」タグアーカイブ

【医療】「低炭水化物ダイエット」は危険 コメが主食の日本食が健康に良い 医師会と米穀団体が警鐘

1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/12(火) 23:07:59.85 ID:MltKIK1r0● BE:284093282-2BP(2000)
ご飯やパン、麺類などを控える「低炭水化物(ローカーボ)ダイエット」。体重を減らす効果があるとして若い世代を中心に人気だが、
医療関係者の間では「健康を損なう危険性がある」との声が強まっている。日本医師会と米穀安定供給確保支援機構主催の
「食育健康サミット」が十一月、東京都で開かれ、医師らが炭水化物を控えることの危険性を強調した。 (編集委員・安藤明夫)

 ローカーボダイエットは、炭水化物を控え、肉類などタンパク質や脂質中心の食事を取ることで体重を減量させる方法。
若い世代を中心に広まっているが、医学界では批判の声が強く、日本糖尿病学会は二〇一三年、「推奨できない」と提言している。
 サミットでは、栄養のバランスが乱れやすい同ダイエットの問題点を指摘する声が相次いだ。
 森谷敏夫・京都大名誉教授(応用生理学・スポーツ医学)は「炭水化物を取らないことで短期的に体重が落ちても、
体内の脂肪分は変わらず、水分が減っているだけの場合が多い。標準体重でも体脂肪率の高い“隠れ肥満”の若者は
むしろ増えている」と指摘した。森谷さんが女子大学生百三人を調査したところ、隠れ肥満は50%に達し、低血圧35%、
冷え性21%などの問題もあった。
 この学生たちに、正しいダイエットとして、管理栄養士が調理したご飯、みそ汁、魚、野菜、果物などの三食
(一食あたり四百キロカロリー)を二週間提供し、間食はしない生活を送ってもらったところ、体重は平均二・四キロ減。
体脂肪は一・七キロ、ウエストも三・七センチ減った。交感神経の活動や脂質代謝も向上したという。
 日本人の摂取カロリー量は昭和時代に比べ大幅に低下しているが肥満は増えている。
「肥満や糖尿病の増加は食べすぎのせいではなく、座っている時間が長いことが一番の原因。
立って動く時間を増やすことで、筋肉の減少を抑え、高齢期の介護予防にもつながる」と体を動かすことを勧めた。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201712/CK2017121202000182.html

理系アイドルがダイエットに物申す!「米食え。特にサトウのごはん!」

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 2213-V7J3) 投稿日:2015/12/28(月) 18:46:21.07 ID:x4kQ9fUi0.n
ライブにレッスンにソーシャル発信。超多忙な日々を送るアイドルの食生活ってどうなってるの? 息抜きは? 
新潟大学工学部卒のリケジョ(理系女子)でもあるNegiccoのKaedeさんに聞きました。

私が元々は薬剤師になりたかった、という新聞記事を新潟薬科大学の学長さんが読んでくださった縁で、
2015年5月から薬、食、自然環境や健康についての知識を深め、新潟県の魅力を全国に発信するための「特定研究員」を務めています。
学長さんとは学食で食事をしたりもしながら、色々とお話をうかがっています。

芸能の仕事をしていると、痩せたいと思って、あまり食べないとか、炭水化物は減らすとか考えていたのですが、
学長さんから「ごはんをまずちゃんと食べないと駄目だ」というお話をうかがい、しっかりお米を食べるようにしたら、実は体重が安定してきたんです。
これまでは食事を減らそうと思うストレスでお菓子を食べちゃったこともあり、結局、痩せませんでした。

 今は、「お米は少しだけでおかずを多めに」ではなく、お米をメインに食べています。
学長さんは「基本的には好きなものを楽しんで食べることが大事。太っちゃうなどと思いながら食べると、ストレスにしかならない。
我慢我慢と思いながら食べるより、楽しんでゆっくり食べるのが良いと思うよ」というお話をしてくださいました。

コンビニの食べ物は便利だし、おいしくなっていますが、学長さんには「ごはん、お味噌汁とお魚とか、バランスの取れたものを食べられると良いんだけれどね。
今は地元企業の『サトウのごはん』のCMをしているんだから、それを持ち歩いた方が良いよ」とも言っていただきました。

大学時代のKaedeさん=Kaedeさん提供
no title

寺田弘学長(左)から特定研究員に任命されたKaedeさん=新潟市中央区
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.withnews.jp/2015/12/23/f/8c/f8c09b6e-m.jpg
http://withnews.jp/article/f0151227000qq000000000000000W02w0601qq000012869A