心臓病」タグアーカイブ

【健康】大杉漣さんで注目された急性心不全は実は病名ではない?突然死を招く心臓病の原因と予防について

1: みつを ★ 2018/02/22(木) 18:01:34.81 ID:CAP_USER9
http://otakei.otakuma.net/archives/2018022203.html

 2月21日、俳優の大杉漣さんが急性心不全で死去という報道が流れました。あまりにも突然すぎる訃報に動揺と悲しみが広がっていますが、大杉さんが亡くなった急性心不全というものについて解説します。

 ドラマにも元気に出演し、亡くなる3日前にはブログに愛猫の様子も投稿されていた大杉さん。亡くなるような要因はどこにも見られず、また持病や健康に問題がありそうな事柄もこれといって特になさそうな様子であったのに一体どうして??という思いばかりが一ファンでもある筆者も抑えきれずにいます。

■急性心不全(虚血性心疾患)は病名ではない?

 急性心不全とは「心臓に器質的および/あるいは機能的異常が生じて急速に心ポンプ機能の代償機転が破綻し,心室拡張末期圧の上昇や主要臓器への灌流不全を来たし,それに基づく症状や徴候が急性に出現,あるいは悪化した病態」(急性心不全治療ガイドラインより引用)と定義されています。

 これは平たく言えば、「心臓が何らかの理由で急激に動かなくなり、循環状態に病的な影響を及ぼす」という状態。心臓は全身に血液を送るポンプの役割を果たしておりますが、そのポンプが故障したために全身に血液を循環させる事ができなくなる訳です。血液には体の機能を維持するための酸素や栄養素が含まれていますが、その血液が全身を循環できないという事は死に直結するのです。

 急性心不全治療ガイドラインによると、急性心不全は6つの病態に分けられます。原因がはっきりしない以上、大杉さんがどの病態に当てはまるのかは断定できませんが、何らかの原因により心ポンプ機能の急激な失調を示す「心源性ショック」の可能性があるように思います。

 実は厚生労働省報告には、急性心不全という疾患分類はなく、未だ明確な実態や動向は明らかにされていないのが現状。急性心不全を起こす原因は、心疾患の三大危険因子と言われる「高血圧・糖尿病・高コレステロール血症や高脂血症などといった脂質代謝異常」から、「風邪などの感染症」、「アルコール」、「ストレス」など非常に多くのものが複合的に絡んでいます。

 元々不整脈が持病にある人が急性心不全を起こす事も多く、致死性不整脈が急性心不全の原因のひとつともなる事も多々あります。
この様に一つの疾患としての分類には急性心不全は位置づけられておらず、それ故か疫学的な調査も本格的にはあまり行われていない様です。

(中略)

■急性心不全は予防できうるか

 基礎疾患や原因が一つとは限らず完全に予防するのは難しい急性心不全ですが、その状態に陥るリスクを減らすことはできます。心疾患の三大危険因子は先述の通り高血圧、糖尿病、脂質代謝異常の3つ。下水管に油やごみを流すと詰まりやすくなるのと同じで、コレステロールの塊が血管内に固まっていき心臓を動かすための血管に詰まる事も原因のひとつ。

急性心不全のリスクを減らすためには

・会社などの定期健康診断は必ず受診すること。
・年に数回は血圧測定をすること(特に30歳以上の人)。
・塩分はできるだけ少なくする。肥満を防ぐ。
・何か症状が出たら医療機関に受診する。
・禁煙。
・ストレスをさける(特に競争心が強い努力家、性急、短気な人)。
・スポーツなどの趣味を適度に生活の中に取り入れ、睡眠を十分に取る。
(東京都監察医務院 突然死の中で最も多い急性心臓死 より引用)

健康的な生活を心がけて、少しでも突然死のリスクを減らすことが重要と言えるでしょう。

<引用・参考>
心不全 | 心臓 | 循環器病あれこれ | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス
急性心不全治療ガイドライン – JCS – 日本循環器学会
東京都監察医務院 突然死の中で最も多い急性心臓死

(梓川みいな/正看護師)

edited by 梓川みいな
URL: http://otakei.otakuma.net/archives/2018022203.html
Published: 2018/2/22 12:05 © C.S.T.ENTERTAINMENT Inc.

