「広瀬 すずは超性格悪い」とクラスメイトの知人が生放送中に衝撃暴露! ネット上で話題に

1: secret name@シクトク 2017-05-21 16:03:56 ID:
5月17日に放送されたバラエティー番組「業界激震⁉︎マジガチランキング」(AbemaTV)にて、「10代男女に聞いたテレビに出ていたらチャンネル変えたくなる有名人ランキング」が発表され、大きな注目を集めている。
10代男女704人に聞いたというランキングを見てみると、4位に人間女優広瀬すずがランクインしていたのだという。チャンネルを変えたくなる有名人に、広瀬すずの名前を挙げた16歳の女性がVTRで登場した際に、「お姉ちゃんの友達が同じクラスで超性格悪いって言ってました」これにはスタジオの出演者もびっくりして「えぇー!」と驚きの声をあげた。
他にもランキングトップ10には、りゅうちぇる、鈴木 奈々、子役では寺田 心などがランクインした。
no title

【芸能】<清水富美加>レプロとの契約終了を発表!「ご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます」

1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/20(土) 18:34:28.96 ID:CAP_USER9
宗教団体「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加が20日、所属していた芸能プロダクション・レプロエンタテインメントとの契約が終了したと発表した。同日、レプロ側も本間憲社長名で、同内容の文書を発表した。

幸福の科学が公表した文書で、清水は「この度、私と株式会社レプロエンタテインメントとの間で締結しておりました専属芸術家契約が、今般、終了致しましたことを、ご報告申し上げます」と通知。

「これまで長年に渡り、私を応援して頂いたたくさんのファンの皆様方、支えて頂いた関係者の皆様、お仕事に起用して頂いた様々な企業様には、心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました」と思いをつづった。

一方で、「皆様には、一連の騒動により大変なご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪し、最後には「今後ともご支援とご愛顧のほど、何卒宜しくお願い申し上げます」と結んでいる。

清水は、千眼美子名義で行っているツイッターで、今月14日に「最近改めて気付き尊敬のまなざしを向けずにいれない事。世の中の働く女性の多くが『メイクをして家を出る』ということ。まじ、朝眠いのに。その眠気を統御し、綺麗にして行くという心意気。美意識。私は恥ずかしい気持ちになりました。頑張ろ。」と、最新の投稿をしている。

2017年5月20日 12時42分 マイナビニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13088240/

【芸能】キムタク、着物女優をエスコートせず レッドカーペット階段「ひとり飄々と」

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/20(土) 14:31:13.78 ID:CAP_USER9
https://www.j-cast.com/2017/05/20298480.html?p=all

元SMAPの木村拓哉さん(44)が「第70回カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットで見せた振る舞いが、国内のインターネット上で「ドン引き」などと不興をかっている。

問題視されたのは、木村さんが女優の杉咲花さん(19)を「エスコート」せずに、ポケットに手を突っ込みながら階段を先にのぼっていく姿だ。この日の杉崎さんは着物姿。両手で着物の裾をつまみ、いかにも歩き辛そうな様子だったが……。

約13年ぶり2度目のカンヌ

木村さんは主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)がアウト・オブ・コンペティション部門に選出されたことで、約13年ぶりにカンヌ映画祭に参加。現地2017年5月18日夜には、自身2度目となるレッドカーペットイベントに臨んだ。

日本から駆け付けたファンも多く、黄色い歓声が飛び交う中でレッドカーペットに登場した木村さん。オールバックの髪型にタキシード、黒い蝶ネクタイといったフォーマルな格好で、にこやかな表情でファンの声援に応えていた。

この日、木村さんと一緒に参加したのは三池監督と、作品のヒロインを務めた杉咲さん。3人はメディアのインタビューや写真撮影に応じながら、赤じゅうたんが敷かれた会場を進んでいった。

「事件」が起きたのは、3人の歩みが階段に差し掛かった場面だった。着物姿の杉咲さんが足のすそを両手でつまみ、歩き辛そうに一段一段ゆっくりと階段をのぼる中で、木村さんがスタスタと先へ進んでいったのだ。

結局、木村さんは三池監督と雑談を交わしながら、杉咲さんの方を一度も振り返ることなく全24段の階段をのぼり切った。ちなみにその間、木村さんは左手をズボンのポケットに突っ込んだまま。さらには、杉咲さんが2人に追いつくため、少し焦った様子で足を進める場面もあった。

「流石のキムタクも緊張してしまった」?

