乳がん」タグアーカイブ

【健康】乳がんリスク高い「高濃度乳房」体質の女性への通知、ガイドライン作成へ 厚生労働省

1: 紅あずま ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/06/05(月) 17:25:15.73 ID:CAP_USER9
乳がんリスク高い体質の女性への通知 ガイドライン作成へ
日本放送協会:2017年6月5日 17時07分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170605/k10011007131000.html

女性がなるがんで最も多い乳がんの検診で、がんが見逃されるリスクが比較的高い体質の女性にどのように通知するか自治体によって対応が異なり、患者団体などから批判が出ています。
このため、厚生労働省はほかの検査を紹介するなど、きめ細かい対応を求めるガイドラインを作成することになりました。

40歳以上の女性を対象にした自治体の乳がん検診は国の指針で「マンモグラフィー」と呼ばれ、エックス線の検査を行うことになっています。

ただ、日本乳癌検診学会によりますと、日本人女性のおよそ4割は乳腺の密度が高い「高濃度乳房」という体質だと推定されています。
この場合、がんが乳腺に隠れて画像に写りにくく、検査の精度が最大で50%ほど下がるとされ、見逃しのリスクが指摘されるようになりました。

しかし、国の指針ではこうした体質を通知するかどうか定めがなく、8割を超える自治体が乳がん検診の結果として、
『異常なし』などと伝えるにとどまっていて、患者団体などから批判が出ています。

このため厚生労働省は5日、専門家会議を開き、高濃度乳房の場合、マンモグラフィー検査ではがんの判別が難しいとしたうえで、
がんが見逃されるリスクをきちんと説明したり、超音波の検査など乳腺の密度が影響しない検査を紹介したりして、
通知を受けた人が不安にならないよう自治体側にきめ細かい対応を求める方針を決めました。

厚生労働省は今後、自治体の対応をまとめたガイドラインを作成し、来年3月までに示したいとしています。

厚生労働省は「国としては有効性が確立しているマンモグラフィーを勧めているが、
自治体には受診者に対し、体質を正しく理解してもらったうえで、自費で受けられる別の検査などを丁寧に示してほしい」と話しています。

【健康】焼き肉好き女子は「乳がん」に注意! 脂肪の黒煙や焦げつきが発がんリスクを高める

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/17(金) 09:15:47.20 ID:CAP_USER9
乳がんを公表し闘病生活を続けるフリーアナウンサー・小林麻央さんが、2月7日にブログを更新。
放射線食道炎が快方に向かって体調が安定し、平穏な気持ちでいることを打ち明けた。

今、彼女の発信が常に注目されているのは、乳がんを身近な問題と考える女性が増えてきたからかもしれない。
現在、一生の間に乳がんになる日本人女性は12人に1人といわれる。

また、乳がんで亡くなる女性は2013年に1万3000人を突破。
1980年と比べて約3倍になり、その後も増加を続けている(2015年の乳がんによる死亡数は1万3584人)。

高齢になるほど増える他のがんとは異なり、乳がんは 30代から増加し始めて40代後半から50代前半がピーク。
若い時期から関心を持って生活することは大切だ。

そんな乳がんのリスクに怯える女性たちにとって、最近、気になる論文が発表された。
若い世代が好んで食べるバーベキューや燻製肉が、乳がんによる死亡リスクを高める可能性があることがわかったというのだ。

同じ乳がん患者でも死亡率に差があった

この結果を明らかにしたのは、米ノースカロライナ大学疫学教授のMarilie Gammon氏らの研究グループ。
米国立がん研究所機関誌『Journal of the National Institute』(電子版)の2017年1月4日号に発表した。

今回の研究は、1996~1997年に乳がんと診断されたニューヨーク州ロングアイランドの女性1500人余りを対象とし、
乳がんと診断されたときと、その約5年後に食習慣についてのインタビューを実施した。

