エール」タグアーカイブ

【芸能】トシちゃん、ジャニーズ退所の3人を激励「意気込みにエールを送りたい」

1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2017/06/24(土) 18:25:23.25 ID:CAP_USER9
歌手・田原俊彦が24日、東京・品川のステラボールで73枚目となる新シングル
「フェミニスト」の発売記念パーティーを開催。開催前に囲み取材を行い、
昨年末で解散した元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が、
ジャニーズ事務所との契約を期間満了となる9月8日をもって終了することについて
「出ていって勝負をかける意気込みにはエールを送りたい」と激励した。

 自身も1994年に同事務所から独立した田原は3人に向け、
「いいんじゃないんですか。十分、会社には貢献したと思う。四半世紀に渡る大活躍だった」
とコメント。続けて「僕なんか33歳で卒業した。40歳過ぎのいい中年ですよ。
それなりにみんな実績もありますし、やっていく自信もあるんでしょう」と推察した。
「残る人は残る人。出ていって勝負をかける意気込みにはエールを送りたいですね」と
背中を押した。自身の独立についても「今、こうして振り返っても、あの時に決断して
今がある。全くの後悔はない」と言い切っていた。

 「フェミニスト」について「女性への応援曲。今だから歌える。20代、30代じゃ
歌えなかった」とアピールしていた。囲み取材では報道陣の要請に応え、足上げも披露。
「踊れるうちは踊ろうかな」と力強く語っていた。報道陣の中に飛び込んで笑わせるなど
トーク力も健在だった。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000323-oric-ent
no title

「嫌われアッコ」発言にネット感動 「乳がん」麻央へのエールが大反響

1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/06/13(月) 03:03:06.93 ID:CAP_USER9
歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)がフリーアナウンサーの妻、小林麻央さん(33)の乳がんを会見で公表したことを受け、
「芸能界のご意見番」こと歌手の和田アキ子さん(66)が小林さんの容態を気遣った。自身も過去に子宮がんが見つかった経験から、他人事とは思えないようだ。

和田さんの発言はネット上で批判を浴びることも多い。だが、今回ばかりは「経験者の言葉は重い」などと共感の声が広がっている。

子宮摘出時は「発狂寸前まで泣いた」

2016年6月11日放送のラジオ番組「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」に出演した和田さんは、
海老蔵さんが行った9日の会見の話題を取り上げ「びっくりしましたねー…」と切り出した。

最近では、女優の南果歩さん(52)が初期の乳がんを患い、3月に手術を受けたことを公表。元プロレスラーでタレントの北斗晶さん(48)も
15年9月、乳がんのため右乳房全摘出手術を受けたことを明らかにするなど、相次ぐ芸能人の乳がん公表が注目を集めている。

和田さんは2人の例を挙げながら「私も30代の時、結婚して2か月で子宮がんを患った」と自身の経験を振り返った。医師からは子宮の全摘出を勧められ、

「私は私で『子どもが産めない』とか『女でなくなるから』とかって、ちょっともう発狂寸前まで泣きました」
と、当時の辛い胸の内を思い返した。ただ、その甲斐あって「結果、今、元気です」とのこと。

麻央さんについては、乳がんが見つかってから1年8か月が経過していることに触れて「がんによって違いますけど、
思った以上に重いんじゃないかと…」と現在の容態を心配しながら、「元気になってほしい」と願った。

子宮がんと乳がんという違いはあるが、女性特有のがん経験者として、
特に思うところがあったようだ(男性乳がんの症例数は乳がん全体の1%未満)。

また、女性が恥ずかしさなどを理由に乳がんや子宮がんの検診を嫌がる傾向にあることも指摘し、「早期発見だったら、なんでも治るんだから。絶対に調べてもらったほうがいい」と訴えた。

「経験者の言葉は重い」「横暴三昧のマスコミを何とかして」

和田さんといえば、冠番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)等での発言内容がインターネット上で批判を呼ぶこともしばしばだ。

過去には、歌手の宇多田ヒカルさん(33)の出産発表を「新曲のプロモーションでは?」と勘ぐったり、
歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(44)から携帯電話の変更連絡が届かなかったことに「もう電話しない」とへそを曲げたり…と、「失言」としてバッシングされた例を挙げればきりがない。

2015年には、川島なお美さん(享年54)の訃報を取り上げながら、お悔やみの言葉を一言も口にしなかったことでも疑問の声が相次いだ。

ただ、今回のラジオ発言には、ネット上でも「珍しく」称賛の声が上がった。

「アッコさんええ事言うわ!」
「アッコさんの言葉が染みますね。経験者の言葉は重い」
「今はバラエティ番組で『和田アキ男』とか言われていじられて、それで笑ってるけど、彼女は昔あの辛い経験を乗り越えてきてるんだよね」
中には「アッコさんの力で、横暴三昧のマスコミを何とかして」と、海老蔵さんの会見前後に執拗な取材を行ったマスコミに対して声を上げるよう求める意見もあった。

翌6月12日放送の「おまかせ!」では、同会見のニュースが「10代~60代男女200人に聞いた今週のニュースランキング」で1位に選ばれたが、和田さんからこれに関する言及はなかった。

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jcast-269407/1.htm
2016年6月12日(日)13時43分配信 J-CASTニュース