トランス脂肪酸」タグアーカイブ

【医学】脱「トランス脂肪酸」広がる=健康志向でマーガリンなど-食品・外食

1: しじみ ★ 2018/05/20(日) 00:37:22.96 ID:CAP_USER
 マーガリンなどに含まれる「トランス脂肪酸」。
摂取し過ぎると悪玉コレステロールが増え、心臓病などのリスクが高まるとされ、使用を制限する国も出てきた。
日本では規制はないが、健康志向の高まりに伴い、食品・外食企業でトランス脂肪酸の使用を減らす動きが広がっている。

 明治、雪印メグミルク、J-オイルミルズは今春までに、
家庭用マーガリン類の全製品でトランス脂肪酸を多く含む油脂を使わない製法に切り替えた。

3社は商品パッケージに「低減に取り組んでいます」などと記載したり、自社ホームページで狙いを説明したりしている。
明治広報部は「安心して食べてほしい」と話している。
 外食大手では、日本マクドナルドが2007年に揚げ油を変更し、フライドポテトのトランス脂肪酸を5分の1に削減。
「ミスタードーナツ」を運営するダスキンも同年12月からトランス脂肪酸の少ない揚げ油を使っている。
 世界保健機関(WHO)は、摂取する総エネルギーに占めるトランス脂肪酸の割合を1%未満に抑えるよう勧告している。
この割合が平均2%超に上る米国では、来月からトランス脂肪酸を多く含む油脂を食品に使うことが原則禁止される。
 一方、日本の場合は1%未満にとどまり、政府の食品安全委員会は「通常の食生活では健康への影響は小さい」とみている。
女子栄養大の川端輝江教授(脂質栄養学)は「トランス脂肪酸が多く含まれる加工食品を食べ過ぎないことが重要だ」と話している。

時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051900398&g=eco

【健康】バター、ラード、赤身肉などに含まれる飽和脂肪酸は体に悪い マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸が最も深刻  米研究

1: あしだまな ★ 2016/07/07(木) 11:44:55.01 ID:CAP_USER9
【AFP=時事】バター、ラード、赤身肉などに含まれる飽和脂肪酸が、早死リスクを上昇させることを確認したとする、30年間に及ぶ研究結果が5日、発表された。
その一方で、飽和脂肪酸をオリーブオイルなどの不飽和脂肪酸に切り替えることで、健康上の大きな恩恵が得られる可能性があるという。

 12万人以上を対象とした今回の調査結果をまとめた研究論文は、米医学誌「JAMAインターナル・メディシン(JAMA Internal Medicine)」に発表された。

 論文の主執筆者で、米ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院(Harvard University T.H. Chan School of Public Health)の博士号取得候補者のワン・ドン(Dong Wang)氏は、
「生物医学界や一般社会ではここ数年、食事に含まれる特定種の脂肪が健康に及ぼす影響をめぐり混乱が広がっている」としながら、
「今回の研究は、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸に取って代わる場合に、不飽和脂肪酸がもたらす重要なメリットを実証している」と話す。

 今回の研究における重要な発見の一つは、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸をより多く摂取している人ほど、
同量のカロリーを炭水化物から摂取している人に比べて、死亡率が高くなることだ。

 また、バター、ラード、赤身肉に含まれる飽和脂肪酸を、オリーブオイルや菜種油、大豆油などの植物性食品の不飽和脂肪酸に置き換えることは「健康上の大きな恩恵」となり、
「食事に関する勧告の中心的メッセージとして掲げ続けるべき」効果をもたらす可能性があることも分かった。

 研究結果は、医療従事者を対象に2~4年ごとに最長で32年間にわたり実施した、食事、生活スタイル、健康などに関するアンケート調査に基づくものだ。

 健康に及ぼす影響に関しては、半硬化油製品であるマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸が最も深刻だった。

