温玉」タグアーカイブ

今までの常識は違った!?安眠法の新事実!

1: 小助 ★ 投稿日:2015/10/16(金) 06:40:23.46
2015年10月16日

人間は大人の場合で、平均すると1日6~9時間の睡眠を取っているとされる。人によっては一生のおよそ3分の1をベッドの上で過ごしている計算だ。
心身の疲れを取ったり、傷を癒やしたり、肌の新陳代謝を促進したりするためには睡眠が欠かせない。必要最低限な睡眠時間は年齢によっても変わり、個人差もある。

一方、文明の発達とともに「昼間活動して夜に眠る」という、ごく当たり前のことができなくなって、日常生活に支障を来す睡眠障害を抱える人が増加している。
現代の社会では日本人の8割(20代?40代)が睡眠に何らかのトラブルを抱え悩んでいるといわれている。睡眠時無呼吸症候群のように、最悪は睡眠障害から死に至るケースもある。
いまや、睡眠障害は現代人にとって切っても切りはなせない病のひとつといえる。快適な睡眠をとるには普段どのような生活を心がければいいのだろうか。

古賀良彦教授
ジョブチューン取材班は、精神神経科医として睡眠と脳の関係を研究する杏林大学医学部古賀良彦教授に、
医師が科学的見地から推奨する熟睡方法について伺った。古賀教授は10月17日にTBS系列で放送する「ジョブチューン?医者ぶっちゃけSP」に出演する予定だ。

■昼寝前にはコーヒーを飲め?
睡眠不足から次の日にどうしても眠気が取れず仕事や生活に支障をきたしてしまう。
そんなとき、古賀教授オススメの睡眠法が「昼寝前にコーヒーを飲むこと」だ。最も理想的な昼寝は15?20分の時間とされている。
コーヒーを飲むとカフェインの影響から逆に目が覚めてしまうイメージがあるが、
実は、カフェインの目覚まし効果が現れるのは摂取してから20?30分。つまり、昼寝前にコーヒーを1杯飲むことで理想的な昼寝ができるのだ。
5~20分より長い昼寝をしてしまうと、夜の寝つきが悪くなり睡眠も浅くなってしまう。昼の時間帯は脳が活発に働いているが、
昼寝によって脳の機能がリセットされ、スッキリしてその後の仕事や勉強の効率が上がる。日中、活動的に動くことによって夜も熟睡でき、翌日からの生活リズムも安定する。

■「牛丼の温玉乗せ」でグッスリ
古賀教授によれば、昼寝前のコーヒー以外にも昼食の内容に気をつけると、さらに夜の睡眠の熟睡度をあげることができるという。
オススメが「牛丼の温玉乗せ」。大手牛丼チェーン店の定番メニューだ。夜、ぐっすり眠るためには、昼間に脳の活動を活発にすることが大事。
それを助けてくれる「アラキドン酸」という肉、魚、卵などにたくさん含まれている成分をバランスよく摂取できる。
最近、ダイエットのために肉や卵を控えて野菜中心の生活を送っている人もいるかもしれないが、このアラキドン酸は野菜には含まれていない成分。
認知症予防にも効果があるといわれているので、適度に食べバランスの良い食生活を送る事が理想的とされる。

■医師が教える正しい睡眠ジョーシキ
普段私たちが耳にする睡眠の常識の中で、実は科学的に必ずしも正しくないものがいくつか存在する。
その代表例が、成長ホルモンがたくさん出る、お肌のゴールデンタイム。「夜の10時から2時まで」という定説だ。
実際、睡眠の時間帯よりも大事なのは、寝ついたらすぐにぐっすりと眠ること。そうすると成長ホルモンが十分に分泌される。
そのためには、睡眠環境に気を配り就寝時に着るウエアや寝具、室温、採光、音楽、香りなどを工夫して寝ついて、すぐに深く眠れる条件を整えることが何より大切である。
古賀教授は、「寝る前にホットミルク」も間違った安眠法と指摘する。TBSテレビ「ジョブチューン?医者ぶっちゃけSP」は10月17日(土)よる8時から放送です

ニュースの続きはリンク先で
http://toyokeizai.net/articles/-/88100