こちら葛飾区亀有公園前派出所」タグアーカイブ

【芸能】松本人志、「こち亀」作者秋本氏に「最終回はゴルゴ捕まえて」と提案 秋元氏「いいアイディアですね。書きたかった」

1: 黄金伝説 ★@無断転載は禁止 2016/09/04(日) 15:11:05.05 ID:CAP_USER9
 4日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)で、人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の作者、秋本治氏(63)が17日発売の「週刊少年ジャンプ」で連載を終了とすることを自ら発表した。

 なかなかテレビ出演はないという秋本氏は、MCのお笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(52)を“警戒”しており、同じMCのタレント、東野幸治(49)は「松本さんがガンガンしゃべって怖いんで、それをさえぎって僕に話をフッてください」と本番前に相談されていたことを暴露。しかし、松本には「丸聞こえ」だったことがわかりスタジオは爆笑。松本は「僕、先生のこと本当に尊敬してますからね。僕は尊敬する方には一切そういうことは言わないです」と安心させていた。

 出演陣がそれぞれのこち亀への思いを語る中、東野が「秋本先生からお知らせがあるんですよね」と切り出した。秋本氏はそれに応じ「こち亀が40周年で、42号が40周年なんですけど、それをもって終了します」と連載終了を自らの口で発表し、出演陣は言葉を失った。こち亀の終了をそろって残念がる中、松本が「最終回ゴルゴ捕まえてほしいな」と漏らすと、秋本氏は「いいアイディアでしたね。ちょっと書きたかったですね」と意外な反応。それを受けた松本は「じゃあ特別読み切りで!」とさらに食い下がった。

 そして、連載終了を決断した理由について問われると「書いてて今でも楽しいんですよね。でもどこかでやっぱり長編作品というのは終わりにしなければならないんで、ちょうど200巻というのも大きい節目になりましたね。200巻だとちょうどまとまるし、ちょうど40周年のお祝いの時に、両さんってお祭り好きだから、その時にお祭り『ワァー』ってやって姿消すっていうのが、最高のエンディングかなと思って。キャラ的にも」と明かした。

 また、最終話の原稿に取りかかるのは「これから」だといい、アイデアについては「だいたいあります」とコメント。今後について「漫画家は辞めるつもりはなくて、(こち亀と)同時並行で書いてた作品もあるので、そっちを続けようかなというのも考えてます」と語った。

 最後に、松本が「僕はずっと終わらへんというような気がしてたんでちょっとまだショックなんですよ。(巻数が)4桁までいくんじゃないかなって。背表紙どうなんねやろって」とコメントし、スタジオの笑いを誘った。

 秋本氏は3日、東京都千代田区の神田明神で開かれたイベントで、17日発売の「週刊少年ジャンプ」で約40年間にわたる「こち亀」の連載の終了を発表。17日には節目となるコミックスの第200巻も発売し、これが最終巻となる。

http://www.sanspo.com/geino/news/20160904/owa16090411470003-n1.html

【芸能】舞台「こち亀」、原幹恵の“秋本麗子”に原作ファンが「イメージが合わない!」

1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/07/12(火) 18:26:16.46 ID:CAP_USER9
大人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台が10年ぶりに帰ってくる。
9月9日スタートで、7月7日には主要キャストが勢揃いして亀有の香取神社で成功祈願を行った。

主人公の「両さん」こと両津勘吉を演じるのはこれまでと同様にラサール石井。
中川圭一や秋本麗子は前回からキャストが一新された。

ところがその新キャストに不満の声が上がっている。特に麗子を演じる原幹恵に批判が集中しているのだ。なんでもあまりにイメージが違いすぎるのだという。

麗子は両津と同じ派出所に務める部下で、実は大金持ちのお嬢様という設定。容姿端麗で頭脳明晰、ナイスバディのスーパーレディであり、
原幹恵が持つイメージとは“ボディ以外”はかけ離れている。

「麗子のイメージに合う女優はなかなかいません。以前の舞台では森下千里や大河内奈々子が演じましたが、しっくりきませんでした。
テレビドラマでは香里奈でしたが、これも批判を受けています。特に原作者の秋本治氏は
香里奈が演じたことに不満だったとか。原はまだいいほうだと思うのですが‥‥」(マスコミ関係者)

さらに「俺の麗子をずさんに扱うな!」と声を張り上げる熱心な麗子ファンの存在が事態をややこしくしているという。

「麗子はスーパーレディとして描かれていますが、初登場した時は“今風の尻軽ギャル”として描かれていました。
その時のイメージなら原も大きく外れてはいない。現在ではなく、昔の麗子と思い込んで見れば十分いけるかもしれませんね」(週刊誌記者)

いつの日か麗子を演じることができるスーパー女優が誕生すると信じたい

http://dailynewsonline.jp/article/1161512/
2016.07.12 05:59 アサ芸プラス