薄毛」タグアーカイブ

【健康】サウナが空前の大ブーム 薄毛にも効くという

1: シャチ ★ 2018/07/04(水) 18:16:57.87 ID:CAP_USER9
汗をかいて、新陳代謝UP! 一説によれば「がんにも効く」とまで言われる“温浴習慣”の全貌を今ここにすべて書く!

 暑くて、むさ苦しくて、オヤジ臭い「過去の遺物」――そんなネガティブなイメージがつきまといがちな「サウナ」に、異変事態が起きている。
ファッション誌ライターが言う。「今、20~40代の人たちの間で、サウナが空前の大ブームなんです。酒を飲まずともテンションがブチ上がり、
気持ち良く、健康にもいい。友達何人かで連れ立って行く“飲み会”ならぬ“サウナ会”までもが日夜、開催されています」

 あんな暑い場所にジッとして、ブチ上がる? 体にいい? にわかには信じ難いが、人間とサウナの関係はズブズブに密接で、
歴史はとかく古い。「サウナの起源は、2000年以上前のフィンランド。7000年前という説もあります。食糧を保管し、燻す小屋が、
そのままサウナに転じたという話です。北欧をはじめ、諸外国の人たちにとって、“風呂”と言えばサウナのこと。“湯”につかるより、
ずっと身近でスタンダードなものです」(ベテランのサウナー)

 日本では6世紀、仏教の伝来とともに“浴堂”という施設が造られ始め、これがサウナの元祖となったという。「以降、
1964年の東京オリンピックで、選手村にサウナ施設が造られたのを契機として、一気に一般層へも普及していきました」(前同)

 こうして広がったサウナ文化だが、広がるには広がるだけの理由がある。そう、正しく入ると“気持ちいい”のだ。
「サウナの気持ち良さは“整う”ことが究極です。サウナ浴を繰り返すことで、体中の血の巡りが良くなり、
酸素が脳にドバドバ入って来る。すると、全身に深くリラックスした状態が訪れ、天国にいるかのような心持ちになる――これが“整う”ということです」(同)

 加えて、健康面にも大幅にプラス。“心臓に悪そう”という偏見もあるが、過度の入浴を控えれば問題なし。血流の改善が、
体の悩みを吹っ飛ばすのだ。「まず、肩こり、腰痛が良くなる。頭皮の血流も良くなり、薄毛にも効きます。さらに、サウナの熱は、
体内のタンパク質を傷つける。このとき、別のタンパク質“ヒートショック・プロテイン”というものが生まれます。
これが、タンパク質の損傷をフォローする働きをし、人体の免疫力をアップさせる。ひいては、“がんにも効く”という研究結果も出ています」(医療メーカー研究員)
(以下ソースで)

日刊大衆
https://taishu.jp/articles/-/60039?page=1

no title

薄毛でもカッコいい“ハゲメン”芸能人たち

1: シャチ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/25(月) 17:31:13.04 ID:CAP
日刊大衆
http://taishu.jp/21831.php
「斎藤さんだぞ!」でおなじみのお笑いコンビ・トレンディエンジェルが好調だ。彼らのコンビ結成は2004年。
当初はお互いの「ハゲ」についてまったく触れない漫才だったという。しかし、先輩芸人のダイノジ大谷ノブ彦(43)から
「まずそれを処理しないとお客さんが困惑するだろ!」の助言を受け、ハゲをネタとして扱うように。
「少年よ、毛根をひらけ」「石の上にも3年、ハゲの上には3本」などハゲフレーズをフル活用して
2015年にはM-1王者にまでのぼり詰めた。見事、ハゲを長所に変えてしまった彼らだが、
ほかにも芸能界には薄毛でもイケメンといわれる「ハゲメン」は多い。
ここでは薄毛に負けないハゲメン芸能人を紹介しよう。

 まずは世界に誇る日本の名優・渡辺謙(56)だ。彼の薄毛が目立つようになったのはおそらく2000年に
出演したドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)あたり。2003年のハリウッド映画『ラストサムライ』
での剃髪姿をキッカケに現在の髪型になったようだ。いまや短髪スタイルは彼のトレードマークだ。

 NHK大河ドラマ『真田丸』で「黙れ小童!」と一喝する室賀正武の熱演が好評だった西村雅彦(55)も、
ハゲメン俳優である。彼も渡辺と同じく前から「来た」タイプで、いわゆるM字ハゲ。
世間に名が知られるようになった1994年から始まったドラマ『古畑任三郎シリーズ』(フジテレビ系)から
あのヘアスタイルなので、若い頃から「来て」いたのだろう。近年は渋みのある演技派として定着。
「髪型がセクシー」という女性ファンの嬉しい声も多い。

 同じく演技派俳優からは竹中直人(60)、高橋克実(55)、火野正平(66)もイケてるハゲのカテゴリー。
とくに、火野は「握手するだけで妊娠する」と噂が立つほどのモテ男だ。1977年スタートの
『必殺シリーズ』の頃から頭部のアヤシい兆候はあったものの、数多の有名女優と浮き名を流し
ワイドショーを賑わせた。彼のハゲ頭はみなぎる男性ホルモンの証なのかもしれない。

