ウソ」タグアーカイブ

【健康】「汗をかいてデトックス(毒素排出)」はウソ 

1: 野良ハムスター ★ 2018/04/14(土) 22:59:58.79 ID:CAP_USER
発汗は、今や健康や美容のトレンドになっている。遠赤外線サウナからホットヨガまで、タオルが汗でびっしょりになるアクティビティはリラクゼーション効果があるだけでなく、体の毒素を排出して健康を保つとも言われている。

だが、汗をかいて毒素を排出するという説は、汗をかいて弾丸を搾り出すというのと同じくらいありえない話であることが、最新の研究で明らかになった。科学者たちも長年密かに疑っていたことだが、汗と一緒に毒素も排出されるというのは、都市伝説に過ぎなかった。

人間が汗をかくのは体温を下げるためであって、老廃物や有毒物質を排出するためではない。その役目を負うのは、腎臓と肝臓である。もちろん、都市伝説の中にも一粒の真実はあるものだ。この場合も例外ではない。汗の成分の大部分は水とミネラルだが、様々な種類の有毒物質も含まれている。

ただし、学術誌「Environment International」に掲載された研究報告によれば、その量はごくわずかだという。

「どの程度の量かということは、常に問うべきです」と、化学者のジョー・シュワルツ氏は言う。「汗を分析すると多くの物質が見つかりますが、化学物質があるからと言って必ずしも危険なわけではありません」

■汗に含まれる汚染物質の量は?

シュワルツ氏は、カナダ、マギル大学の科学社会事務局長を務めている。科学に関する都市伝説を検証する同局には、医療詐欺やエセ療法に関する問い合わせが山のように寄せられているという。そのなかには、体のデトックスをうたったものも数多い。

では、汗の中にはどれほど有害な物質が含まれているのだろうか。

ほとんどの汚染物質に関しては、その量はあまりにわずかで、あってもなくても変わらないと、今回の研究を率いたパスカル・インベルト氏は言う。インベルト氏は、カナダ、オタワ大学の運動生理学者で、体脂肪に蓄積する汚染物質の研究をしている。

これらの物質は「残留性有機汚染物質」と呼ばれ、農薬、難燃剤、そして現在は禁止されているもののまだ環境中に残っているポリ塩化ビフェニル(PCB)などがある。食品や環境中に存在する「毒」と一般に考えられているが、脂肪に引き寄せられる性質があるため、大部分が水でできている汗には溶けにくい。(参考記事:「有毒物質PCBへの耐性を獲得した魚」)

インベルト氏と研究仲間が調べた結果、普通の人が1日45分間の激しい運動を行ったとしても、1日の発汗量はせいぜい2リットルほどだった。これには、運動していない平常時の発汗も含まれる。そして、それだけの汗をかいても汚染物質は0.1ナノグラム以下しか含まれていない。

言い換えると、「普段の食生活で体内に取り込む汚染物質のうち、汗で出る量は0.02%に過ぎません」と、インベルト氏は言う。さらに運動を激しくしたとしても、0.04%程度までしか増えない。

つまり、どんなに大量の汗をかいたとしても、その日体内に摂取した汚染物質の1%すら排出できないということだ。

ただし、ほとんどの人間の体内にある農薬やその他の汚染物質の量自体、極めて微量であるということも覚えておいてほしい。分析化学者の功績により、今では1兆分の1単位で物質を検出できるようになったが、だからといってそのわずかな物質がすぐさま有害であるとか、減らせば健康に良いといった話にはならないと、シュワルツ氏は言う。(参考記事:「米国 汚染地に暮らす」)

>>2につづく
no title

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/041200164/

日本人が実践する健康法の「大ウソ」このままでは寿命が縮みます!

1: 名無しさん@涙目です。(静岡県) [KR] 2018/03/07(水) 18:24:38.90 ID:Oavqv7jw0● BE:368413384-2BP(2000)
週刊現代の特集「逆さま健康法」には大きな反響があった。信用に足るかどうか怪しい情報が溢れているのは、
食品も同じ。身体に良かれと思っていた食生活が、実は寿命を縮めていた――。

ウコンは肝臓に悪い
二日酔い対策のため、飲み会の前にウコン入りのドリンクをコンビニで買って飲む――。ウコンは肝臓の機能を回復させ、
アルコールの分解を促進するため「身体にいい」と思い込んでいる人は少なくない。ところが近年そのウコンが人によっては、健康被害をもたらしていることが明らかになっている。

「以前、全国の肝臓学会の会員施設に対して、健康食品が原因となった肝障害について調べた結果、原因の1位になったのがウコンだったのです」

こう語るのは名古屋大学大学院医学系研究科・教授の石川哲也氏だ。同氏によれば肝機能が落ちている人は、ウコンを飲むことでかえって肝障害を悪化させる危険性もあるという。

「肝機能の数値が悪いのを回復させようとしてウコンを飲むのはおすすめしません。
特に、C型慢性肝炎や非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)は肝臓に鉄分が溜まりやすい病気です。そのため鉄分を多く含むウコンを飲むと余計に悪化してしまう危険性がある。

