トランプ大統領」タグアーカイブ

【医学】〈人工甘味料〉トランプ大統領のようにダイエットコーラを1日に12本飲んでいるとどうなるのか?

1: しじみ ★ 2017/12/14(木) 08:45:22.07 ID:CAP_USER
アメリカのトランプ大統領は、毎日12本のダイエットコーラを飲んでいるというニュースがアメリカで話題になっています。
人工甘味料を使うことでカロリーオフをうたうダイエット飲料とはいえ、1日に1ダースという量はさすがに多すぎるのではないか、
ということでTIME誌は専門家による意見をまとめています。

Trump’s 12 Diet Cokes a Day Could Be Really Bad For You | Time
http://time.com/5061146/donald-trump-diet-coke/

2017年12月9日にこのニュースを報じたのは、ニューヨークタイムズ紙でした。
「自分を守るためにトランプ氏が日々戦っていること」というタイトルがつけられた記事では、
トランプ氏が日課として行っている行動の数々が報じられています。

Inside Trump’s Hour-by-Hour Battle for Self-Preservation – The New York Times

記事は、

「トランプ氏は朝5時半に起きたらまずテレビをつけてCNNを見て、次にFoxにチャンネルを変えて心を落ち着け、
ツイートする内容を考える。そして次にMSNBCの『モーニング・ジョー』を見て怒りを募らせる」という書き出しで始まり、
自身に批判的な相手や記事などに対してトランプ氏がどのように対応または反撃しているのかを記しています。
その内容は主にトランプ氏の側近からもたらされた内容のようですが、その一つに「毎日1ダースのダイエットコーラを飲む」というものが含まれています。

この内容について、タフツ大学の大学院にあたるFriedman School of Nutrition Science and Policyで学部長を務めるDariush Mozaffarian博士は
「糖分が大量に含まれる普通のコーラを12本飲むよりは良さそうだが、
トランプ氏が毎日ダイエット飲料を飲むことでどのような影響があるのかを語るにはまだ少し早い」と話し、
ローカロリー飲料が人々の健康に対してどのような影響を与えるのかは、まだ未知の部分が多いことを語っています。

Mozaffarian氏によると、この分野の研究は「人口全体を使った実験段階にある」とのことで、
実際に商品を買って飲んでいる人たちの健康状態がどのように変化するのか、
学術的に「観察」を行っている段階であることが示されています。またMozaffarian氏は、
ミネラルウォーターや炭酸水ではなくわざわざダイエット飲料を選ぶような理由は「非常に少ない」とも話しており、
むしろ飲料に含まれるカフェインをとりすぎることでイライラや不眠症、偏頭痛、高心拍などの症状が引き起こされる危険を指摘しています。

さらに、人工甘味料をとりすぎることによる「感覚のずれ」の影響も懸念されるとのこと。
人工甘味料は、天然甘味料とは違って、舌が感じた甘味と実際に体に取り入れられた糖の量との間にズレがあり、
体が糖を欲しやすくなる可能性が考えられています。また、このズレが蓄積することで、
ある段階で爆発的な食欲に襲われる危険性も懸念されています。

動物実験では、人工甘味料を与えられた個体は体重の増加に至るという結果が出ているほか、
食欲レベルを制御するホルモンのバランスが崩れることも確認されているとのこと。
また、直接の因果関係は解明されていないものの、ダイエット飲料を多く飲んでいる人は、2類糖尿病にかかる傾向にあることがわかっています。
2009年に発表された論文では、ダイエット飲料を多く飲む人は2類糖尿病になる確率が67%も高いことが示されています。

Diet Soda Intake and Risk of Incident Metabolic Syndrome and Type 2 Diabetes in the Multi-Ethnic Study of Atherosclerosis (MESA) | Diabetes Care
http://care.diabetesjournals.org/content/32/4/688.full

この同じ研究では、ダイエット飲料を多くとることで、
高血圧や高血糖、高コレステロールや腹部脂肪の増大などの「メタボリックシンドローム」が引き起こされる可能性が34%も増えることが明らかにされています。
これらの症状は、2類糖尿病や心臓病、そして心臓発作にもつながるリスクを秘めています。

さらに、2017年に発表された論文によると、ダイエット飲料を1日に1本以上飲む人は、心臓発作を起こす確率が2倍に増加するということがわかっています。
また、ダイエット飲料を飲む人には認知症やアルツハイマー病など脳に関する疾患との関連性も指摘されています。

続きはソースで

関連ソース画像
https://i.gzn.jp/img/2017/12/13/12-diet-coke-a-day/snap10782.png

GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20171213-12-diet-coke-a-day/

no title

【健康】ゼロ歳児の尊厳死巡る議論、トランプ大統領や法王も発言

1: みつを ★ 2017/07/07(金) 02:57:11.21 ID:CAP_USER9
https://www.cnn.co.jp/m/world/35103860.html

ロンドン(CNN) 難病に侵され末期状態にある生後11カ月の赤ちゃんに対して治療を続けるべきか否かーー倫理的に重大な意味を持つこの問いかけが世界的な広がりを見せ、ローマ法王フランシスコや米国のトランプ大統領も自身の見解を表明する事態となっている。

議論の中心にいる赤ちゃんは英国のチャーリー・ガードちゃん。「ミトコンドリアDNA枯渇症候群」という極めてまれな退行性の難病を患っており、医師団によれば脳に損傷を負い、見ることも聞くことも動くことも泣くこともできない。

医師団はチャーリーちゃんが生命維持装置なしに生きられる可能性はなく、尊厳死を認めるべきだと考えている。だが両親は米国で実験的な治療を受けるために退院させることを求めている。

この問題は、尊厳死と生命維持装置の使用に関する議論を再燃させた。

英最高裁と欧州人権裁判所は、病院がチャーリーちゃんの生命維持装置を外すことを認める決定を下している。

一方バチカンは2日に声明を出し、「最期まで子どもに寄り添い、治療に当たる」ことを両親に認めるべきだとのフランシスコ法王の見解を明らかにした。また4日にはバチカンが運営するローマの小児病院が受け入れを表明した。

トランプ大統領も3日、支援を申し出た。

「もしチャーリー・ガードちゃんを私たちで助けることができるなら、喜んでそうしよう」と大統領はツイートした。

この問題については米国の医師が、ヌクレオシド・バイパス療法と呼ばれる実験的な治療を行うことに合意している。両親によれば、治療はチャーリーちゃんが体内で生成できない物質を経口投与するというものだ。

もっともオックスフォード上廣応用倫理センターの生命倫理の専門家によれば、この治療でも改善の可能性は非常に低い。チャーリーちゃんと同じ病型の症例で使われたことも過去にないという。

2017.07.06 Thu posted at 13:27 JST

フランシスコ法王はチャーリーちゃんの両親の願いが尊重されることを望んでいるという
no title