愛子さま」タグアーカイブ

【芸能/皇室】愛子さまが福士蒼汰にご質問 皇太子ご一家、映画試写会

1: 豆次郎 ★ 2018/10/16(火) 12:04:04.18 ID:CAP_USER9
10/16(火) 11:54配信
FNN PRIME
皇太子ご一家が試写会で映画をご鑑賞

青年が飼い猫“ナナ”の新しい飼い主を探す旅を描いた感動作「旅猫リポート」のチャリティー試写会が15日、東京・千代田区で行われ、皇太子ご夫妻と愛子さまが鑑賞された。

映画館に到着された皇太子ご一家は、主演の福士蒼汰さん、映画に登場する猫ナナらの出迎えを受けられた。

愛子さまが福士蒼汰にご質問

試写会が終わると、福士蒼汰さんはインタビューで次のように語った。

福士蒼汰:
このような機会はなかなかないことなので、少し緊張したんですが、大変光栄に思っています。
愛子さまは「自分の映画を観るのはどんな気分ですか」という質問をいただいたので、「不思議な気持ちです。自分の映画ですが、とても感情移入できる映画になっていたので、不思議な気分です」というふうに答えました。

皇太子ご一家も猫を飼われていて…

福士蒼汰:
“セブン”と“みー”という名前の猫を飼っていると伺って、この映画の猫がナナなのでリンクしますねというお話もしました。

さらに、皇太子さまから「この映画をたくさんの方に観ていただきたいですね」とのお言葉をかけられたとのことで、感激ひとしおの福士さんだった。

(「めざましテレビ」10月16日放送より)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00010002-fnnprimev-ent
no title

【天皇家】炭水化物抜きダイエット実践の愛子さま「摂食障害」の指摘も

1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2016/12/08(木) 17:31:49.75 ID:CAP_USER9
◆炭水化物抜きダイエット実践の愛子さま「摂食障害」の指摘も

《愛子さま15才の誕生日 少しほっそり》
《目を見張る“スリム”姿!》
《いつの間にこんなおきれいに》
《以前よりほっそりと見えるが、元気なご様子がなにより》

12月1日、愛子さまが15才の誕生日を迎えられた。
ニュース番組や新聞、雑誌の皇室記事は、愛子さまの“変化”をそう報じた。
たしかに、子猫を膝の上に抱き、カメラに向けられた愛子さまの笑顔は、以前とは違うものだ。
その笑顔は“きれいになった”自信の表れかもしれない。

だが、そのあまりの面変わりは、“年頃の女の子が少しやせた”という言葉では片づけられない
──そう感じた人も、少なくなかったのではないだろうか。

「輪郭や顔だちがあまりに変わっていて衝撃を受けました」
「カーディガンに隠されていても、肩まわりが骨ばっているのが目立ってしまう」
「健康的な細さとニュースで強調されればされるほど、逆に違和感をおぼえました」

続出する心配の声。愛子さまに何が起こったのか。
時計の針を長期欠席が始まった9月26日に戻す。
その日、愛子さまは「お疲れ」によるふらつきや体調不良を訴えられ、学校を欠席された。
当初、宮内庁は「特段の問題はない」と繰り返し説明していた。

「愛子さまは東宮御所で療養されていました。
病気ではないので、ベッドに伏せっている状態が続いていたわけではありません。
ただ、10月中旬頃まで、愛子さまが御所の庭に出られることもなかったと聞いています」(宮内庁関係者)

愛子さまが皇太子ご夫妻と暮らす東宮御所は、赤坂御用地(東京・港区)の敷地内にある。
同じ御用地内には、秋篠宮ご一家をはじめ他の宮家の皇族方が暮らす宮邸もあり、
他の宮家に仕える職員や使用人も数多く出入りする。前出の宮内庁関係者が続ける。

「それ以前は、職員とソフトボールをする姿も見かけられていたにもかかわらず、
愛子さまが御所から出られなくなったのは、お姿を他の人に見られないようにするためだったのでしょう。
その時期、愛子さまの“激やせ”ぶりは最も深刻だったといいます。
愛子さまの体調について“胃腸の弱まり”があるとも伝えられていましたが、
その頃には食事をとれず、点滴を受けられていたともいいます」

精神科医の片田珠美氏はこう指摘する。

「重大な身体疾患がないにもかかわらず、点滴に頼らざるを得なくなるまで食事をとれない状態であれば、
典型的な『摂食障害』と考えられます」

摂食障害は、「神経性食欲不振症」と「神経性過食症」の2つに大別される精神疾患だ。
それらを聞き慣れた言葉に言い換えれば「拒食症」と「過食症」となる。

「摂食障害は患者の95%以上が女性。
さらに発症年齢も13~20才までの若い世代が85%を占めています。
中高生や年頃の女性に圧倒的に多い疾患です。
原因はさまざまですが、多いのは“やせたい”“きれいになりたい”という女性特有の内面的な思いが強くなりすぎて、
食事をとること自体に罪悪感や嫌悪感を覚えるようになり、過剰なダイエットにはしったあげく、
健康を損なうレベルまで食べ物を拒絶するようになります」(前出・片田氏)

女性セブン 2016年12月22日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00000021-pseven-soci
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00000021-pseven-soci&p=2
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00000021-pseven-soci&p=3

>>2以降へ続きます。

愛子さま、色白から一転こんがり日焼け 古式泳法で3キロ泳ぎ、ダイエット目的で毎日ジョギング

1: ファイナルカット(宮城県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/29(土) 19:57:46.98 ID:+GxtUtdx0
アクティブ愛子さま 3km遠泳とダイエット目的のジョギング

最近の愛子さま(13才)は、これまでの色白のイメージとは打って変わって、こんがりと日焼けされているお姿が
印象的だ。8月11日、須崎御用邸(静岡県)でのご静養のため伊豆急下田駅に到着された際にはこんなご様子も見られた。

「健康的に日焼けされた愛子さまを見て、居合わせた人たちも驚いていたようでした。ご一家を出迎えたかたが
雅子さまに、“愛子さま、よく日焼けしていらっしゃいますね”と声をかけると、雅子さまは“学校の行事で沼津の海に”と
嬉しそうにお話しになっていました」(皇室ファン)

8月1日から5日まで4泊5日の日程で、愛子さまは沼津遊泳場(静岡県)で行われた学習院の伝統行事「沼津臨海学校」に
参加された。朝6時に起床し、午前も午後も目一杯泳ぐ、まさに水泳漬けの5日間。疲労困憊でクタクタになるが、
クラスメートと寝食をともにする時間はとにかく楽しいと、多くの生徒が思い出の一ページに振り返るイベントだ。

「恒例となっているのが、帰京前日に行われる駿河湾での遠泳です。愛子さまは今年、なんと3kmもの距離を
泳ぎ切ったのです。これは、上級クラスの生徒たちが挑戦する距離。もともと泳ぎがお得意ではなく、2年前の
初等科6年のときに泳がれたのは500mでしたから、愛子さまのご上達ぶりには驚かされるばかりです」(学習院関係者)

遠泳は、顔をあげたままの平泳ぎのような古式泳法で行われる。愛子さまの日焼けは、努力の証だったようだ。

「愛子さまはこの夏、積極的にスポーツに興じられています。7月上旬の期末テスト中には、東宮御所で職員を
相手にバスケットをされていました。男性職員がついていけないほど、愛子さまの実力は折り紙付きです。
また、最近は御所内でジョギングされることもあります。これには、ダイエットの意味合いもあるようですよ。
12月で14才を迎えるお年頃ですから、ご自身の体形の変化などを気にされる場面もあるのかもしれません」(宮内庁関係者)