熊本地震」タグアーカイブ

【被災地】熊本地震で「地震酔い」相次ぐ 不安やストレス原因か

1: リサとギャスパール ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/02(木) 18:15:02.01 ID:CAP_USER9
no title

 熊本県などの一連の地震の被災者から、揺れていなくてもふらつきやめまいを感じる「地震後めまい症候群」(地震酔い)の訴えが相次いでいる。
専門家は車中泊や避難所暮らしなど、不自由な生活などによるストレスが発症を助長する可能性を指摘している。

人は耳の奥にある三半規管や目、手足などから外部の情報を脳に集め、体の平衡感覚を保つ。
地震酔いの詳しい仕組みは分かっていないが、船から下りても揺られている感覚を覚える「下船病」と同様に、
平衡感覚をつかさどる器官に揺れに伴う負荷がかかると機能が低下し、発症すると考えられている。

 熊本県宇城市にある松橋耳鼻咽喉(いんこう)科・内科クリニックの松吉秀武院長(平衡医学)と熊本大が、
4月19日から約1カ月間、めまいで通院中と新規の患者計214人を調べた結果、108人(新患31人)が地震酔いと診断された。約8割が女性だった。

http://www.asahi.com/articles/ASJ504F4TJ50PLBJ003.html
2016年6月2日15時21分

震災の熊本繁華街で「白木屋」と「笑笑」だけが営業していた理由

1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/04/30(土) 13:03:59.70 ID:CAP
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160429-00507950-shincho-soci
 未曾有の「断層連鎖」で、日本全体が暗い雰囲気に包まれた感が否めない。結果、自粛ムードが蔓延。
当然のように熊本市内の繁華街にも重苦しい空気が垂れこめ、「シャッター街」と化したが、そんななかでも灯りを点(とも)し続けた居酒屋があった。
 ***

 ホテル、居酒屋、キャバクラ……。熊本駅近くにある「熊本銀座通り」は、熊本市の繁華街の中核を担うまさに目抜き通りであり、
飲食店だけでも約200の店が軒を連ねる。しかし、前震後の15日夜の段階では、
「さすがに9割方の飲食店が店を閉めていました。店内のボトルが割れたり、天井にぶら下がっていたカラオケ用のスピーカーが落下するなどして、
各店舗、被害を受けましたからね」(商店関係者)

 それでもこの時点では、
「市内の有名ソープランドで、前震の真っ最中に『プレー』していたお店の女の子が、ローションで滑って怪我をしたらしい」(同)
 などという情報が「笑い話」として広められるほど、熊本の夜の街にもまだ幾許(いくばく)かの「余裕」が残っていた。
 ところが、そこに16日未明の本震が襲い掛かったため、その晩は9割どころか開いている飲食店はほぼ皆無の状態となる。
「水商売」にとっては致命的な断水が発生したからだ。そんな状況の熊本銀座通りでも、

「確認できている限りでは、大衆居酒屋チェーンの『白木屋』と『笑笑(わらわら)』だけが営業を続けていました」(同)
 例えば「白木屋熊本銀座通り店」では、食事メニューが枝豆、たこわさび、焼き鳥、唐揚げ、サラダ、ピラフの「2000円コース」と、
これに刺し身が加わった「2500円コース」に限られていたが、ドリンク類は全種類供されていた。他店が店を閉めるなか、なぜ両店は開けることができたのか。

■大分出身の社長
「他県の店舗からも物品を運び、また前震があった時点でミネラルウォーターを買い込んでおいたんです」
 こう説明するのは白木屋の店長だ。
「その水を調理用と洗い物用に分けて使ったり、自動皿洗い機も動かないので手でお皿を洗ったりして何とかやっています」
 同店とともに営業していた笑笑も、同じ「モンテローザ」が経営している。
「(モンテローザの)社長が、『こういった震災の時でも、皆さまのために店を開けるべきだ』と言い、全ての食事メニューは提供できませんが頑張っているところです」(同)
 モンテローザ総務部は、
「当社は、東日本大震災などの過去の経験から、大変な状況下であっても、飲食を提供する者として、一日も早くお店を開店させホッと出来る
ひとときをすごしていただくことが、地域の皆様に一番喜んでいただけると信じております」
 なお、同社の大神輝博社長は大分出身である。
 自粛する者、閉店を余儀なくされる者あれば、「逆張り」する者あり。大地震は、夜の世界にも「断層」をもたらしたのだった。

