斉藤由貴」タグアーカイブ

【芸能】斉藤由貴、コメント発表 医師との不倫は「もう終わりにしました」 夫には「ありのままを話し謝罪」

1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/09/11(月) 16:05:59.43 ID:CAP_USER9
http://www.sanspo.com/geino/news/20170911/sca17091115440002-n1.html
2017.9.11 15:44

 女優、斉藤由貴(51)が11日、FAXでコメントを発表。
W不倫疑惑を8月に報じられた妻子ある50代主治医との関係について、「女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました。でも、もう、終わりにしました」と関係を認め、解消したことを明かした。

 「今回のことは全て私の責任です」と前置きしたうえで、先月3日の会見では「本当のことをお話しできず、誠に申し訳ありませんでした」と真実を語らなかったことを謝罪。
「先方のご家族には、今更謝罪する資格もありませんが、心よりお詫びいたします」とつづった。

 夫との現在の関係については「先日、ありのままを話し、謝罪しました」と報告。
夫からは「今は子供たちのことを第一に考えよう。お互い努力し直そう」といわれたといい、「この先のことは、今後もよく話し合っていけたらと願っています」と関係修復に向け、話し合っていることを明かした。

 相手男性は同日、日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜前8・0)にVTR出演。斉藤との不倫関係を認めていた。

関連スレ
【芸能】斉藤由貴との不貞を認めた医師の「未練タラタラ」釈明に批判殺到 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505112501/
【芸能】男性医師、斉藤由貴との不倫関係を認める 「2012年から5年間」、報道後に関係解消★2©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505101551/

【芸能】「卒業」させない斉藤由貴 子供も嫉妬?「たまたま美人で声もきれい」

1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/23(日) 09:15:10.20 ID:CAP_USER9
斉藤由貴(50)のヒット曲「卒業」が聴きたくなった。なぜだろう。理由なんかない。
音楽番組を収録中の本人を訪ねてみた。思った通りほんわかとしたとびきり素敵な女性。
変わることのない透明な歌声に彼女のことがもっと好きになった。

現在は高校2年生の長女、中学1年になる長男、小学6年生の次女を持つ母親だ。
「いつの間にか、3児の母ですよ。家では料理ももちろんします。一生懸命、母親業をしています。
昨日も鶏釜飯にお吸い物を作りました」。94年に会社員の男性と結婚。幸せな家庭と仕事を上手に両立しているようだ。

家族も全員、彼女の芸能活動を応援しているようだ。その理由は「私が家にいると、きっとうるさいからですよ。
“宿題やったの”“お弁当箱を出しなさい”“手洗った?うがいした?”とか、子供たちにとってはうっとうしい存在なんじゃないですかね。
髪の毛もボサボサですし」とうれしそうだ。家に帰れば普通のお母さん、麻宮サキでも「卒業」を歌うアイドルでもないということだ。
子供たちも彼女のかつての映像を見て面白がっているという。

そんな思春期に入った子供たちと些細(ささい)なことで言い争いになることもたびたび。
先日も「あなたは全然勉強しないじゃないの」と長男を厳しく叱責(しっせき)すると、
泣きながら「マミーはたまたま美人で声もきれいだから芸能人になれたけど、僕はどうすればいいの?」と言われたとか。
その時、自分はそんなふうに我が子から見られているのかとなぜかおかしくなった。

今でも絵を描いたり、文章を書いたりすることが好き。
現在も月1回のペースで「つれづれな日々に」(毎日新聞)を連載中。
「時々無性にカレーライスやラーメンが食べたくなるじゃないですか。
あれと同じで何か書きたいという気持ちで頭がいっぱいになるんです。そういう時は全てを放り出して原稿を書きます」。
舞台のことや出会った人、身の回りのさまざまな出来事など。この人の優しさに満ちたまなざしが行間からそのまま伝わってくる。

