寿命」タグアーカイブ

朝食を抜くと寿命が延び健康になるらしい  従来は朝食大事つってただろ 西洋医学はクズ

1: (庭)@無断転載は禁止 [JP] 2017/09/13(水) 19:20:08.58 ● BE:828293379-PLT(13345) ポイント特典
朝食を抜くと健康になる?食事の回数減で寿命が延び、体調不良も解消?
「朝食は体に悪い」との説が話題になっている。

『朝食有害説―「一日二食」で健康に生きる』(渡辺正/情報センター出版局)、『生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く!』(小山内博/新潮社)、
『栄養学常識のウソを突く―長生きしたければ朝食は抜きなさい』(著:東茂由、監修:甲田光雄/河出書房新社)、『朝食を抜くと、なぜ健康になるのか』(松井二郎/サンマーク出版)、
『朝食を抜くと健康になる』(石原結實/PHP研究所)など、朝食の抜くことで健康になると主張する著書も相次ぎ、その正当性も明らかになりつつある。

 その主な理由としては、朝食を摂ることで身体機能が低下するというものだ。

「飢餓に陥った人間の体では病体のタンパク質をエネルギー源として消化して、結果的に破壊せしめるという自己融解現象が発生する」(『朝食を抜くと健康になる』より)

 つまり、空腹時間を確保し、“飢餓状態”をつくることで免疫力が向上するというのだ。実際に、「長寿遺伝子」「抗老化遺伝子」などと呼ばれるサーチュイン遺伝子は、飢餓状態の時に活性化し延命効果をもたらすといわれている。

 空腹状態とは、言い換えれば内臓を休める時間をつくるという意味だ。内蔵は、消化活動をしていない時には体の機能を高める働きに力を使うと考えられている。数日絶食すると、血色がよくなり、
肌にツヤが出てくるのを体感したことがある人も多いだろう。逆に、夜寝る直前に食事をした場合など、寝ている間にも内臓が働き続けるため、朝起きたときに体が重くなりがちだ。

●一日2食で十分

 いまや学校では、「朝ごはんを食べた子と食べなかった子では、集中力に差が表れ、毎日朝ごはんを食べている子は、毎日食べていない子に比べて成績が良い」というデータを示し、必ず朝ごはんを食べるように指導する。
農林水産省も同様の指導をしている。

 確かに、咀嚼することで脳は覚醒し、集中力は増す。これは、ガムを噛むと眠気を防止したり、集中力を高める効果が実証されており、間違いないだろう。また、ご飯を食べることで脳のエネルギー源であるブドウ糖も補給できるため、
朝食が重要との説は理にかなっているように思える。だが、それが内臓にとって良いことの証明にはなっていない。さらに、胃に食べ物がない状態のほうが脳はよく働くとの研究結果もあり、朝食を摂ることが成績向上につながるとは言い切れない。

 また、朝は胃腸がまだ十分に覚醒しておらず、そこへ無理に食物を詰め込むことは負担が大きく、十分に消化されない。無理して朝食を摂り続けると、胃酸の出が悪くなり、胃を弱める可能性がある。朝食を摂る場合でも、起きてから数時間空けることが望ましい。

http://news.livedoor.com/article/detail/10480243/

【研究】農家の男性の寿命は8年長い 医療費も安い 健康状態に好影響か 早大調査

1: シャチ ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/06/28(水) 18:48:39.81 ID:CAP_USER9
首都圏の埼玉県本庄市では専業・兼業農家の高齢者の医療費が農家以外の8割程度にとどまり、
特に男性の寿命が農家以外より長いことが分かったと、早稲田大の堀口健治名誉教授と弦間正彦教授が28日発表した。

 アンケート調査で回答を得た農家の男性の平均死亡年齢は81.5歳で、農家以外の男性より8歳高かった。

 弦間教授は「自分の裁量で農業を営む生活が健康に良いのではないか。会社員などが定年退職後に働けば、
健康づくりと医療費削減に役立ち、農業の担い手不足を補うことができる」と話している。

 早大キャンパスがある本庄市は野菜や果物、草花の生産が盛ん。堀口名誉教授らが埼玉県後期高齢者医療
広域連合に同市の75歳以上の被保険者の医療費を分析してもらったところ、2014年の専業・兼業農家の男女
897人の1人当たり医療費は73万1000円と、農家以外の8258人の91万円の8割だった。

 市内の農協組合員543世帯と非組合員300世帯からアンケート調査の回答を得たところ、1989年(平成元年)
以降に亡くなった専業・兼業農家の男性274人の平均死亡年齢は81.5歳で、農家以外の男性183人の73.3歳
より8歳高かった。農家の女性223人の平均死亡年齢は84.1歳で、農家以外の女性151人の82.5歳と大きな差はなかった。 

時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000084-jij-soci

【健康/食】揚げたポテトで寿命が縮む? 米誌論文がデータ分析

1: あずささん ★ 2017/06/16(金) 17:40:28.98 ID:CAP_USER9
フライドポテトやポテトチップスなど、油で揚げたジャガイモを週に2回以上食べている人は早死にするリスクが高くなるとの研究が、米国臨床栄養学ジャーナルでこのほど発表された。

元となったのは、45?79歳の関節炎患者4440人を対象にした8年間にわたる追跡調査だ。もともとは変形性関節症に関する研究だったが、研究チームはジャガイモの消費について目を向けた。

その結果、週に2?3回、揚げたジャガイモを食べていた人が早死にする確率は、まったく食べない人と比べて2倍になったという。年齢や性別による差は生じなかったが、女性よりも男性が、年長者よりも若者が、揚げ物をよく食べる傾向が見られた。

