手術」タグアーカイブ

【芸能】片岡鶴太郎が手術へ 左膝半月板損傷で「得体の知れない深い痛み」

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/09/12(水) 16:26:08.96 ID:CAP_USER9
2018.9.12(Wed)
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/12/0011632260.shtml
no title

片岡鶴太郎

 タレントの片岡鶴太郎(63)が11日夜に更新した公式ブログで、左膝半月板損傷で手術することを明らかにしている。

 鶴太郎は「2週間程前、私の不注意で撮影中コミカルな動きをしたところ、左膝がギクッと入り、そのままロックされてしまいました。それを無理矢理、力任せに外そうと足を伸ばしたら、筋を噛んだ様な激痛が走りました」と、負傷した経緯を説明。
 「翌日、行きつけの接骨院で伸ばしてもらい、痛みは軽減しておりました。先生は大事をみて、レントゲン、MRIで調べた方が良いかも知れませんとアドバイス頂きながら、少し様子をみて居りました。ここの所は大分痛みが無くなり、少し引きずる様に歩いて居りました」と、いったんは症状が軽減したものの、「矢張り、膝の奥に得体の知れない深い痛みを感じ、昨日レントゲン、MRIを撮りました」と、10日に検査を受けた。

 「結果は、半月板損傷。手術が必要となりました。ドラマ、バラエティ、ロケ等のスケジュールを調整して、オペする事になりました」と、左膝半月板損傷と診断され、手術を受けることになったという。

高須院長、緊急入院で手術へ「ドクターストップかけられた」

1: 峠 ★ 2016/06/15(水) 23:25:01.92 ID:CAP_USER
 高須クリニック院長の高須克弥氏(71)が体調を崩し、都内の病院に緊急入院していることが
15日分かった。公式ブログとツイッターで自ら報告している。

 11日にはブログで「熱が下がらない」のタイトルで更新。前日に高熱を押して仕事をしたが、
朝になって40度に上がり「めまいがして歩けない」と告白。「やけくそになって高須クリニックの
鎮痛剤と解熱剤をしこたまのんでみた あら 不思議 元気になっちまったぜ」とコメントしていた。

 13日にはベッドで横になる自身の写真とともにツイッターで「病院入院なう」とつぶやき、
続いて足に点滴をする様子や、ベッドの上に座りうな丼にお茶をかける写真とともに
「鰻茶漬けくうぞなう」と投稿。その後、「気合いじゃ気合いじゃ。うなぎ屋から出前とって全部食ったぜ。
食い終わってから主治医が『絶食です』詳しく聞かないでごめんね なう」などと投稿している。

 15日昼には、「たぶん今夜大手術。やりたいことやっていいって。明朝きせきの復活だぜい」と
ツイートし、手術を受けることを示唆していた。

 高須氏は、インターネットテレビのAbemaTV「坊主麻雀」に出演予定だった。同番組は4月に
ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(43)が出演予定だったが、熊本地震発生のため放送中止に。
堀江氏がその判断に疑問を呈して話題となっていた番組で、高須氏は堀江氏の代わりに出演予定だった。

 15日の午後10時には「ホリエモンのあと釜は高須院長。バンバンの仕上がりだったのに5日前より
腹がいたくなり原因不明の高熱で意識不明。僕は約束を死んでも守る主義。解熱剤と鎮痛剤を
いっぱい使って参加予定だったがドクターストップかけられ入院緊急時手術なう」と断腸の思いを投稿している。

 頻繁にツイッターをアップしているが、病名など体調不良の詳しい原因などは不明だ。

高須院長
no title

ソース
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160615-OHT1T50209.html

船橋の整形外科病院 腰の新手術でミス、女性死亡…大腸傷つけられ敗血症で

1: リサとギャスパール ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/05/17(火) 06:19:19.09 ID:CAP_USER*
 千葉県船橋市の船橋整形外科病院で今年1月、腰部の手術を受けた県内の50歳代の女性が誤って大腸を傷つけられ、3日後に敗血症で死亡していたことが、16日わかった。

 脇腹に小さな穴を開けて医療器具を入れる新しい手術方法で、同病院では昨年10月に導入されたばかりだった。
同病院は取材に対し、「死亡したのは手術中のミスが原因だった」と認めている。

 同病院によると、女性は腰の神経が背骨に圧迫され、足がしびれるなどする「腰部脊柱管狭窄きょうさく症」を患っており、同病院で1月14日に手術を受けた。
この際、担当した男性医師が誤って医療器具で大腸の一部に穴を開けたとみられる。
女性は同月16日、意識が低下したため別の病院に搬送されたが、翌17日に死亡した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160516-OYT1T50139.html
2016年05月17日 06時00分

動物愛護的に大丈夫なのか?「ペットの整形手術ブーム」in韓国

1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/05(月) 17:29:29.33
(写真)
no title

no title

米ニュースサイト「odditycentral.com」の報道によると、最近、整形大国の韓国では
ペットに整形手術をすることが新たなブームとなっているが、この流行りは動物愛好家から
の反対に遭っているという。環球網が伝えた。

韓国では飼い主が毛がフサフサの犬の毛を整えて、さらに可愛く見せる手術などが流行っ
ているという。その他、妊娠線を消したり、両まぶたを切除する手術などが人気だ。
手術代は60ドルから数千ドルに達するものまである。

世界の整形大国として、韓国でのこのブームは驚くべきことではない。ある獣医は「以前は、
ペットの整形手術は医学的原因があるために整形手術を行っていた。整形後にペットの
見た目が良くなることから、飼い主たちがペットをより美しくするために整形手術を行うように
なった」と語る。当然、医者の中には動物の整形は、飼い主の合法的権利だと考える人も
いる。ペットを診療している中で、飼い主にペットの整形に興味はないかと聞く獣医もいると
いう。

ソース:新華ニュース
http://www.xinhuaxia.jp/social/81916

【若くても】三重まぶたを二重に戻す【老け顔】

1: 名無しさん@Before→After 投稿日:2009/10/10(土) 16:08:17 ID:u7WpIVTD
天然平行二重の場合、若くても時間帯によって二重の定着具合が異なることが多い。
日中は綺麗な目元でも朝夜は三重になってまるで別人のような老け顔になることがあり。
埋没をして年月がたつ事で二重から三重になってしまうこともあり、
また加齢によって二重が三重になって目がくぼんでしまうことも。

三重まぶたを二重に定着させる方法についてのスレです。
成功した人の経験談もお待ちしております(手術でも非手術でも)