 今回の研究では、トランス脂肪酸の摂取量が2%増加することに、早死リスクが16%高まることと関連していることが明らかになった。
飽和脂肪酸については、摂取量が5%増加することに、死亡リスクが8%高まるという関連性がみられた。

 一方で、不飽和脂肪酸の大量摂取については「同量のカロリーを炭水化物から摂取するのに比べて、全体の死亡率を11~19%の範囲で低下させることに関連していた」としている。

 ここでの不飽和脂肪酸には、魚油や大豆油、菜種油などに含まれるオメガ3やオメガ6などの多価不飽和脂肪酸も含まれている。

「飽和脂肪酸を不飽和脂肪酸、特に多価不飽和脂肪酸に切り替えた人は、飽和脂肪酸の大量摂取を続けた人と比較して、
調査期間全体での死亡リスクが有意に低かった上、循環器疾患、がん、神経変性疾患、呼吸器系疾患などによる死亡リスクも低かった」と論文は指摘している。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000021-jij_afp-int

タニタ発言!「トランス脂肪酸=食べるプラスチック」!?

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/12(土) 10:59:18.27
http://www.j-cast.com/2015/12/11253032.html?p=all

問題となったツイートは、2015年12月9日に投稿された。「弊社は健康企業ですが、その中の栄養士さんも度合いは様々です」
と前置きし、「甘いものは心の栄養だから取りすぎなければいいよ。その分動け」という「穏健派」の「発言」と「生クリームは
食べるプラスチックだから。害しかないから」という「過激派」の「発言」を紹介し、「栄養士さんも人間だなぁと改めて感じる」
と感想を記している。

投稿後、「そういう栄養士を採用するのか…」「トンデモ栄養士」「エセ科学」「勉強し直せ」とツイートへの疑問、批判の
声が相次ぎ、まとめサイトまで作られた。

■乳製品に含まれる成分が体内で「ボンド」になる??

また、ここで言う「生クリーム」は植物性のホイップクリームか、純生クリームか、それとも2つが混ざったコンパウンドクリーム
かは説明されていない。

「プラスチック」の意味するものも不明だが、一部ツイッターユーザーは海外で「プラスチックオイル」とも呼ばれ、過剰摂取に
より心疾患のリスクを高めるトランス脂肪酸を指したのではないか、と推測している。

実際、コンパウンドクリームのトランス脂肪酸含有量は他の食品と比較すると際立って高い。農林水産省の公式サイトには、純生
クリームが100グラム中1.0から1.2グラムなのに対し、コンパウンドクリームは9.0グラムから12グラムも含まれるとの計測結果が掲載
されている。ツイートにある栄養士の発言は、こうした結果を踏まえていた可能性もある。

実際のところ、「生クリームは食べるプラスチック」なのか。管理栄養士の東濱理沙さんは、J-CASTニュースの取材に「それは過剰な
言い方かと思います」と語る。その一方、「乳製品に含まれる成分『カゼイン』が体内でボンドと同じような働きをする、とおっしゃる
著名な先生方もいます。あながち荒唐無稽な話とは言えないかもしれません」とも話した。

デブが摂取しすぎて問題化!トランス脂肪酸が瀕死!!

1: ミッドナイトエクスプレス(長野県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/06(金) 21:10:43.58 ID:GEgH0wPS0.n
日本でも新常識として「マーガリンやサラダ油は危険!」とママたちの間で囁かれている。
だが実は、この事実には大きな勘違いがあるようで…。その事実を確かめるべく、 「NPO法人食の安全と安心を科学する会」理事長・山崎毅氏に聞いた。

