事故」タグアーカイブ

仮面女子・猪狩ともか(26)、看板下敷きの事故による脊髄損傷で車椅子生活を余儀なくされる

1: secret name 2018-05-07 13:58:27 ID:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000052-dal-ent
面女子の公式ツイッターには「強風で看板が倒れ下敷きになる事故にあった仮面女子の猪狩ともかですが『脊髄損傷による両下肢麻痺』となり、自分の力で脚を動かす事が困難で今後は車椅子での生活になります」と説明。「退院後は仮面女子として活動を続け、これを事務所も支えていきます。これからも猪狩ともかをよろしくお願いします」とつぶやかれた。

 猪狩はブログも更新。「私は歩くことはもちろん、自分の力で脚を動かすことすら出来なくなってしまいました。治る可能性は極めて低く、今後、車椅子での生活を余儀なくされました」と完治は困難とし、「体調、怪我は徐々に良くなり、今は自立した車椅子生活を送れるよう毎日リハビリに励んでいます。退院は今から3カ月後の予定です」と車椅子生活に慣れるためのリハビリを行っているという。
http://secrettalk.me/images/talk/0-4403-1-bzA3NTAxMDAwMTQxODU2ODczMTkuanBn-r-.jpeg

no title

被爆より恐ろしい問題!?原発事故の迅速な対応が健康被害を招く!?

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です ● (東京都) 投稿日:2015/11/09(月) 08:42:43.25 ID:M0HsPza2
被曝より怖い問題に、世界の研究者が目を白黒

JBpress 11月9日 6時10分配信

 前回に引き続き、ベラルーシで行われた勉強会について述べる。

 勉強会は5日間にわたり、各国の原子力関係者によるプレゼンテーションや、チェルノブイリ原発事故で被害を受けた集落や避難地域の見学が行われた。
福島第一原子力発電所事故に関する話が、世界各国の原子力関係者を驚かせていたことが印象的だった。

 まず、原子力災害の避難に関することだ。これまで、チェルノブイリ原発事故、スリーマイル島原発事故などの教訓を基に、原発事故後の対応は迅速な避難に重点が置かれていた。
 ところが、福島の経験を通じ、拙速な避難が高齢者を中心に健康被害を招くことが明らかになった。

■ 跳ね上がった高齢者の死亡率
 例えば、元東京大学の野村周平氏らの研究によると、福島第一原発から20~30キロ以内にあった5つの老人施設からは328人の入所者が避難した。
それから1年以内に75人が死亡し、死亡率は過去5年平均の2.7倍にも上った。

 原発事故直後は患者の移送先を見つけるだけで精一杯だった。移送中の環境は自衛隊の輸送車にベッドを4台詰めて運ぶ簡素なもので、十分な設備を用意する余裕はなかった。
 さらに、患者の正確な情報を移送先に伝えることができず、治療の継続に支障をきたした可能性もある。

 避難すると死亡率が上昇するかもしれない、というのは大きな衝撃だろう。日本から登壇した坪倉正治氏がこの教訓について言及した後、
私は「では原子力災害後の避難はどうすればいいのか」という質問をスロバキアの原子力当局関係者から受けた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151109-00045177-jbpressz-bus_all