うつ病」タグアーカイブ

【健康】知られざるリスク、米国人の3人に1人がうつ病の副作用ある薬を服用 経口避妊薬や胃の制酸薬、心臓病の薬など

1: みつを ★ 2018/06/13(水) 16:44:09.42 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3178310?cx_part=top_latest

知られざるリスク、米国人の3人に1人がうつ病の副作用ある薬を服用
2018年6月13日 15:53 
発信地:タンパ/米国

【6月13日 AFP】米国人の3人に1人が、うつ病のリスクを高める恐れがある医薬品を服用しているとの研究結果が12日、米国医師会雑誌(JAMA)で発表された。

 この論文によると、これらの医薬品は広く普及している経口避妊薬や胃の制酸薬、一般的な心臓病の薬などの処方薬や市販薬で、副作用としてうつ病を引き起こす可能性があることが知られていない可能性があると指摘している。

 イリノイ大学シカゴ校(University of Illinois at Chicago)のディマ・クァト(Dima Qato)助教(薬剤システム)は「服用している薬が、うつの症状が現れるリスクを高めたり、うつ病の発症につながったりする恐れがあると知ると驚く人も多いのではないか」と述べた。

 この研究によると、うつの症状が現れるリスクが最も高いのは、副作用でうつ病が引き起こされ得る薬を複数同時に服用している人だった。こうした薬を同時に3種類以上服用した成人の約15%に服用中にうつの症状が現れたのに対し、薬を一切服用しなかった人はわずか5%、1種類しか服用しなかった人は7%だった。

 ブラックボックス警告と呼ばれる明確な警告文で自殺のリスクを表示しているのは抗うつ薬だけだ。降圧薬、「プロトンポンプ阻害薬」と呼ばれる制酸薬、鎮痛薬、経口避妊薬などの一般的な医薬品のパッケージでは、こうした警告文はもっと分かりにくく表示されているか、全く表示されていないかのどちらかだ。このため多くの患者が、こうした一般的な薬の副作用としてうつ病のリスクがあることに気付いていない恐れがあるという。

 米保健当局は1週間前、米国の自殺率は過去20年で30%増加しが、自殺者の約半数は精神病と診断されていなかったと発表していた。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

【生活】うつ病は遺伝? 新たな証拠を発見 研究

1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/08/02(火) 17:02:52.30 ID:CAP_USER9
【AFP=時事】
大うつ病性障害(MDD)と関連性のある17種類の遺伝的変異を発見したとする研究論文が1日、発表された。
うつ病に遺伝的リスクがあることを示す新たな証拠だという。

米科学誌ネイチャー・ジェネティクス(Nature Genetics)に論文を掲載した研究チームは、今回の発見によって、
MDDに関連する生物学的要因についての理解が深まり、治療を行う上での道筋がつけられたとしている。

MDDは、単に「うつ病」としても知られる精神疾患の一つで、大半の専門家はその原因について、遺伝要因と環境要因との複合と考えている。

今回の研究では欧州系の人々の間で初めて、MDDの遺伝的関連性が確認された。
これ以前にMDDの遺伝的証拠が明らかにされていたのはアジア人だけだった。

研究チームは、こうした研究のために任意で共有されている45万人以上の遺伝子プロファイルを用いて研究を行った。
このうち約12万1000人には、うつ病の既往歴があったとされている。

論文の共同執筆者である米マサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)のロイ・パーリス(Roy Perlis)氏は声明で、
「今回の発見によって、うつ病は脳疾患だとの認識が広まることを期待している」とし、
「今後は今回の新たな考察を生かして、より良い治療法を開発するという重大な仕事が待っている」と述べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160802-00000022-jij_afp-int
AFP=時事 8月2日(火)12時7分配信

【統計】腸内の善玉菌が少ないとうつ病リスクが高いことを明らかに

1: もろ禿HINE! ★@無断転載は禁止 2016/06/10(金) 17:55:27.36 ID:CAP_USER
【プレスリリース】腸内の善玉菌が少ないとうつ病リスクが高いことを明らかに – 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/47216

国立精神・神経医療研究センター神経研究所(所長 武田 伸一)の相澤恵美子研究員と功刀 浩部長(疾病研究第三部)とヤクルト本社(社長 根岸 孝成)の辻 浩和室長(中央研究所)らを中心とする共同研究グループは、43人の大うつ病性障害患者と57名の健常者の腸内細菌について、善玉菌であるビフィズス菌と乳酸桿菌の菌数を比較したところ、うつ病患者群は健常者群と比較して、ビフィズス菌の菌数が有意に低いこと、さらにビフィズス菌・乳酸桿菌ともに一定の菌数以下である人が有意に多いことを世界で初めて明らかにしました。この結果から、善玉菌が少ないとうつ病リスクが高まることが示唆されました。

 本研究成果は、オランダ時間2016年5月24日に科学雑誌Journal of Affective Disordersのオンライン速報版で公開されました。

http://dx.doi.org/10.1016/j.jad.2016.05.038

(以下略)

1日に4杯のコーヒーで2割減!「カフェインとうつ病」の関係とは

1: たんぽぽ ★ 投稿日:2016/05/14(土) 21:49:09.98 ID:CAP
http://news.biglobe.ne.jp/trend/0514/wor_160514_9426530103.html
月14日(土)21時0分

GWが明けて今の時期は特に、気分がのらない、体がだるい、疲れやすいなど「私、プチうつかも……」と思うときってありませんか?

