老化」タグアーカイブ

【経済】ご飯、うどん・・・ 炭水化物減らすダイエット 60代後半で老化顕著に 糖質制限ご用心

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/03/17(土) 22:26:21.01 ID:Ae7PCdOB0● BE:861989356-PLT(16000)
東北大大学院が報告

 同大学院農学研究科のグループは、食事の量を減らさず炭水化物の量を制限し、その分をタンパク質や脂質で補う「糖質制限食」について、摂取と老化の影響を分析。マウスに日本人の一般的な食事に相当する餌を与えた場合と、糖質制限食を与えた場合を比較した。ビタミンやミネラルは同じ量を与えた。

 一般的な食事を与えたマウスは多くが平均寿命よりも長生きしたが、糖質制限食では平均寿命まで生きられなかった個体が多かった。死んだ個体は平均寿命より20~25%ほど短命だった。また、糖質制限の個体は見た目も同齢の一般食の個体と比べて背骨の曲がりや脱毛などがひどく、老化の進度が30%速かった。

 同科の都築毅准教授によると、現時点で詳しいメカニズムははっきりしていないが、「糖質制限食の個体は、血液中に多く存在するとがんや糖尿病の発症が早くなる可能性が高まる物質が多くなっていた」と、食事による違いを指摘する。

続きはソースで
https://www.agrinews.co.jp/p43551.html

no title

【芸能】気管支炎と肺炎、肝炎に白髪、ハゲ…中居正広の隠せない“老化ぶり”に業界が騒然

1: サスケ ★@無断転載は禁止 2017/02/05(日) 15:52:08.01 ID:CAP_USER9
元SMAP・中居正広(44)の老化現象が顕著に現れはじめてきた。
今年に入り、側頭部付近の白髪が目立ち始めてファンの心配を呼んでいる。

「体調も芳しくないようで、1月中旬には気管支炎と肺炎を併発。
1週間ほど入院し、MCを務める『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)と『Momm!』(TBS系)の収録をキャンセルしています」(週刊誌記者)

この時の病状について、中居はラジオ番組『中居正広 ON & ON AIR』(ニッポン放送)で、
「軽い肝炎だった。A型かB型か分からないんだけど……」
とも告白。

完治を強調したものの、一時は重篤な状態だったことを印象付けた
一連の事態についてスポーツ紙記者は次のように語る。

「中居は昨年のSMAP解散騒動で、年末の『NHK紅白歌合戦』への出演を渋る香取慎吾(40)の説得に回りました。
ただ、香取の決意は固く断念することとなり、リーダーとして有終の美を飾れなかったことを非常に悔やんでいました。
責任感の強い性格だけに、ストレスは相当なものだったのでは」

こうした中、1月31日からは缶チューハイ「キリン 氷結」のテレビCMが始まった。

SMAP解散後、初めてのソロCMで、
「あたらしくいくってドキドキするね」
と自身の境遇を重ねたセリフが注目を集めている。

■独立の成否のカギは体調か

新たなスタートを切った中居だが、つきまとうのは健康不安。
中居は、朝方までの酒浸りの生活習慣を頻繁に口にしており、肝炎の再発の恐れは尽きない。
関係者も今回の入院には騒然となった。

「昨年には、『収録中に猛烈な汗をかく』と打ち明けたことも。
酒飲料メーカーは、CMに起用したタレントの酒絡みのトラブルに敏感です。
もし、肝炎再発という事態になったら、大変なことになる」(キー局社員)

一方で中居は、ジャニーズ事務所からの独立に向けて、飯島三智元チーフマネージャー(58)とともに水面下の工作を続けている、とも報じられている。
ただ、高圧的な芸能事務所からの移籍は、相当の困難が待ち受ける。
新CMで「あたらしくいこう」と力強くアピールしたが、その成否は体調面にもかかっているようだ。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170205-33699225-dailynewsq

「脳を老化させる」NG習慣 睡眠不足、炭酸飲料、運動不足 苦手な人を避ける 新しいことに挑戦しる

1: ファイヤーボールスプラッシュ(東日本)@無断転載は禁止 [ニダ] 2016/12/25(日) 15:06:33.85 ID:tQQoBEhl0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
■NG1:睡眠不足

睡眠不足は脳の老化を加速するとの話。過去記事「中高年のお悩み”睡眠時間の短かさ”が脳の老化を加速させると研究で判明!」では
Duke-NUS医学大学院の研究結果から、睡眠時間の短い人ほど、老化に伴い脳が萎縮していく傾向があると紹介しました。

■NG2:面倒な人間関係を避ける

次は人間関係について。他人と意欲的に付き合うだけでなく、面倒な人間関係に悩まされる毎日も、脳の老化予防には前向きな働きをしてくれると分かっています。

■NG3:砂糖入りの炭酸飲料を飲み続けている

次は炭酸飲料の飲みすぎについて。過去記事「タバコ級にヤバい!毎日飲むと“4.6歳も細胞が老化”する飲み物とは」では、
米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究結果を紹介しました。

砂糖入りの炭酸飲料500mlを1日1本程度のペースで飲むと、4.6年分も脳の細胞の寿命が短くなってしまうという話。その悪影響はタバコ級なのだとか……。

■NG4:新しい物事に挑戦しない

次は新しい物事に挑戦しない毎日について。新鮮な刺激や不慣れな作業はやはり、脳の老化予防に効果があるのですね。

■NG5:有酸素運動をしない

最後は有酸素運動について。上述してきた過去記事以外にも「脳の老化を食い止める”1日に歩くべき距離”が判明」「40代の運動不足が60歳以降の
”脳の老化”に深刻な影響を与えると判明」などで、運動不足が脳に与える悪影響について触れています。

特に40代の運動不足は60歳以降の脳の老化に極めて深刻な悪影響を及ぼすと、ボストン大学の研究で分かっています。

今まさにアラフォーで運動不足という人は、ウォーキングなど有酸素運動を始めたいですね。

http://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Wooris_232153/