エーゲ海の長寿の島イカリア島では1日3~4杯は当たり前!?コーヒーで心臓病のリスク減!

1: シャチ ★ 投稿日:2016/04/08(金) 23:07:43.59 ID:CAP
週刊女性PRIME 4月8日(金)18時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160408-00025876-jprime-life
今、世界中で注目されている、コーヒーの健康パワー。国立がん研究センターの発表によると、
毎日コーヒーを飲む人は、心臓病で死ぬ危険性が約4割も低いことが明らかに!
驚きの健康効果と、ひと味違った楽しみ方をご紹介します。

■コーヒー好きの人は死亡リスクが低い!?
 朝の目覚めや、午後のくつろぎタイムに欠かせないコーヒー。
そのコーヒーに、さまざまな健康効果があることをご存じですか?

 最先端の科学と実験で、日常の疑問を徹底調査するNHKの人気番組『ためしてガッテン』では、
コーヒーの健康パワーと、ひと味違った楽しみ方をご紹介しました。

 国立がん研究センターを中心としたチームが、全国各地に住む、約9万人を20年近くにわたり追跡調査。

 さまざまな生活習慣と死因との関係を調べたところ、コーヒーを「1日3~4杯飲む」と答えた人は、
「1杯未満(ほとんど飲まない)」と答えた人に比べ、心臓病で死ぬ危険が約4割も低いことが明らかになりました。

■健康長寿の秘訣はコーヒー
 日々、新たな事実が解明されている、コーヒーの健康効果。
がん、糖尿病、認知症、動脈硬化などの予防に役立つという研究も進んでいます。

 ギリシャには、コーヒーと健康との密接な関係を証明するかのような島があります。
エーゲ海に浮かぶ「イカリア島」です。

 約8000人の島民のうち、なんと100人が90歳以上の高齢者。これはヨーロッパ平均の10倍にあたり、
まさに「長寿の島」です。

 この島の人たちは、長寿なだけでなく、現役で仕事をする人も少なくありません。
島のお年寄りたちは、コーヒーが大好き。1日3~4杯飲むのも当たり前なのだそう。

 アテネ大学医学部のクリストドゥロス・ステファナディス教授は、3年前、この島のお年寄り142人を対象に、
コーヒーを飲む量と血管の状態を調査。すると、コーヒーをたくさん飲むお年寄りは、
血管がやわらかく保たれていることがわかりました。

 研究チームは、この島の長寿の秘密のひとつが、独自のコーヒー習慣にあると結論づけたのです。
(以下ソースで)

世界のヘイポー 心臓病で15キロ痩せる

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 投稿日:2015/07/02(木) 11:38:03.30 ID:kLEHI4r00.n
’89年より続く人気バラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の
総合演出を務める斉藤敏豪氏。この名前を聞いてもピンとこないだろうが、”世界のヘイポー”と言えば
おわかりの人も多いかも。

「そもそもは”斉藤です”という言葉が”ヘイポウです”に聞こえるということからこのあだ名がつけられました。
番組スタッフの1人なのですが、そのキャラクターの濃さからたびたび企画に登場し、ダウンタウンや
ココリコ、月亭方正などのレギュラーからも、”ヘイポー、ヘイポー”と呼ばれてます」(制作会社関係者)

─ヘイポーさん、いったい何があったんですか?

「お医者さんにやせたほうがいいと言われて意図的にやせたんですよ。見てもらえばわかると思うけど元気でしょ」
確かに、やせているわりには足元もしっかりしているし元気そう。でも、本当にそんなダイエットの
延長みたいなものなの?
「実は心臓病だったんですよ。2年前くらいに手術をしました。そこから1年くらいは大事をとって、
テレビには出ないほうがいいと言われたので、控えていたんです」

─どういった心臓病だったんですか?

「デザイナーのドン小西さんと一緒の、心臓の血液が逆流してしまうという病気です。進行すると、
不整脈を起こして心停止につながるおそれもあるので手術をしました。モノを食べなかったので、
体重は15キロほど減りましたね」

─今後、ヘイポーさんを驚かす企画もなくなると聞いていますが?

「そんなことないですよ。この前も暗いところに連れていかれて驚かされたし。まぁ、その度合いが
前に比べて控えめになっているとしたら、そこまではわかりませんけど」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150701-00014999-jprime-ent
no title