◆斉藤 由貴(さいとう・ゆき)1966年(昭41)9月10日生まれ、神奈川県出身。84年、芸能界入り。翌年、「卒業」で歌手デビュー。
86年にはNHKの朝の連続テレビ小説「はね駒」でヒロインを演じる。
現在、NHK大河ドラマ「真田丸」に出演中。「マイ・フェア・レディ」「レ・ミゼラブル」など多数の舞台で活躍。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000077-spnannex-ent
スポニチアネックス 10月23日(日)9時0分配信

no title

no title

no title

no title

no title

https://www.youtube.com/watch?v=fYTRFRPXGGw

卒業 斉藤由貴

https://www.youtube.com/watch?v=gbR79Yax8R0

斉藤由貴 情熱

https://www.youtube.com/watch?v=EpbGa3Z1-tk

斉藤由貴 / 砂の城

https://www.youtube.com/watch?v=Bk_iwjguNyM

斉藤由貴 白い炎

【芸能】斉藤由貴、ツインテール姿披露で「夏帆を処刑」「こんな若い49歳いない!」「今が全盛期」の声 姪・芹澤優とのコラボを望む声も

1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/08/08(月) 22:16:04.78 ID:CAP_USER9
< 現在放映中のauのCM『チラシ好き』篇で、女優の斉藤由貴がツインテール姿を披露しているのだが、
ネット上では「こんな若い49歳いない!」「今が全盛期なのでは?」などと、絶賛する声が鳴り止まないようだ。

高島礼子、高知東生の覚せい剤所持逮捕コメントに「違和感」の声 女優生命の危機にヌード復活を期待する声

斉藤は、1984年に「少年マガジン」(講談社)主催の『第3回ミスマガジン』でグランプリを獲得し、芸能界入りを果たすと、
翌年2月に発売した歌手デビューシングル「卒業」(キャニオン・レコード、現ポニーキャニオン)で、いきなりの35万枚の大ヒットを記録。
さらに、同年4月から放送開始された、連続ドラマ初主演となったドラマ『スケバン刑事』(フジテレビ系)は、
斉藤の可愛らしいルックスからは想像もつかないような過激なセリフ回しやアクションがウケ、高視聴率をマーク。
アイドル女優としてブレークし、その後も、映画、ドラマ、舞台、歌手など、幅広い活躍を見せていたのだが、40代に入ってからは激太りを指摘されるようになり、
ピーク時には「誰かわからない。俺の青春を返してくれ」「普通のおばちゃんに……」などと、ファンを嘆かせてしまった時期もあった。

「ファンの嘆きの声に奮起したのか、斉藤はダイエットに励んだようで、2012年に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)にゲスト出演した際には、
2カ月で11kg痩せた、という見違えるようにスリムになった姿を見せ、『俺らの由貴ちゃんが戻ってきた!』とファンを喜ばせていました。
その後は、リバウンドもないようで、スリムかつ美魔女ぶりをキープ。
auのCMでは、斎藤の娘役を女優の夏帆が演じているのですが、『魔法のカード』篇で、レジの前で2人並んで立つ姿には、『姉妹にしか見えない!』
『むしろ、夏帆が処刑されてる感すらある』などと、反響を呼んでいたようです」(芸能関係者)

斉藤といえば、昨年11月19日深夜、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『オールナイトニッポン MUSIC10』(ニッポン放送)の放送終了後、
同局で放送されていたラジオ番組『ミュ~コミ+プラス』に、予告なく出演。
「うちの優をよろしくお願いします」と告げ、帰って行ってしまったのだが、これにより、番組にゲスト出演していた、
女性アイドルグループ・i☆Risのメンバーであり、声優としても活躍している、芹澤優が姪であることが発覚。驚きの声が殺到した。

「斉藤は、芹澤の母親の妹、ということで、芹澤ファンからは『脈々と美人の血が受け継がれている』『やっぱ、優ちゃんは他の声優とはどこか違うと思ってたけど、血統の違いだったんだね』
などといった声が飛び交っているようです。
斉藤といえば、1986年に発売した5枚目のシングル『悲しみよこんにちは』(キャニオン・レコード)が、アニメ『めぞん一刻』(フジテレビ系)のオープニングテーマに起用されていたこともあるため、
『アニソンでコラボを!』と望む声まで。
また、『どうせならauのCMも、夏帆じゃなくて優ちゃんが出演して欲しい』『女優業進出の足掛かりに』などと、コネを期待する声も急速に広まっているようです」(同)

auのCMでは、一風変わった、子供じみた面のある母親役を演じている斉藤だが、6月に放送された『巷の噺』(テレビ東京系)にゲスト出演した際、MCの笑福亭鶴瓶から天然キャラぶりを指摘され、
「家族と噛み合わないことありますか?」と質問されると、「山ほど。基本的には家族には、ずっと、母親なのにエイリアン扱い」と明かしていただけに、
「auのCMは演技じゃなく地なのでは?」「実際に、自分の母親だったら疲れそう」などと指摘されてしまっているようだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160808-00010005-otapolz-ent
おたぽる 8月8日(月)19時0分配信

