肩こり」タグアーカイブ

縄文人もブラック社会?肩こりやけい椎症の形跡があった!

1: 水星虫 ★ 投稿日:2015/12/30(水) 10:10:59.99
縄文人の暮らしは過酷か

http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2046196951.html?t=1451437518000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

大阪の「森の宮遺跡」でおよそ40年前に発掘された縄文時代の人の骨を
専門家が改めて調査したところ、複数の人で、肩こりや腰痛を伴う重い病気の部分が確認されました。
専門家は過酷な労働が関係している可能性があると指摘しています。

大阪・中央区の「森の宮遺跡」では、およそ40年前、
縄文時代から弥生時代にかけての人の骨が発掘されました。
その一部が去年、大阪市の指定文化財になったのを受けて、大阪市立大学大学院医学研究科の
安部みき子学術博士が改めて調べたところ、見つかった骨は
以前、確認された18人分ではなく、24人分あることが分かりました。

また、縄文時代の40代以上の男女2人とみられる骨には、肩こりや痛みを伴う
「けい椎症」であることを示す首の部分の突起や、腰痛などを招く
変形性脊椎症を示す腰の部分の異常が確認されました。
症状はかなり重く、重いものを運ぶなど過酷な労働が関係している可能性があるということです。
さらに、赤ちゃんの骨がこれまで確認されていた2人分ではなく5人分あることも分かりました。

安部学術博士は、
「穏やかなイメージがある縄文時代だが、過酷な労働や
子どもの高い死亡率など、厳しい環境だったと考えられる。
当時の暮らしを知る上で重要な発見だ」
と話しています。

12月30日 10時00分