● マーガリンやサラダ油を使っても、まったく問題ない!
「日本国内の脂質摂取状況は米国とは異なるため、現時点で心配する必要はありません。
トランス脂肪酸自体は、お肉や乳製品に普通に含まれる脂質の一種なので、これを摂取すること自体、安全性には問題がないというのが事実です。
ただし、欧米のように菓子パンやらクッキーやらで過剰摂取し、トランス脂肪酸の摂取量が、1日の摂取エネルギー比率で2~3%を超えてくると、
栄養バランスが偏り、血中悪玉コレステロールのLDLが上昇することが報告されています。
そこでアメリカでは、今回の決断に至ったわけですが、現状の日本では、トランス脂肪酸の1日平均摂取量は約0.3%、
多い方でも1%に届くかどうかという調査結果が出ているので、健康に悪影響が出るような状況ではありません」(山崎氏 以下同)

マーガリンを食べても問題ない? 「トランス脂肪酸」摂取の誤解
http://news.livedoor.com/article/detail/10788452/
no title

【健康】トランス脂肪酸「うわさの真相」に迫る 日本で「規制対象外」なのは何故?

1: ニライカナイφ ★ 投稿日:2015/09/06(日) 02:20:11.06
◆トランス脂肪酸「うわさの真相」に迫る 日本で「規制対象外」なのはなぜ

■カレールーやケーキ、スナック菓子など、おいしいものには入っている

「食べるプラスチック」などと呼ばれ、
「トランス脂肪酸は摂ってはいけない」という意識が高まっている。
しかし、なぜ体に悪いのか、どれくらい食べると影響がでるのかなど、
「実はよく知らない」と言う人も多いだろう。

2015年6月、「米食品医薬品局(FDA)がトランス脂肪酸の使用を
3年後に禁止する」というニュースが多くのメディアで報道され、
話題になった。
「健康オイル」ブームの中で、消費者の注目が集まっている。
トランス脂肪酸に関する「うわさの真相」を確かめた。

■禁止されたのはトランス脂肪酸じゃない

正確には、FDAが規制の対象とするのはトランス脂肪酸ではなく、
部分水素添加油脂(PHOs)だ。
PHOsとは、液体の植物油に水素を添加してつくる半固体
または固体の油脂のことで、マーガリンやショートニング、
ケーキ、スナック菓子等に多く含まれる。
この水素添加の過程でトランス脂肪酸が多く生成されるため、
FDAはPHOsを「安全とは認められない」として、
3年後には食品への使用を原則として禁止する。

トランス脂肪酸は水素添加の過程以外に、
植物油を精製する際の脱臭の過程でも発生する。
また、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品の中にも天然の
トランス脂肪酸が微量に含まれている。
PHOsの使用を禁止してもトランス脂肪酸が完全になくなることはない。

トランス脂肪酸が悪者とされる最大の理由は、
心臓病のリスクを高めることだ。
トランス脂肪酸はLDL(悪玉)コレステロールを増加させ、
HDL(善玉)コレステロールを減少させる働きがあるといわれている。
また、動脈硬化などによる虚血性心疾患のリスクを高めるとの報告もある。

■マーガリンをバターに換えたら?

トランス脂肪酸といえば、マーガリンを思い浮かべる人が多いだろう。
食品安全委員会の調査によると、日本で市販されているマーガリンには
100グラム中に平均7グラムのトランス脂肪酸が含まれている。
近年では企業努力によって低減されており、
たとえば雪印の「ネオソフト」は100グラム中0.8グラムで
平均を大幅に下回っている。
トースト1枚に塗る量を10グラムとすると0.08グラム。
一方、バター10グラムにはトランス脂肪酸が平均0.2グラム含まれており、
ものによってはマーガリンよりもトランス脂肪酸を多く含む。
トランス脂肪酸はほかにも植物油、コーヒークリーム、ケーキ、
パン、ビスケット、スナック菓子、マヨネーズ、カレールーなど
さまざまな食品に含まれている。

画像:http://amd.c.yimg.jp/amd/20150905-00000000-jct-000-1-view.jpg

J-CASTニュース 9月5日(土)11時30分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150905-00000000-jct-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150905-00000000-jct-soci&p=2

>>2以降に続きます。