小学生」タグアーカイブ

女子小学生の間で脱毛がブーム!「キッズ脱毛」が増えているワケとは?

1: secret name@シクトク 2017-10-11 13:59:06 ID:
no title

 女子小学生の娘を持つ美容ライターからも話を聞いたところ、「今、10歳だが、本人は気にしているよう。T字カミソリを買って『これでお手入れしなさい』と渡して使い方やアフターケアも教えているが、サロンやクリニックで脱毛させてもいいかなって思う。今は安いし、そのメリットはよく分かっているから。なので、『中学受験が終わったら、お金出してあげるね』と話している」と、やはり“キッズ脱毛はアリ”派の様子。

サロン脱毛の低価格競争が拍車をかけた?
「ダンスやバレエ、水泳などの習いごとで、肌を露出する機会が多い子どもたちが親に行きたいとせがむケースが多い。母親がかつてムダ毛で悩んでいたことも少なくないため、比較的理解があるようだ。カミソリを使った自己処理で肌を荒らしてしまったり、また、母親がえり足や背中などを剃ってあげるのが手間なのでサロン脱毛させたいというケースもある」
http://secrettalk.me/images/talk/0-3678-1-MDFfcHg0MDAuanBn-r-.jpeg

no title

小中学生に化粧・ヘアカラーはとても危険!!

1: ◆qQDmM1OH5Q46 投稿日:2015/12/12(土)01:00:49
【ファッションおたく】
小中学生に化粧・毛染めはやめて! 化学物質で肌荒れ、アレルギー…危険がいっぱい

 こんなに小さいのに茶髪で巻き髪。どうみても小中学生なのに、お化粧してる? 
ファッションも大人の服の小型版。かわいいけれど、なんとも“こなまいき”な女の子たち。
町ではこんな子供を時折見かける。服装はともかく、お化粧や毛染めは子供の皮膚には危険が大きいのだが…。

美容師も「やめてー!」

 「カラー(毛染め)はやめてあげてーって、叫びたくなります」。
こう話すのは、大阪市内のヘアスタイリストだ。「最近はカラー剤の品質もよくなっているのですが、
やはり子供の薄くてやわらかい皮膚には刺激が強すぎます」と話す。
まれではあるが、子供にカラーやパーマをオーダーする客(親)も訪れるという。

 「やんわりお断りするのですが、どうしても納得されないお客さまもいます…」。
同スタイリストは、市販のカラーやパーマ液を使って自己流でされるよりはマシと思い、
地肌に液がつかないように細心の注意を払って施術したという。

 消費者安全調査委員会(消費者事故調)は今年10月、ヘアカラーや白髪染めなど
医薬部外品の染毛剤で起きるアレルギーなど皮膚障害に関する報告書を公表した。
激しいかぶれやただれなどの染毛剤による被害相談は後を絶たず、
消費者庁には平成26年度までの5年間で1千件超の被害相談事例が寄せられた。

 事故調は、発症後に使い続けると重症化する恐れがあるのに
「正しい知識が消費者に伝わっておらず、リスク回避行動に結びついていない」と指摘。
継続的な注意喚起を消費者庁と厚生労働省に提言した。

続き 産経WEST 全4ページ
http://www.sankei.com/west/news/151211/wst1512110005-n1.html