そして、約18年間の追跡調査を実施したところ、その間に約600人の女性が死亡し、そのうち237人が乳がん関連の原因で死亡していたことがわかった。

研究グループは、対象者が摂取した肉の種類や量と追跡期間中の死亡リスクとの関連を検討した。
その結果、がんと診断される前に「グリル」や「バーベキュー」、「燻製の肉」を多量に食べていた人は、少ししか食べていなかった人に比べて死亡率が23%高かった。

また、乳がんと診断されてからもこのような肉を多く食べ続けていた人は、さらに総死亡リスクが高くなり、
加えて乳がん関連死のリスクも高くなることが示唆された。特に「牛肉」「豚肉」「ラム肉」は問題となる可能性が高かったという。

http://healthpress.jp/2017/02/post-2811.html
2017.02.14.

【芸能】麻央、5%の希望捨てず

1: BaaaaaaaaQφ ★@無断転載は禁止 2016/09/19(月) 10:07:42.64 ID:CAP_USER9
小林麻央、5%の希望捨てず結果待ち 生検後の心境振り返る

 乳がんと闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央が19日、ブログを更新し、がんの生検
を受けた後も、結果が出るまで5%の希望を捨ててはいなかったと明かした。
 前回までのブログでは、生検を担当した医師から、結果が出る前に95%の確率でがんで
あると告げられたことを明かしていた。しかし、それでも「結果をみたら、残りの5%だったと
いうこともあるはず」と希望を持ち続けていたことを明かした。
 小林は自身のブログで、近況の報告とは別に、がんであると診断されるまでの経緯や、心
境の変化を克明にまとめている。がんである疑いが高くなるにつれ、涙したり、絶望感にさ
いなまれたりしてきた心の動きが記されている。
 「絶対に治す」と誓った直後ではあったが、まだがんではない可能性や希望も捨ててはい
なかったという麻央。「私の中のポジティブ担当の細胞たちが、必死に抵抗していた。まだ、
絶望するな!今こそ、不安をかき消せ!」と心境を振り返っている。
http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/19/0009503901.shtml

海老蔵が会見 妻・小林麻央は「乳がん」と公表

1: (゚∀゚(⊃*⊂) ★@無断転載は禁止 2016/06/09(木) 15:05:19.36 ID:CAP_USER9
歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が9日、都内で会見を行い、同日、
妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)が進行性がんであると一部で報じられたが病名を「乳がん」と明かした。

麻央夫人は、頻繁に更新されることで有名な海老蔵のブログにも度々、登場していたが、今年に入ってからは1度も写真などが掲載されていない。
海老蔵は5月2日、フジテレビ系『SMAP×SMAP』(毎週月曜 後10:00)の放送直後のエントリーで「実は今 マオが少し体調悪いんです」と明かし「私にとって、勸玄も麗禾も大切ですが、
一番まおが大切です。例えるならSMAPさんのライオンハートです。今後とも温かく見守ってください」とつづっていた。

 同日付の一部スポーツ紙が、小林が進行性がんを患い、治療を続けていると報じていた。二人は2010年3月に結婚。翌11年7月に長女、13年3月に長男が誕生している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000324-oric-ent

乳がん予防には10代から「果物女子」に 1日3皿のバナナ、リンゴで30年後は安心

1: たんぽぽ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/05/27(金) 18:30:21.95 ID:CAP_USER9
http://www.j-cast.com/healthcare/2016/05/27267879.html?p=all
2016/5/27 18:00

乳がんは日本人女性がかかるがんの1位で、12人に1人が生涯にかかるといわれる。しかも、女性ホルモンが影響するため、若い世代の発症率が高い。

その乳がんを防ぐのに、思春期にリンゴ、バナナ、ブドウなどの果物をたくさん食べると効果があることがわかった。米ハーバード大学のチームが、英の医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」(電子版)の2016年5月11日号に発表した。

13万4000人の女性を20年間追跡調査

研究チームは、全米看護師健康調査に登録された27~44歳の女性約13万4000人のデータを対象に約20年間追跡調査した。対象者は、ほぼ4年ごとに食生活のアンケート調査を行なっていた。また、できるだけ思春期の食生活を思い出してもらい記録していた。