肝臓の数値が悪いからと自己判断でウコンを飲み続けると、知らないうちに肝障害がより悪化する危険もある。

まずは医者に相談し、正しい診断を受け、ウコン入りの健康食品を摂る場合は成分表示をしっかり見て鉄分量を確認してください」(石川氏)

ウコンは、別名ターメリックと呼ばれ、胆汁の分泌を促すというメリットもある。しかし、それ以上に「同時に鉄分を摂りすぎてしまう」というデメリットのほうが大きいのだ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50909?page=2

no title

【芸能】夏目三久激白!妊娠、結婚、熱愛、降板…報道は全て“ウソ”

1: 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止 2016/09/01(木) 06:35:31.51 ID:CAP_USER9
スポニチアネックス 9月1日(木)6時31分配信

 お笑い芸人の有吉弘行(42)の子供を妊娠し年内結婚へと報じられた
フリーアナウンサーの夏目三久(32)が31日、スポニチ本紙の取材に応じ
「全て事実ではありません」と全面否定した。夏目が妊娠結婚報道について
語ったのは初めてで、番組降板と交際も「本当にありません」と誤報であることを強調。
事務所が否定しても「別の子を妊娠か」と臆測が広がる状態に
「このままでは自分の気持ちが壊れてしまう」と、取材に応じた心情を明かした。

 一部スポーツ紙で24日に「夏目三久妊娠 有吉の子供 結婚は未定」と
衝撃的な見出しで報じられてから1週間。司会を務めるTBS「あさチャン!」に
今週から夏休みで出演していないため、動向がまったく分からなくなっていた渦中の夏目が
本紙の電話取材に初めて真相を語った。

 ――一部メディアで有吉さんの子供を妊娠したと報じられたが?

 「女性にとってこれ以上ない極めて私的な内容が断定して書かれてあったので、
とても驚きましたし、あまりにひどい内容に大変ショックを受けました」

 ――妊娠の事実は?すぐにコメントはしていなかったが?

 「自分が務める情報番組で、あのような極めて私的な話をするのはどうかと
思ったのと書かれてあった内容へのショックが大きく、コメントするのは控えました。
しかし、翌日も妊娠だ、年内結婚だと報じられ、所属事務所が事実無根と答えても、
ならば別の子かとまで臆測記事は広がり、もはや精神的に耐えられない状態が
続いていました。事務所にも私にも取材せず電話の一本すら入れていない
あのような記事は信用され、事務所が事実無根と言っても信じてもらえない。
でも、もうはっきり言わせていただきます。このままでは自分の気持ちが
壊れてしまう。記事に書かれているような事実は一切ありません。誰も信じて
くれなくても、もう一度言います。事実ではありません」

 ――番組の降板、交際、結婚についても?

 「記事に書かれているような事実は本当にありません」

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/01/kiji/K20160901013272540.html
熱愛、妊娠報道を完全否定した夏目三久 Photo By スポニチ
no title

【結局何食ったらいいんだ】60歳すぎたらコレを食べちゃダメ!健康情報のウソを見破る一覧表大公開

1: ◆qQDmM1OH5Q46 投稿日:2016/05/14(土)22:30:50
【保存版】60歳すぎたらコレを食べちゃダメ!健康情報のウソを見破る一覧表大公開 魚もコーヒーも納豆もNG?

「肉より魚」「牛肉より鶏肉」はどちらも間違い? 納豆は1日1パック以上食べてはいけない? 生野菜は身体に悪い? 「白米より玄米」も間違い?

運動は健康にいいと思い込み、長時間歩き続けたがために膝を痛めてしまう。
それと同じで、実は体にいいと思っていた食材が、寿命を縮める可能性がある。常識を覆す、目からウロコの情報を公開する。

「脂肪は悪」は古い常識

「よく『歳をとったら肉をやめて、魚を多く食べたほうがいい』と言いますが、それは大間違いです。
動物性脂肪を摂り過ぎるとコレステロールが上がり、動脈硬化が進むと思われがちですが、
近年の研究で、コレステロール値が高い人のほうが長生きすることが明らかになっているんです。

コレステロールは骨や筋肉にとって欠かせないビタミンDの素になっているので、
これが減ると寝たきりになるリスクも高まる。また『ハイポゴナディズム』と呼ばれる男性の更年期障害や老化にもつながります」

こう語るのは、『生涯現役「スーパー老人」の秘密』や『なにをどれだけ食べたらよいか。』などの著者で、
桜美林大学名誉教授の柴田博氏だ。氏はさらに続ける。

「肉には脳を動かすセロトニンを作り出す必須アミノ酸のトリプトファンが多く含まれていますが、
これが不足すると、うつや認知症を引き起こす可能性がある。魚からもトリプトファンは摂れますが、
肉に比べて含有量が少ないので、60過ぎてもボケないで健康に長生きするためには、
肉をしっかり食べる必要があるんです」

続き 現代ビジネス 全6ページ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48629