ただ、そんな“うつっぽい気分”をこじらせて、本当にうつ病になってしまったら……大変です! 何かうつ病を予防する手軽な方法はないのでしょうか?

そこで今回は米ハーバード公衆衛生大学院の調査を基に、コンビニでも買える“うつ病の予防に効果的な飲み物”をご紹介します。

■1:“気分的な落ち込み”と“うつ病”の違い
そもそも、“うつ病”と“単なる気分的な落ち込み”との違いは何なのでしょうか?

厚生労働省によれば“気が重い”“やる気がでない”など、一般的な心身の変化を、“抑うつ気分”と呼ぶそうです。あくまでも“気分”ですね。

その一時的な“気分”が強く続く状態を“抑うつ状態”と言い、さらに“抑うつ状態”が2週間以上続くなど深刻化すると、“うつ病”と診断されるそうです。何とか日常的に予防をしたいものですね。

■2:ストレスにも負けない!? うつ病予防にコーヒーが効果的
そんな人達に役立つ飲み物がコーヒーなんだそうです。米ハーバード公衆衛生大学院の調査によれば、1日4杯のコーヒーが“うつ病のリスク”をなんと20%も下げると確認されたのです

米ハーバード公衆衛生大学院は、平均年齢が63歳の女性50,739人分のデータ10年分を調べて、カフェインの摂取量とうつ病の関係を調べました。

その結果、コーヒーから日常的にカフェインを取っている人は、うつ病になるリスクが低いという結果がでたそうです。一方で他のカフェインが含まれた飲料やチョコレートでは予防効果が確認できなかったとか。

具体的には、コーヒーを1日2杯から3杯飲んでいる人は、飲まない人と比べて15%うつ病になる割合が少なかったと言います。1日に4杯程度飲む人の場合は、なんと20%も。

もちろん、コーヒーは飲みすぎに注意が必要。欧州食品安全機関によれば、妊娠していない女性の場合、1日に400mgまでのカフェインにとどめておくべきだとされています。これはコーヒーにすると4杯程度です。

また、コーヒーの飲みすぎは不安障害を悪化させる恐れも知られています。

しかし、リラックスタイムに適量のコーヒーを飲むだけで、うつ病を予防できる可能性が高いとは朗報ですよね!?

以上、うつ病の予防とコーヒーの関係について紹介しましたが、いかがでしたか?

厚生労働省によれば体を動かす、自分の気持ちを日記に書いてみる、腹式呼吸をする、音楽を聴いたり歌ったりするなど心身のケアも大切だと言います。併せて参考にしてみてください。

首こりが原因?90%以上の人にうつ症状が発生

1: Ψ 投稿日:2016/02/09(火) 07:07:33.43 ID:BS1s2mct.ne
朝起きられない、動悸がする、光がまぶしい、風邪をひきやすい、頭痛やふらつきがある、
だるい、気分が落ち込みやすい、下痢や便秘になりやすい、何もしたくない…。そんな
体調不良がずっと続いているのに、健康診断でも特に異常は見当たらない。

「こういう症状を不定愁訴といいますが、自律神経失調の症状です。どこの病院の外来にも
この症状の患者さんは多くいますが、治らないので多くの病院を次々と受診する
“ドクターショッピング”を行い、毎年10兆円もの大金が無駄遣いされています。
そして実はこのような体調不良の大半の原因は“首こり”にあるのです」と指摘するのが、
医学博士の松井孝嘉さんだ。

松井さんは昨年、更年期障害、慢性疲労症候群、胃腸障害、ドライアイに悩んでいる人も、
首こりをとれば治るという著書『うつ 頭痛 めまい 不定愁訴 「首こり」をとれば
90%以上完治する』(小学館刊)を上梓した。

「簡単にいえば、首の筋肉のこりが自律神経失調状態を起こし、さまざまな体調不良を
引き起こしているのです。医学用語では“頸性神経筋症候群”といい、30年以上前に私が
発見しました。一般の人でもわかりやすいように“首こり病”とも呼んでいます」

http://www.news-postseven.com/archives/20120130_83612.html

http://ne-stra.jp/112.html