効果重視」タグアーカイブ

【社会】価格が高めの頭痛薬の売れ行きが好調 効果重視の傾向

1: シャチ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/27(月) 10:16:59.20 ID:CAP_USER9
市販されている解熱鎮痛薬の市場で、高機能・高価格の商品がじわりと拡大している。
仕事や家事に忙しい女性を中心に、頭痛時などに速く効いて身体に負担が少ない薬の
需要が高まっているためだ。製薬大手は相次いで新製品を投入している。

 第一三共ヘルスケア(東京)の試算によると、解熱鎮痛薬市場で主流の1箱400~600円の売上高は縮小傾向にある。
これに対し、1000円を超える鎮痛薬は徐々に販売を伸ばし、現在は市場の2割強を占める。

 買い手は30代以上の女性が多く、「忙しい生活を送る中で素早く痛みを抑え、
胃も荒れにくい薬が求められている」(ライオン広報)。

 各社とも高機能・高価格商品の品ぞろえを強化している。第一三共ヘルスケアは4月に
「ロキソニンSプレミアム」(24錠入り1274円)を発売した。鎮痛効果を高める成分を配合する一方で、
胃への負担を大きく軽減したという。

 ライオンは、成分が吸収されやすく即効性のある「バファリンプレミアム」(20錠入り1058円)を2014年から展開。
今年3月には胃にやさしくさまざまな痛みに対応した「バファリンEX」(10錠645円)を投入した。
エスエス製薬(東京)は3月に、
「イブ」シリーズで効き目の速さと効果が最大級の「イブクイック頭痛薬DX」(20錠入り1166円)を発売している。 

時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000005-jij-bus_all