こうした木村さんの振る舞いに、カンヌ映画祭のYouTube中継を見ていた国内のネットユーザーからは批判的な声が相次いだ。ツイッターには、

「ポケットに手を突っ込みエスコートもせず先を歩く。相変わらず自己中だな」
「キムタクと監督のレディファーストをしない動作が凄く気になってしまった」
「エスコートもせず女性放ったらかしでポケットに手突っ込んだままひとり飄々と階段登るキムタク、ダサさ極まってる」
「いくら素敵な人でもドン引きする」
といった書き込みが相次いでいる。

ただ一方で、今回は木村さんが緊張していたためエスコートすることを忘れてしまったのではないか、などとして、

「流石のキムタクも緊張してしまった模様」
「カンヌはキムタクでもそんな風に舞い上がってしまう、すごい場所なんだな」
と理解を示すような意見も出ていた。

なお、カンヌ国際映画祭の公式YouTubeチャンネルでは20日11時時点で、「無限の住人」を含む8作品のレッドカーペットイベントの模様をおさめた動画が公開されている。J-CASTニュース編集部がその8本の動画を確認したところ、ドレスを着た女優に歩調を合わせず、男性陣がレッドカーペットが敷かれた階段を先にのぼっていったのは、今回の木村さんと三池監督だけだった。

【顔ダニ注意】あなたは一人じゃない…誰の顔にも住んでいて、寝て食べて、交尾して死んでいく「顔ダニ」に関する事実

1: secret name@シクトク 2017-05-18 13:48:39 ID:
ほとんどの人はその存在に気づくこともないが、ときどき酒さという顔の赤みやヒリヒリ感を引き起こす症状の原因になっていることもある。それが起きるのは、ストレスや病気のとき、あるいは免疫の低下しているときだ。

 年配の人ほどニキビダニが多く生息している傾向にあり、高齢者の3分の2が持っていると推測されている。また成人なら半分、子供なら3分の1にいる。

no title

全文はこちらから(閲覧注意)
http://karapaia.com/archives/52238755.html
no title

石原さとみが年々美しくなっていく過程がこちら

1: secret name@シクトク 2017-05-17 13:39:22 ID:
石原さとみが“23歳からメイクとかを頑張り始めた”って言ってたから、その1年前の2008年(22歳の時)から並べて見比べた。
そりゃ元がいいとかいい始めたらキリがないけど、明らかに綺麗になっていくのを見て、石原さとみ様これからもついていきますって思ってる。

no title

no title

no title

no title

https://twitter.com/miochanp/status/864031568045776897

やっぱり努力なんですねぇ…
no title

新種の絶対領域!マギー、120点のcで美ボディーを極める「くびれがキレイすぎる」「アラ、良い腹筋」

1: secret name@シクトク 2017-05-17 13:16:28 ID:
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/16/news142.html
 黒のロングスカートにボディーラインが浮き出たタイト目なトップスを合わせた、一流モデルのオーラ漂う写真を公開したマギーさん。スカートとトップスの間に発生した新種の絶対領域には、単純に細いだけでなくしっかりと鍛え上げられた腹筋が確認でき、立ち姿のかっこよさが異様に際立っています。映画で見る女性FBI捜査官みたい。

 ファンからは、「腹筋が素晴らしい」「キレイの腹筋だ」「アラ、良い腹筋」「くびれがキレイすぎるー!」「腹筋!!」など美しすぎる腹筋へのコメントが殺到。全員の視線が一点に集中していたようで、コメント欄には“腹筋”の2文字があふれかえっていました。

no title

no title

no title

【食】夏のコンビニ「主食サラダ」 健康志向で男性にも人気 「太りすぎちゃったので」

1: ばーど ★ 2017/05/16(火) 09:58:33.90 ID:CAP_USER9
この夏、コンビニではサラダをめぐる熱い戦いが繰り広げられています。注目は1品で食事が完結する「主食サラダ」です。

ローソンの新商品発表会。社長、自ら打ち出した新戦略は・・・
「今年度は250億円をサラダで売り上げていこう」(ローソン 竹増貞信 社長)