「大地震は起きない」が九州の人たちの“常識”だった…

1: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/04/29(金) 18:01:20.40 ID:CAP
4月14日に発生した九州・熊本大地震は、さまざまな意味で「想定外」の地震だった。

九州に住む人にとっては大地震の発生そのものが衝撃的だったが、
一方で専門家からは「決して不思議はない」との声も上がっている。

「九州で自然災害といえば、大雨と台風。大きな地震は起こらないと思っていた」というのが、
九州の人たちの「常識」だった。

今回、熊本市内で話を聞いた被災者のなかには、
マンションを買うときに保険会社から「熊本は地震が来ないから地震保険はかけなくても大丈夫ですよ」
と言われたという人もいた。

しかし、専門家らは「大きな地震が起きても不思議はない地域だった」と口をそろえる。
日本全国には2千以上の活断層があるが、政府の地震調査研究推進本部は、
地震の発生規模や確率から要注意の断層帯として100程度をピックアップ。
連動して動く範囲を考慮した「活断層帯」として長期的に評価している。

産業技術総合研究所(産総研)活断層評価研究グループ主任研究員の吾妻崇さんによれば、
「20年前の阪神・淡路大震災がきっかけです。あの時は、淡路島の断層と神戸市内の断層が両方一度に動きました」
今回動いた布田川断層帯と日奈久断層帯も評価対象で、発生の可能性は「高いほう」だとされていた。

これが市民に浸透しなかったのは、活断層型地震の発生周期が長いからだ。
プレート境界型地震は100~200年ほどの周期で発生するが、活断層型は数千年単位。
伝聞も記録もされていないから、「地震は起きない地域」と思ってしまう。

さらに今回、地震は布田川断層帯・日奈久断層帯だけにとどまらず、北東方向の阿蘇地方、
大分県中部の別府地方へと延びた。数日後には逆の南西方向でも地震が発生。
この広がりも一般市民には不可解に思えた。

「それぞれの場所で偶然に発生したのではなく、関連があると思われます。九州の地質構造から説明ができます」と産総研の吾妻さんは解説する。
別府湾から島原湾までを横断するように別府─島原地溝帯が広がり、その一帯は地盤が陥没。
平野など低い土地が広がっている。今回の一連の地震の震源域は、地溝帯の南の縁に沿って並んでいるのだ。
地溝帯は大きな断層のようなもの。その南の断層面が動いたと解釈できる。

「地震とは点で起こるのではなく、面で破壊が進みます。阿蘇、別府と地震が頻発したのは、
本震で破壊が進んでいく方向が北東だったから。今回の本震は、水平方向に地面がずれた『横ずれ断層型』でした。
南西側で発生している地震は、地面が動いたことによる影響が後から出てきていると思われます」(吾妻さん)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160427-00000269-sasahi-soci

エコノミークラス症候群で入院必要、35人に 熊本県

1: 孤高の旅人 ★ 投稿日:2016/04/25(月) 14:48:27.17 ID:CAP
エコノミークラス症候群で入院必要、35人に 熊本県
2016/4/25 12:31 (2016/4/25 13:17更新)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H49_V20C16A4CC0000/

 熊本県を中心に相次ぐ地震で、同県は25日、長時間同じ姿勢で座るなどしたことが原因で静脈に血栓ができる
「エコノミークラス症候群」と診断され、入院が必要になった患者が24日午後4時時点で35人に上ったと発表した。
内訳は男性6人、女性が29人。35人のうち65歳以上の高齢者が21人を占めた。

 県内20病院を対象に調べた。同県がエコノミークラス症候群の患者数を発表するのは初めて。

 自宅の敷地で車に寝泊まりしていて18日に倒れ、肺梗塞で死亡した熊本市の女性(51)も含まれている。
同症候群は車中泊などによる発症が多いとされ、同県が注意を呼びかけている。

 一方、地震の震源域では25日も活発な活動が続いた。14日に発生した震度7以降、震度1以上を25日正午
までに887回観測。うち5以上は17回、4は77回だった。

 インターネット上では24日ごろから、大分県の九重山で「噴煙が上がっている」との書き込みがある。気象庁は
「毎日のように出ている噴気で、特段の変化はない」と説明している。

 気象庁によると、熊本、大分両県では25日午前から雨が降った。土砂災害の恐れがあり、注意が必要だ。

中居くん 被災地でチャーハン作り、マッサージチェア電動足もみ器子供のおもちゃを寄贈( ;∀;)最高の神対応だね!

