自殺」タグアーカイブ

【芸能】ジャニーズ事務所の子会社社長が首吊り自殺

1: 豆次郎 ★ 2018/03/14(水) 16:11:12.97 ID:CAP_USER9
3/14(水) 16:00配信
 3月5日早朝、大手芸能プロダクション・ジャニーズ事務所の関連会社が入居する渋谷区のビルで、一人の男性が首を吊った姿で発見された。亡くなったのはジャニーズの子会社で、デジタルコンテンツの配信事業などを手がけるアートバンクの代表取締役・伊坪寛氏(享年62)。

 その日は奇しくも、ジャニーズにとって記念すべき日だった。

「これまでインターネット展開に慎重だったジャニーズが、YouTubeにジャニーズJr.の公式チャンネルを開設すると発表した日だったのです。伊坪さんがその日に、しかもオフィスで自死を遂げたことには、重要なメッセージが込められているとしか思えません」(伊坪氏の知人)

 実直で温厚、仕事上のトラブルもあったが決して部下のせいにはせず、ひとりで溜め込むタイプだったという伊坪氏。遺書には「仕事に疲れました」「逃げるにはこれしかなかった」というような言葉を残していたという。事情を知る関係者は、「仕事のことで追い詰められていたのは疑いようもない」と語る。

 ジャニーズ事務所は、伊坪氏の死について、週刊文春の取材に対しこう回答した。

「伊坪氏には、グループ会社の役員として当グループに多大なる貢献をしていただいておりましたところ、このようなことになり、同氏の尊い命が失われたことは、グループ会社一同、痛惜の念に堪えません。責任感の強い伊坪氏がどれほどの悩みを抱えておられたことか、気付くことができなかったことを悔やむばかりです」

 詳細は、3月15日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180314-00006555-bunshun-soci

no title

【訃報】リンキン・パークのボーカル、チェスター・ベニントンさん死去 自殺か

1: secret name@シクトク 2017-07-21 11:41:53 ID:
no title

・リンキン・パークのチェスター・ベニントンさんが20日、自殺したとみられる
・メンバーの1人は、「とても悲しいが、事実だ」とTwitterに投稿
・米検視局によると、自宅で首をつった状態で発見されたと通報があったという

人気ハードロックバンド、リンキン・パーク(Linkin Park)のボーカル、チェスター・ベニントン(Chester Bennington)さん(41)が20日、自宅で死亡しているのが見つかった。自殺とみられる。

リンキン・パークのギタリストで、作曲を担当しているマイク・シノダ(Mike Shinoda)さんはツイッター(Twitter)に「ショックを受けており、とても悲しいが、事実だ」と投稿した。

ロサンゼルス(Los Angeles)郡検視局によると、午前9時(日本時間21日午前1時)すぎ、ベニントンさんがパロスベルデスエステーツ(Palos Verdes Estates)にある自宅で首をつった状態で見つかったとの通報があった。ブライアン・エリアス(Brian Elias)検視局長によると、当局は自殺の可能性があるとみて捜査を進めている。

ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/13364859/

https://twitter.com/linkinpark/status/888169188384100354?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fgirlsvip-matome.com%2Facv%2F1066786628.html

http://secrettalk.me/get_device.php?talk=3472&image_path=./images/talk/DFNpJkcV0AAWhy0.jpg

クリスコーネルに続きリンキンのチェスターまで…。
マリオカートのスターロードのように、キラキラ輝いてる道ほど常に真っ暗な死が隣り合わせに存在している。
俺も落ちそうになる時、ハイロウズのこの歌を口ずさむ。
「自殺するのが流行りなら長生きするのも流行り」
byマキシマムザ亮君

— マキシマム ザ ホルモン (@MTH_OFFICIAL) https://twitter.com/MTH_OFFICIAL/status/888183617318408192

no title

誕生日の自殺、普段の1.5倍 孤独感などのストレス増か

1: リサとギャスパール ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/04(土) 21:34:40.89 ID:CAP_USER9
 誕生日に自殺する人は他の日の約1.5倍になることを、大阪大の松林哲也准教授(公衆衛生学)らのチームが、厚生労働省の人口動態調査データの分析で明らかにし、4日までに発表した。

 チームによると、欧米では、記念日を期待通りに過ごせず孤独感などの心的ストレスが増え、自殺が増加するとする「誕生日ブルー」という仮説がある。

 松林准教授は「文化が違う日本でも同じ傾向が示された。自殺の恐れがある人の誕生日が近づいたら、周囲がいっそう注意、サポートをする必要がある」と話した。

 チームが1974~2014年の人口動態調査データを分析した結果、自殺や事故で死亡したのは約207万人で、うち約8千人が誕生日に亡くなっていた。
このうち誕生日に自殺した人は約4100人で、それ以外の日の平均約2700人の約1.5倍だった。

 交通事故や溺死、転落などによる死者数も誕生日に増える傾向があった。

 成果は国際科学誌電子版に4月掲載された。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H8G_U6A600C1CR8000/?dg=1
2016/6/4 21:11