岡田准一」タグアーカイブ

【芸能】櫻井翔、結婚の岡田准一を祝福「岡田先輩だからこそ優しさにあふれた家庭を築かれていくと思う」

1: ひろし ★ 2017/12/25(月) 23:54:36.59 ID:CAP_USER9
 嵐の櫻井翔(35)が25日、キャスターを務める日本テレビ系「NEWS ZERO」に出演。24日に結婚したことを連名で発表したV6の岡田准一(37)と女優の宮崎あおい(32)を祝福した。

 所属するジャニーズ事務所の先輩・岡田について「私にとって、岡田先輩は子どもの頃から知っている大先輩であると同時に一つ上のお兄ちゃんみたいな存在でもあるんです」と笑顔で話した櫻井。

 続けて、「つい先日もお会いしたんですけど、その時も後輩たちのために何ができるかとか、後輩たち何が伝えられるかという話をずっとしていて。自分のことだけでなく、周りのこと、後輩のことをとても気にかけて下さる先輩だと思う」と岡田の人柄を紹介。

 「そんな岡田先輩だからこそ、優しさにあふれた家庭を築かれていかれるんだと思ってます。おめでとうございます」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000224-sph-ent

no title

【芸能】<岡田准一&宮崎あおい>結婚を正式発表!連名で「未熟な二人ではございますが」

1: Egg ★ 2017/12/24(日) 14:02:52.45 ID:CAP_USER9
V6の岡田准一(37)と女優の宮崎あおい(32)が24日、結婚を正式に発表した。岡田の所属事務所が2人の連名でのあいさつ文を報道各社にFAXして報告した。

 以下FAX全文

 報道関係の皆様

歳末の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
日頃より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

12月23日私共は結婚致しましたことを
ご報告させていただきます。

未熟な二人ではございますが、皆様のご期待に沿えるよう、

これからも邁進して参りますので、

変わらぬご支援賜りますようよう宜しくお願い申し上げます。

何卒、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

 2017年12月24日

  岡田准一
  宮崎あおい

署名はそれぞれの自筆になっている。

◆岡田 准一(おかだ・じゅんいち)1980年11月18日、大阪府生まれ。37歳。95年、V6として「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー。2003年「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」で映画初主演。
14年に「永遠の0」で報知映画賞、日本アカデミー賞などで主演男優賞を受賞。同年、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に主演。今年は「追憶」「関ヶ原」に主演した。

◆宮崎 あおい(みやざき・あおい)1985年11月30日、東京都生まれ。32歳。4歳からモデルや子役として活動。2001年、映画「EUREKA(ユリイカ)」のヒロイン。
02年公開の初主演映画「害虫」でナント3大陸映画祭主演女優賞を受賞するなど、出演作多数。06年、NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」でヒロイン。08年にはNHK大河「篤姫」に主演している。

12/24(日) 14:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00010000-spht-ent

写真
no title

石原プロ炊き出しに木村拓哉 長瀬、岡田も 熊本地震被災地で舘ひろしが焼きそばレク

1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2016/06/12(日) 15:06:25.10 ID:CAP_USER9
デイリースポーツ 6月12日 14時43分配信

 SMAPの木村拓哉(43)、TOKIOの長瀬智也(37)、V6の岡田准一(35)が12日、
芸能事務所・石原プロモーションが熊本地震の被災者を支援するため熊本県益城町総合体育館に隣接する
陸上競技場で行っている炊き出しの2日目に参加した。

 昨年6月に手術した急性心筋梗塞のリハビリ中で不参加となった渡哲也(74)と木村がCM、
長瀬がドラマ「弟」、岡田がドラマ「反乱のボヤージュ」で共演。3人とも石原裕次郎新人賞を受賞
(木村は94年の第7回に「シュート!」、長瀬は01年の第15回に「ソウル」、岡田は06年の
第19回に「花よりもなほ」で)している縁もあり、木村たちがお願いする形で参加が決まったという。

 開始前には全スタッフを前に木村が拡声器で「日頃から石原プロさんの行動力に魅力を感じていました。
料理の方は多少自信があります。今できることを全力でやり、みなさんの背中を支えられるようになれたら
いいなと思います」とあいさつ。長瀬も「みなさんに元気を与えられるのがすごくうれしい」と語り、
岡田も「力仕事には自信があります。なんでもやります」と意気込んだ。

 陣頭指揮を執る舘ひろし(66)は、3人に巨大な鉄板を使った石原プロ流の焼きそばの作り方を
レクチャー。益城町総合体育館への避難者を対象にした炊き出しが14時に始まると
「来てくれてありがとう!」の声が上がった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000054-dal-ent