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 558d-a9aQ) 投稿日:2016/04/25(月) 12:47:57.16 ID:tnTD+hZn0
中居正広が熊本でお忍び炊き出しチャーハン作り

SMAP中居正広(43)が24日、熊本地震の被災者300人以上が避難している熊本市立長嶺小学校でお忍びの炊き出しを行った。
同小への取材で分かった。黒いニット帽にサングラス、マスク姿で素性を隠した上で中華鍋を振り、チャーハンを提供。
炊き出し後には、被災者の疲れやエコノミークラス症候群を心配してか、マッサージチェア1台と電動足もみ器3台のほか、
子供向けのおもちゃを贈呈した。

中村好郎校長(60)によると、中居が現れたのは正午すぎ。突然の来訪だったが、校長にだけはあいさつがあった。
校長が「中居さんですね。なぜこちらに?」と問い掛けると、「何か、僕にできることがないかと思い、うかがいました」。
中居は避難所内の混乱を気遣ってか「一切誰にも言わないでください」と言い残し、ラーメンとチャーハンの炊き出しを始めた。

校長は、中居のことを誰にも知らせなかった。しかし、チャーハンを提供しているうちに、声や輪郭などから、顔を隠してチャーハンを
作っている人物が中居であることが“発覚”。気付いた被災者たちは、ツイッター上に画像とともに「ありがとう」と感謝のメッセージを
次々と投稿した。

同校には988人の児童が通っているが、熊本地震後、授業はできておらず、地域の被災者の避難所となっている。
中村校長は「子どもたちも喜び、マッサージ器は避難されている高齢の皆さんが喜んで使われています。
遠いところまで来ていただき、ありがとうございました」と中居に感謝した。

中居は東日本大震災の際にも福島県にお忍びで炊き出しに行っている。今回の熊本行きも、中居が個人の判断で決めたとみられ、
空路で現地入り。炊き出し後、帰京した。今月22日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」では、熊本地震について
「できる限りのことはさせていただきます」とコメントしていた。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1637111.html

TBSにブチ切れたおじさんの姪っ子が降臨して知られざる事情を説明

1: 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 投稿日:2016/04/23(土)11:02:48
TBSの生放送中に被災者の男性が激怒して中継をやめさせた件で、姪っ子がTwitterに登場し、一体背景で何があったのか、知られざる事情を説明し始めた。

身長2mはあろうかという大きな男性が割り込んできて「見世物じゃない!どっかいけ!車どかせ!」と怒鳴りこんできたのは多くの人に衝撃を与えた。
no title

各メディアはこのハプニングに対し、それぞれ異なる視点で記事を書き、
TBSが悪い派と生放送中に割り込んできた男性が悪い派に分かれた。
男性が主張していることは正論で、あくまでルール違反を犯したTBSが悪いものの、熊本の方言がきつく聞こえたこともあって、
ネット上ではこの男性を揶揄する声が飛び交ったのも事実だ。

(中略)

また、この他にも「あの迫力は普通の人ではない」「かかわっちゃいけない人だ…」「くまもんの中の人ではないか」など
とからかう意見が複数書き込まれ、
勇気を出して被災者の代表として注意した男性は一躍悪い意味で有名人になってしまったのであった。
TBSが取材禁止の場所で生中継していたという事情を知らない人たちは男性が悪いと誤解してしまったのだ。
そこでTwitterに登場したのが姪っ子の女の子。何があったのか事情を説明し始めた。
no title

▼ツイートに添付されていたメモ。現地のマスコミがいかに酷いかが書かれている。お年寄りも困って苦言を呈すほど。
no title

▼続き。「いとこのおじさんは優しい人です」
no title

この投稿は多くの人の共感を呼び、1万2千以上もリツイートされた。
避難所でのマスコミの横暴っぷりは度を超えたものがあり、誰がブチ切れてもおかしくない状況にあったという。

(中略)

一つの事実として、そもそもTBSが映していた避難所は取材禁止だった。
no title

このような張り紙がされることから考えて図々しいマスコミは被災者にとっては邪魔でしかないのだろう。
自分の家でくつろいでいるときに次から次へとひっきりなしに報道関係者がやってきて
撮影したりインタビューを申し込んできたりすると考えればそのストレスは容易に想像できるはずだ。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
http://netgeek.biz/archives/71538

☆☆関連記事☆☆
【熊本地震】「Nスタ」の熊本県避難所中継で一般男性が映り込み怒号「見せ物ではない」 [H28/4/21]
/r/open2ch.net/newsplus/1461248912/