no title

no title

https://pbs.twimg.com/media/Co235W-UsAEGZ1Z.jpg
no title

no title

https://www.youtube.com/watch?v=r2hQGWQLlZg

情熱 斉藤由貴

https://www.youtube.com/watch?v=EpbGa3Z1-tk

斉藤由貴 / 砂の城

https://www.youtube.com/watch?v=yCeo0aA10FA
「MAY」

【芸能】“変わらぬ美貌”斉藤由貴、50歳を前に需要拡大

1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/07/16(土) 08:47:48.81 ID:CAP_USER9
昨年、デビュー30周年を迎え、アイドル時代にも増して活躍の場を広げる女優で歌手の斉藤由貴。
今年は、NHK大河ドラマ『真田丸』で徳川家康にとって最愛の側室・阿茶局役を演じるほか、
人気ドラマシリーズ『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)にも出演。さらにラジオ番組『オールナイトニッポンMUSIC10』のパーソナリティーやナレーション役、
バラエティ番組へも出演するなど、さまざまなフィールドで大活躍している。
現在公演中の舞台『母と惑星について、および自転する女たちの記録』の記者会見の際には、「(スケジュールが過密で)大変。
でも、素敵なお仕事をたくさんいただくことが多くて、ついつい依頼を受けると燃えちゃう」と嬉しい悲鳴を漏らしていた。
今年“五十路”を迎える斉藤だが、50代を前に再びブレイクの機運が高まっている。

◆聖子ちゃんとは真逆? 他と一線画すキャラクターで一躍国民的スターに

現在40代以上の人ならば、彼女のアイドル時代の人気の凄まじさは今も記憶に残っていることだろう。
1984年、斉藤は『少年マガジン』(講談社)主催の第3回「ミスマガジン」でグランプリを獲得し芸能界入り。
明星食品のカップラーメンのCMでテレビに初登場するなり、その美少女ぶりが大きな話題を呼んだ。
翌年、同CMソングだった「卒業」で歌手デビューを果たすと、すぐさまドラマ『スケバン刑事』(フジテレビ系)のヒロイン役を得て、一躍トップアイドルに君臨するのである。

「斉藤さんは“(松田)聖子ちゃんカット”でいつもニコニコしているような、当時の大多数のアイドルとは一線を画していましたね。
笑顔はあまり浮かべず、『スケバン刑事』でもどこか影のあるミステリアスな少女の“強さ”を漂わせていました。
一方、86年にNHKの朝ドラ『はね駒』で主演すると、同年の『NHK紅白歌合戦』にも初出場。
紅組キャプテンも務めるなど、アイドルというよりは“国民的”女優・タレントといった雰囲気がありましたね。
歌手としては、89年に(井上)陽水さんの名曲『夢の中へ』をカバーして、自身最大のヒットを記録するなど、アーティスト寄りの活動も印象的ですね」(ドラマ制作会社スタッフ)

そんな斉藤もいくつかのスキャンダルを乗り越え、90年代以降はさらに女優業に本腰が入りドラマ、映画に加えて舞台にも出演。
93年のドラマ『同窓会』(日本テレビ系)では、男性同士のキスシーンや絡みがゴールデンタイムにガンガン放送されるという“日本初の同性愛を題材にした連続ドラマ”に主演するなど、
着実に本格派女優へと成長していく。
また、作詞家としてミュージカルの作詞や、ほかの女性歌手に作品を提供するなど、マルチな才能を発揮する中、自身は94年に結婚。現在は3児の母親でもある。

「06年の宮藤官九郎さん脚本の昼ドラ『吾輩は主婦である』(TBS系)では、“夏目漱石の魂が憑依するビンボーな主婦”役を演じて、大きな話題になりました。
以降、お母さん役も普通にこなす一方で、『警視庁・捜査一課長』、『遺留捜査』シリーズといった、テレ朝さんお得意の刑事ものにコンスタントに出演。
これらのドラマは確実に数字が取れるし息も長いので、斉藤さんのさらなる知名度アップに大きく貢献したと思います」(前出・スタッフ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000409-oric-ent
オリコン 7月16日(土)8時40分配信

no title