梅毒」タグアーカイブ

【健康】梅毒 患者増加 妊娠の有無報告へ

1: みつを ★ 2018/04/23(月) 05:01:23.98 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180423/k10011413701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008

4月23日 4時07分
性感染症の梅毒が妊婦から胎児に感染するケースが増えていることから、厚生労働省は、医療機関が梅毒患者を国に届け出る際、妊娠しているかどうかも報告させ、早期の治療につなげていくことになりました。

梅毒は、妊婦がかかっている場合、胎児に感染して先天梅毒を引き起こすおそれがあり、妊婦が治療を受けなければ4割の胎児は死産や出生後まもなく死亡する可能性があるとされています。また、目や耳などに障害が出るおそれもあります。

梅毒の患者はここ数年増加していて、去年は5820人と、44年ぶりに5000人を超えました。妊婦の患者も増加し、おととしには33人が報告され、先天梅毒の赤ちゃんは14人に上りました。

これを受けて、厚生労働省は、医療機関が梅毒に感染した女性の患者を国に届け出る際、患者が妊娠しているかどうかも報告させる方針を固めました。

厚生労働省によりますと、梅毒に感染した妊婦に対し適切な抗菌薬治療を分べんの4週間ほど前までに行えば、胎児への感染を予防できるということです。

厚生労働省は、医療機関から妊婦の感染が報告された場合、分べんの4週間前までに適切な治療が完了しているか確認することにしています。

【健康】「20代女性に梅毒増加中」の警告、どこで・どの程度・感染が広まっているのか?

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/19(日) 03:58:53.31 ID:CAP_USER9
国立感染症研究所の集計から、昨年1年間の梅毒患者の報告数が4518人にのぼったことがわかった。
4000人を超えるのは1974年以来、42年ぶり。
そのためか多数のメディアでこの“梅毒増加”の報道が見られる。中でも目立つのは『20代女性に急増』の見出しだ。

■20代女性「梅毒」急増に医師が懸念 そのリスクとは?〈週刊朝日〉

■梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増(朝日新聞)

■20代女性に梅毒急増中のナゼ 年間4000人超…風俗で働く人の低年齢化など背景に諸般の事情(夕刊フジ)

なぜ「20代女性」に増加しているのだろうか? 2つめの記事(朝日新聞)でそのナゼが分かるかと思いきや、
医師のコメントで「風俗産業で働くセックスワーカーの低年齢化が、若い女性患者増加の理由の1つだろう」と分析するのみ。
これではよくわからない。
「昔は、若い女性は同世代と性交渉をしていたが、最近はインターネットなどを介して年齢の離れた男性と関係を持つ人もいる。
年上男性が実は梅毒に感染していて、女性にうつしてしまうケースがある」とのコメントもあるが、
インターネットなどない時代も、年上男性と若い女性の性交渉はあったはずではないか。
テレクラだって援助交際だって、いまでいう「出会い系」のような社会問題的扱われ方をされていた。

そもそも「梅毒」とはどのような病気か? まず、デリケートゾーンのセルフケアに詳しい産婦人科医、上田弥生医師に話を伺った。

そもそも梅毒とはどんな病気か

上田医師「梅毒は『昔の性病』のイメージですが、2010年から増加に転じています。
東京、神奈川、愛知、埼玉、大阪での増加率が高いですね。
国立感染症研究所の集計では2015年1?53週(2014.12.29-2016.1.3)で2698例でしたが、2016年は11月27日の時点で既に4,077人となっており、
勢いよく梅毒と診断される方の数が増えていることがわかります。
感染経路は異性間性的接触が多く、増加率も高いです。男性では同性間性的接触の例も少なくありません」

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0218/mes_170218_0618014954.html
messy2月18日(土)22時0分