藤原紀香とは大違い?熊本地震で“神対応”をみせた著名人たち

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/23(土) 09:31:21.55 ID:CAP
4月14日から熊本県で震度7を計測してから1週間。多くの芸能人がツイッターでのコメントや寄付、現地に赴くなど様々な形でアクションを起こしている。
そんな中、“不謹慎厨”と揶揄される一部の人々によって、本人は予想だにしなかった批判にさらされる事例が頻発している。

親子で500万2,000円を寄付した紗栄子(29)。ブログで被災者にエールを送った藤原紀香(44)。
熊本県内で被災し、生活ぶりを詳細にブログで発信していた井上晴美(41)ら、“不謹慎狩り”で憂き目を見る例が後を絶たない。
しかしながら、「神対応」と評判になった例も少なくはないのだ。

●高良健吾(28)、伊勢谷友介(39)

高良は熊本市出身。地震後、熊本に入り、マスクや帽子で顔を隠して給水活動を継続してきた。
伊勢谷は20日に福岡に入り、熊本に支援物資の基地を確保したことを自身のツイッターで報告している。

高良と伊勢谷は20日、熊本市内の小学校を訪れ、焼きそばを振る舞うなど支援活動を行った。
笑顔で写真撮影に応じる様子も被災者のツイッターで拡散され、「見た目も行動もイケメン!」と評判だ。

●TERU(GLAY、44)

2011年の東日本大震災でも寄付やボランティア、復興支援ライブ等の支援活動が評価されたGLAY。
熊本地震の後、ボーカルのTERUのツイッターには「拡散希望」のツイッターが相次いだ。
TERUは熱いメッセージや的確な情報とともに、約36万人のフォロワーに拡散を続けている。
そんなTERUにネット民がつけたあだ名は、愛をこめて「拡散おじさん」。

■高須院長の男前すぎる行動に賞賛の嵐

●高須克弥(71)

熊本県内は地震の影響で道路が寸断され孤立した地域が発生したり、動いている道路では渋滞もみられる。

そんな状況をみかねて立ち上がったのが、高須クリニックの高須克弥院長だ。空輸での支援を決断。
佐賀空港からヘリコプターを飛ばして熊本へ物資をピストン輸送する大胆な行動が、称賛を浴びている。

●スザンヌ(29)

熊本在住のスザンヌも自宅が大きな被害を受けた一人だが、ブログやで支援物資や炊き出し等の情報をまとめ、発信している。
また、スザンヌのインスタグラムは不足している物資の情報交換をするための掲示板として使われている。

有名人が行う支援活動は“売名行為”ととられがちだ。しかし、批判をを覚悟で行動に出る姿はもっと評価すべきではないだろうか。
これまで数十億円の私財で社会貢献活動を行ってきた杉良太郎(71)は、自らの活動を「偽善で売名ですよ」とあっけらかんと話し、さらに評価を上げた。

先に紹介した紗栄子の募金については、称賛の声や感謝の声、「批判した人がおかしい」とフォローする声も殺到している。
これらの行動を是とする世の中のほうがよほど健全ではないだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1119607/
2016.04.23 09:05 デイリーニュースオンライン

熊本大震災を的中させた台湾の地震研究所、3日以内にマグニチュード8が来ると発表

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (スプー Sd2f-Owe3) 投稿日:2016/04/19(火) 23:42:26.53 ID:NAEmBkpZd
くるー
きっとくるー

161 ストマッククロー(茸)@無断転載は禁止 2016/04/19(火) 21:03:05.86 ID:mjH0Sb3i0
台湾の地震預測研究所

3日以内に福岡県北九州市でM8+の強震

http://quakeforecast.blogspot.jp/2016/04/2016-04-19-1351-utc8-3-m8.html

紀香、熊本地震被災者へ「全力でお手伝いしていきたい」

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/18(月) 04:53:57.89 ID:CAP
女優の藤原紀香(44)が17日、東京・あきる野市内でチャリティー講演会を行った。