期間中に約3200人が乳がんを発症した。そのうち1350人について思春期の食生活の詳細なデータを入手できた。発症しなかった人たちと比較した結果、思春期に果物をたくさん食べた人ほど乳がんのリスクが低いことがわかった。具体的には、リンゴ、バナナ、ブドウの摂取が特に関連が強く、1日に3皿分を食べると、0.5皿以下しか食べない人に比べ、中年期に乳がんになるリスクが25%低下するという。ただし、フルーツジュース類には効果は見られなかった。

研究チームのマーヤム・ファービッド博士は「今回は観察研究なので、因果関係は追究しませんでしたが、10代の時に果物をたくさん食べることが乳がん予防になることを明らかにできました」とコメントしている。
食物繊維が、発がん物質の蓄積を防いでくれる

乳がん予防に関しては、2016年2月にハーバード大学の別のチームが、高校生の時期に食物繊維の豊富な野菜を食べると効果があるという研究をまとめている。食物繊維は、乳がんの原因となる女性ホルモンのエストロゲン値を下げ、発がん物質を減らす作用があるためだ。女性の乳房は思春期に発達するから、成長期に発がん物質の蓄積を避けることが大切になる。

リンゴ、バナナなどの果物は野菜におとらず、食物繊維が豊富である。ぜひ、思春期のお嬢さんにすすめよう。

声優・水谷優子さん、乳がんで死去 『ちびまる子ちゃん』お姉ちゃんなど

1: えりにゃん ★ 2016/05/19(木) 15:20:19.06 ID:CAP_USER
 人気アニメ『ちびまる子ちゃん』お姉ちゃんの声などで知られる、声優の水谷優子さん(51)が 17日、乳がんのため死去した。所属事務所が19日公式サイトで発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000328-oric-ent

乳房切除取り違えミスで20代女性が賠償提訴

1: 丸井みどりの山手線 ★ 投稿日:2016/04/03(日) 05:43:25.83 ID:CAP
4月2日(土)17時40分配信
 乳がんの病理検査で検体を取り違えられ、必要のない手術で乳房の一部を失った20歳代の女性が、取り違えた高砂市民病院(兵庫県高砂市)を運営する同市を相手取り、慰謝料など約1850万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴していたことがわかった。

 病院側はミスを認めて謝罪したが、取り違えの原因は不明のまま。女性は「被害を繰り返さないためにも、裁判で原因をはっきりさせたい」と訴えている。

 訴状などによると、女性は2014年4月、同病院で胸の組織片の病理検査を受け、右胸の乳がんと診断された。翌月、別の病院で乳房を切除したが、摘出部位からがん細胞が見つからず、診断時に別の50歳代女性の検体と取り違えられていたことが判明した。50歳代女性はその後、切除手術している。高砂市民病院は女性に謝罪し、その後、解決金250万円を提示。外部調査委員会が公表した報告書は「病理検査室で取り違えが起きた可能性が高い」とする一方、原因は「特定できない」とした。その上で再発防止を促した。

 女性側は「原因不明で再発防止ができるのか。少しの注意でミスは簡単に防げたはず。極めて初歩的で重大な過失があった」と指摘している。

 3月23日に同地裁であった第1回口頭弁論で市側はミスを認めたうえで、切除した乳房の範囲が小さいことなどから解決金額が妥当だと主張している。同病院は読売新聞の取材に「裁判中なのでコメントは控えたい」としている。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00050071-yom-soci

5年生は存率92%。乳がんは通院治療で治せ!

1: ◆HeartexiTw 胸のときめき ★ 投稿日:2015/10/07(水) 07:17:50.62 ID:vqnDdakg
北斗晶さんが闘病を公表した乳がんは、女性にとっては身近な病気だ。
日本人女性は12人に1人が乳がんになると言われているが、近年、
薬の開発も進み、通院治療できるケースが増えている。
しかし働きながらの治療には課題も多く、国が支援に乗りだしている。

*+*+ 日テレNEWS24 +*+*
http://www.news24.jp/articles/2015/10/07/07311621.html