あくまでも参加者の行動を記録して分析した研究であり、揚げたジャガイモと早死にの間に直接の因果関係があるかどうかは現時点では不明だ。

イタリア学術会議の研究者で論文の主著者であるニコラ・ベロネーゼ博士は、揚げ油に多く含まれるトランス脂肪が重要な要素となっているのではと考えている。だが、肥満や不活発な生活習慣など「他の重要な要素」が何らかの役割を果たしている可能性もあると指摘する。

スウェーデンのカロリンスカ研究所環境医学研究所のスザンナ・ラルソン准教授は、「揚げたジャガイモの消費量は、死亡率の増加を招くような健康的でない食習慣のバロメーターになるかも知れない」と指摘する。ラルソン准教授もジャガイモ消費に関する研究を行ったが、循環器系疾患が増加するとの結果は出なかったという。

ソース/CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35102839.html

no title

寿命120歳の時代が来るぞ

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 5f8b-sJQY) 投稿日:2016/01/04(月) 13:20:24.36 ID:5JBysCCl0.n
健康寿命120歳の時代来るか 「アンチエイジング薬」米で臨床試験

糖尿病の治療薬として知られる「メトフォルミン」が、健康寿命を延ばす可能性があるとして研究が進んでいる。

過去の研究では2013年、ベルギーの研究者による線虫を使った実験で、その老化を遅らせて健康な状態を維持しつつ長生きさせられることが分かった。
同年、米国立衛生研究所ではマウス実験で、健康寿命が延びたと発表している。

2015年11月には米食品医薬品局(FDA)が、メトフォルミンのヒトでの臨床試験を認めた。
成果が出れば、加齢そのものを遅らせて病気の予防につなげる可能性が期待できるかもしれない。
効果があがれば、健康寿命が120歳まで延びるとの予測も出た。2016年が「アンチエイジング薬元年」となるか。

http://www.j-cast.com/healthcare/2016/01/04254416.html

バカ「日本は平均寿命は長いが、寝たきりで生かされているだけ」→「健康寿命」も世界一でした

1: ニーリフト(京都府)@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/29(土) 10:22:17.77 ID:6KLnxjWN0
NHKニュース
———-
健康寿命 男女ともに日本が世界最長

 介護の必要がなく、健康的に生活できる期間を示す「健康寿命」について、男女
ともに日本が世界で最も長いとする研究結果をアメリカの大学の研究チームが発表
しました。
 これはアメリカのワシントン大学などの研究チームが発表したもので、イギリス
の医学雑誌「ランセット」の電子版に27日、掲載されました。
 研究チームは、病気やけがなどによる介護の必要がなく、健康的に生活できる期
間を示す「健康寿命」について、1990年からおととしまでの世界188の国と
地域のデータを分析しました。
 その結果、日本は、おととしの時点で、男性が71.11歳、女性が75.56
歳となり、男女ともに世界で最も長いことが分かったということです。
 また、男性では、日本に次いで、シンガポールが70.75歳、ヨーロッパのア
ンドラが69.92歳でした。
 女性は、アンドラが73.39歳、シンガポールが73.35歳となっています。
 世界の健康寿命の平均は、男性が60.59歳、女性が64.13歳でした。
 日本の「健康寿命」は1990年と比べて男女ともに3年余り伸びたということ
です。
 「健康寿命」はWHO=世界保健機関が提唱する健康を測る指標の一つとなって
いて、感染症対策の進歩などを背景に世界的にも伸びているということです。
———-
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150828/k10010207881000.html

【国際】勉強嫌いは喫煙並に寿命縮める、デンバー大研究で判明 教育と健康に相関関係あった

1: ひろし ★ 投稿日:2015/07/10(金) 21:36:13.64
学歴と寿命に相関関係がある、こんな研究が発表されて波紋を呼んでいる。
学校教育を早くにはなれることは、喫煙と同レベルで、健康に悪影響があるというのだ。
とはいえ経済的事情などで学びたくとも学べない人たちもいるわけで、デリケートな問題だ。

■14万5千人の死亡者は、高校卒業していたら“死なずにすんだ”?

コロラド大学デンバー校の研究者らが、1986年から06年までの健康調査データをもとにリサーチを行った。
その結果算出したのは、2010年におけるアメリカでの25歳から85歳の死亡者のうち、
145000人は、もしも彼らが高校教育を最後まで受けていたら、その死を防げたかも知れないという衝撃的なものだ。

この数字は国中の喫煙者たちが禁煙したら、防げるかも知れない死亡者数に匹敵するものだという。
調査結果は「the journal PLOS ONE」に発表された。

■学歴と健康問題はつながっている

高校教育を修了できなかったことが直接的で致命的なリスクを生じさせるわけでは、もちろんない。
ただ、間接的にではあるが“寿命を縮める”相関性が認められたということ。病気などに対応できる経済的余裕、
余裕ある生活から生まれる精神的充足、健康的な生活をおくるための知識や行動、
そういった要素が、相対的に欠けるといったことから、生じるようだ。

■教育格差の是正が必要

同研究のメンバーの一人、パトリック・クルーガー氏(Patrick Krueger)は、「我々の調査結果は、
教育体制の改善を政治的に行うことが、アメリカ人の生存率を改善することも示しています」と言っており、
教育格差が広がっているなか尚更だとのこと。現在アメリカの25歳から34歳の成人では10%以上が高校教育を修了できていない。

調査チームのメンバーは「すべての人が高い水準での教育を受ける必要はないと思っているが」とも言っている。
この研究には「行きたくとも行けなかった」といった反論も見られるが、あくまで相関関係を明らかにしたものであり、
研究チームは行政に対し、全ての人が高校教育を修了できるようにすることを求める姿勢だ。

文/高野景子

http://mogumogunews.com/2015/07/topic_12140/