自らの健康のために、どのようなことに気をつけているのだろうか。今回は、医師の「食生活」の実態に迫ってみた。

 日経BPメディカル研究所が、日経メディカルOnlineの医師会員を対象に調査を行ったところ、医師2561人から回答があり、そのうちの78.8%が、「日々の食事に気をつけるようにしている」と回答した(図1)。具体的に医師が食生活上、注意しているのは、「栄養のバランスの良い食事」(64.3%)、「規則正しく食べる」(46.7%)、「腹八分目で暴飲暴食をしない」(40.5%)、「塩分を摂り過ぎない」(39.5%)などだった。

no title

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/1000research/201601/545546.html

生活習慣病のため 糖質制限食品市場規模増大

1: ◆qQDmM1OH5Q46 投稿日:2015/12/17(木)13:35:57 ID:pV5
 糖質の量を控えめにした食品が次々と登場し、市場が拡大している。
「緩やかな糖質制限」が糖尿病や高血圧など生活習慣病対策に役立つとの見方が
広がっているためだ。社員の健康管理の一環として低糖質食を提案する会社もある。

 ◆ロカボ

 糖尿病予防やダイエットのために低糖質食の知識の普及に努める
「食・楽・健康協会」は11月、東京都内でPR会を開催。
支援する企業14社の麺類やパン、菓子といったさまざまな低糖質商品がずらりと並んだ。

 通常の食事では1食当たりの糖質量は90~100グラム。
これを20~40グラムに抑えるのが緩やかな糖質制限(ロカボ)食だ。
ロカボは「Low-Carbohydrate」(低炭水化物)の略で、
推奨する同協会代表理事の山田悟医師は「糖質制限で生活習慣病などを防げれば、
年間医療費で1500億円近く削減できる可能性がある」と話した。

続き 産経ニュース 全4ページ
http://www.sankei.com/life/news/151217/lif1512170010-n1.html