世界の子どもたちを救うチャリティー基金を自ら立ちあげ、日本赤十字の広報特使も務めている紀香は、
今回の熊本地震で甚大な被害を負った被災者にメッセージ。
1995年の阪神・淡路大震災で被災した経験もふまえ「自分のやれることを全力でお手伝いしていきたい」と語った。
先月30日に結婚した夫の歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)もこの日、香川・琴平町での「四国こんぴら歌舞伎大芝居」
の公演の合間に募金箱を持ち劇場前に立ったことをブログで報告。夫婦で支援活動に力を入れた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160417-00000139-sph-ent
スポーツ報知 4月17日(日)22時26分配信

no title

幸福の科学機関誌ザ・リバティ「熊本地震は神の警告」 大川総裁が地震に関係する霊を呼び出す

1: ウヨマゲドンを忘れない ★ 投稿日:2016/04/16(土) 18:14:50.67 ID:CAP
熊本地震は 「日本の神々」からの警告
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11193

公開霊言「熊本震度7の神意と警告」

2016年4月15日収録

熊本県で震度7の地震が起きた。巨大地震や火山噴火を単なる自然現象ととらえるのでなく、そこに神意を読み取るのが、古来の宗教の伝統的な立場だ。
大川隆法・幸福の科学総裁は15日、地震に関わった霊的な存在を呼び、その意図を探った。

熊本の地震から一夜明けた15日、大川隆法総裁は、地震に深く関係した霊を呼び出した。

現れた神霊は、冒頭で、約1年半前に起こった阿蘇山の噴火を念頭に、「地震、噴火、津波。こういうものが来るときは、だいたい私らが、何か政治的なメッセージを出している」と語った。
ただの自然現象ではなく、神意が込められたものだという。

日本社会では、新聞の部数やテレビの視聴率、世論調査の結果を「民意」とする向きが強いが、この点について、神霊はこう指摘した。

「一人一票をかき集め、多数を取ったものが〝正義〟ということになっているが、多数になった者がやっている仕事が悪い。(中略)戦後体制で宗教や神の心を完全に排除しようとしてきた七十一年だ」

■安倍談話への不快感

話は安倍晋三首相に及び、5月下旬に控えている伊勢志摩サミットについて、神霊は次のように一喝した。

「伊勢神宮を引き合いに出し、信仰心があるようなふりをして、日本が神々のおわす国である、と見せようとしているのだろう。しかし、心の中に“濁り”がある」

また、安倍首相が靖国神社への参拝を行わないことや、昨年夏の自虐史観を踏襲する「安倍談話」、昨年末の慰安婦問題に関する「日韓合意」について、不快感を示した。

■「神の正義とは何か」

地震の前日にあたる14日、元航空幕僚長の田母神俊雄氏が、東京都知事選にからむ金銭問題で逮捕された。神霊はこの問題にも言及。

安倍政権の狙いが、左翼に媚を売って選挙の票を確保することや、自民党内のスキャンダルをそらすことにあると指摘。

「法務大臣が指揮し、逮捕している以上、総理大臣が知らないわけがない」とし、「これを北朝鮮がミサイル撃つ前の日にやった。どういう媚の売り方なんだ」「やり方が姑息。
神々はこういう政治は好きではない」と憤り、本来やるべきは、 アメリカを巻き込んだ国防の強化だとした。

また、神霊は約半世紀にわたって「自民党幕府」が政権を担ってきた中で、財政赤字が1000兆円超に膨らんだ責任を厳しく批判。

最後に、自らの正体を「一人の考えではない。日本の意志の神、日本という国の意志なんだ」とした。

熊本では2014年11月にも阿蘇山が噴火した。それは、安倍首相が「消費増税の先送り」を表明し、衆院を解散した数日後の出来事だった。現在、自らの経済政策の失敗を棚に上げて、再び「消費増税先送り解散」を打つ動きを見せている。

戦後、唯物的な価値観の中で繁栄を目指した日本人は、「神の正義とは何か」について考えることを迫られている。

松っちゃん、熊本地震被災者へ支援約束

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/17(日) 00:57:02.92 ID:CAP
スポーツ報知 4月17日(日)0時49分配信

松っちゃん「僕にもきっと何かが出来る」熊本地震被災者へ支援約束

 ダウンタウン・松本人志(52)が17日、ツイッターで熊本地震への支援を約束した。

 日付が変わった直後に「僕にもきっと何かが出来ると思っています。待っていて下さい」とツイートした。

 松本は11年の東日本大震災で「軽いうつ状態だった」と13年の日テレ系「NEWS ZERO」で語ったことがある。報道特別番組が連日続き、大多数のCMが自粛。被災者に向けてのメッセージで「A~C~」と書き、賛否を呼んだ。

 松本がメインMCを務めるフジテレビ系バラエティー「ワイドナショー」(日曜・前10時55分)の17日放送回は特別番組に差し替えられることが16日、同局から発表されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160417-00000017-sph-ent