 そして意外にも「実はハゲメン」と評価されているのが江頭2:50(50)だ。江頭がハゲたのは、
かつてテリー伊藤(66)が考案した「毛ー1グランプリ」に出場してから。毛ー1とは、どちらが多く
髪の毛を抜けるかというバカ企画で、人一倍無茶をしたエガちゃんが勝利。だが、それ以降、
毛が生えなくなってしまったのだとか。さすが「1クールのレギュラーより1回の伝説」のエガちゃんだ。
彼のハゲ散らかした頭は笑いの勲章なのである。

 ハゲメンがなぜ人気者ばかりなのか? 彼らに共通するのは、帽子やカツラで誤摩化さない潔さだ。
それに、大半の女性は男性のハゲについて「清潔感があり」「似合っていれば」そこまで気にしていないという
アンケート結果もある。ハゲはハンデにあらず。最近、薄毛が気になっている男性は、
むしろ思い切ってボウズにチャレンジしてみてはいかがだろう?

no title

「治療をしてみたい薄毛タレントは?」美容整形Dr.高須幹弥が、意外な本音を暴露!

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ dfeb-dALc) 投稿日:2016/03/07(月) 23:43:20.51 ID:8X9F2gR+0.n
【第8回】「高須センセイ、薄毛治療を施したらイケメンになる男性芸能人って誰ですか?」
男性の永遠の悩み“ハゲ”。どんなにはやりのスタイルでキメたって、髪の間から透けて見える頭皮やまぶしい頭頂が、悲しいくらいイケてない感を漂わせる……。それくらい、髪の印象って大事。好きでハゲてるわけじゃないのはわかるけれど、
やっぱり薄いと老けて見えるし、中途半端にハゲ散らかすとだらしない印象にもなりがち。テレビでよく見る薄毛のあの人、
そろそろヤバいとうわさのあの人、植毛したらどのくらいイメージが変わるんだろう? 美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長の高須幹弥先生、ぜひ治療したいという男性タレントの名前を、こっそり教えてちょーだい!

■ハゲひとつでイメージは大きく変わる
 年齢と見た目の差異はケースバイケースではあるけれど、男性型脱毛の場合はおでこから頭頂にかけて進行して両サイドが残っている“カトちゃんハゲ”が多いから、20代前半でもてっぺんまでツルツルだと50歳以上に見えることがあります。
実年齢と見た目のギャップは最大で30歳くらい。少し薄い程度の人でも、5歳は老けて見えます。日本人は髪が黒くて肌が黄色いから、コントラストが大きくて見た目年齢に影響しやすいんです。髪と肌の色にあまり差がない外国人は、そこまで違和感ないでしょ?
 ほかにも、「遺伝して子どもがハゲたらかわいそう」と結婚に影響したりすることもあるし、「ハゲは男性ホルモンが多いから、性欲旺盛で、脂でテカテカしていて、体毛が濃くて胸毛びっしり」なんていうイメージを持たれることもありますね。
 確かに薄毛には男性ホルモンが影響していますが、男性ホルモンの分泌がただ多いだけでハゲるわけではないんです。毛包組織には男性ホルモンのレセプター(受容体)があって、そこに男性ホルモンが作用すると毛が抜けたり、生えてこなくなったりする。
レセプターの感受性にも個人差があるので、薄毛の人に男性ホルモンの多い人の特徴が当てはまるとは限りません。ほとんどは都市伝説ですよ。

■ハゲないためにできることとは?
 男性型脱毛は遺伝子レベルの問題だから、どんなにケアしても多少進行を遅くするだけで必ずハゲます。ハゲないためにできることは「去勢する」「プロペシア(頭皮の男性ホルモン受容体の拮抗薬)を一生飲み続ける」「ハゲる前に死ぬ」の3つだけ。
まぁ3つ目は冗談だけど(笑)、プロペシアは“ハゲの救世主”っていわれるくらい効果が絶大で、飲み続けている間は進行が止まるし、軽度のハゲなら毛が復活して生えてくることもあります。
ある程度進行してしまっている人なら、頭皮に成長因子を注射して活性化させる「ハーグ療法」との併用療法で、フサフサにすることができますよ。

■江頭2:50は皮膚移植でダンディになる
 僕が治療してみたい薄毛の有名人で真っ先に思い浮かぶのは、イギリス王室のウィリアム王子。まだ若いし、すごくイケメンで奥さんもキレイなのに、
“男の3大欠点”といわれる「ハゲ・デブ・チビ」のうちの1つを抱えていて、かわいそうだよね。今くらいの薄毛レベルなら、
植毛までしなくても飲み薬と注射の併用療法を続けることで毛の量を増やしていけると思います。王族だから治療できないのか、あえてしないのか……気になるところですね。
no title

no title

http://www.cyzowoman.com/2016/03/post_19004_2.html