暑くなる7月に最も売れるサラダ。ローソンはサラダの棚を一段増やすと発表。これまで16だったサラダの数を26に増やします。そして、今年の一押しは・・・
「サラダだけでいいっていう客も結構増えてきている。1食完結型の『デリサラダ』です」(ローソン 竹増貞信 社長)

一品で一食がまかなえるようなボリューム感のあるサラダ。いわゆる“主食サラダ”です。ローストビーフをのせたサラダに、豆腐ハンバーグに五穀米、きんぴらごぼうまで入って盛りだくさんのサラダ。
大麦やキヌアなどの雑穀とツナポテトを和えたサラダも登場。サラダの一部には、自社農場で作った野菜を使っているといいます。

なぜ、主食になるサラダを開発したのでしょうか。背景にあるのは健康志向や低糖質ダイエットなどの広がりです。
サラダがメインで、ご飯や麺などは出さないサラダ専門店はこの1年で都内に30店舗近くオープン。
客の中心はこれまでダイエットや美容を気にする若い女性でしたが、最近、男性や高齢者の客も増えたといいます。

「太りすぎちゃったので、糖質制限をやろうと思って」(男性)
「前の日に食べすぎると、次の日はお昼を軽くしようと思って」(男性)

こうしたなかで、コンビニ各社はサラダに力をいれているのです。セブン-イレブンは具材を小さくカットしたチョップドサラダを強化。
税込480円と、お弁当並の価格ですが、スパイシーなチキンに具材は11品目。クルミも入ってボリューム感はなかなかです。

「売れ行きが堅調で約10%アップで年間推移している」(セブン‐イレブン・ジャパン商品本部 永井将人さん)

一方、ファミリーマートはライザップと共同開発した糖質50%オフの麺を使ったサラダを販売。
通常に比べて男性の購入比率が高いといいます。コンビニ夏の陣は「主食サラダ」で、熱い火花が散りそうです。

配信 5月15日 17時31分

TBSニュース(動画あり)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3053912.html

神田沙也加と村田充のペアルックに拒絶反応を起こす芸能人続出www

1: secret name@シクトク 2017-05-15 18:37:34 ID:
 また、パーティーでは沙也加がイチゴ柄のドレス、村田がイチゴ柄のネクタイだったと報じられた。

 坂上は「このお二人はペアルックが相当好きなんだなって気がしますけど」と指摘し、「男はやっぱりちょっと照れちゃわない?」と否定的。もっとも、タレント・野々村真(52)に、自身が前妻とハワイで挙式した際、「ペアルックだったよ。Tシャツ」とツッコまれていた。

 ブラックマヨネーズ・吉田敬(43)も「ペアルックだけは僕は着たことないですね。発想にないですもん。恥ずかしいですね。僕、一緒っちゅうのは。意味がないっていうか。絶対、どっちかが似合わないわけですから」と“男の本音”を口にした。

 女性陣も、ペアルックに応じる男性を肯定しつつも、タレントの熊切あさ美(36)は「いつも一緒はちょっとやっぱりいいかなって感じなんですけど、1回ぐらいはいいと思うんですけど。ただ何回も何回もは…」と抵抗感がありあり。

 ハイヒール・モモコ(53)も「披露宴あたりの一番ピークの時は着たいわ。大人になると着えへんなるで」と、今だけと言わんばかりに辛らつだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000081-dal-ent

no title

no title

no title

no title

http://secrettalk.me/images/talk/0-3328-1-MzM2Njg2NWFiMTA4NDYwNjkwMWJmOTlkOWRmZDFjMjhfdGguanBn-r-.jpeg

スザンヌが長男との本気キス写真をインスタに投稿 これは…いいのか…?

1: secret name@シクトク 2017-05-15 11:50:57 ID:
スザンヌはブログと連動したインスタに、仕事から帰ったらパジャマ姿で長男が玄関で出迎えてくれ、「情熱的なちゅーでおかえりしてくれました」と報告。「それを涙をこらえて妹が写真撮るっていう。笑」と、妹が涙をこらえながら撮影したという情熱的なキス写真をアップした。

 この投稿には、「これは熱烈すぎる!」「小さな彼氏ですね」と本気キスに驚いた声や、「涙ぐんじゃいました」「これはやばい」「素敵すぎる」「お子さん可愛すぎる」と感動のメッセージが続々と寄せられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000170-dal-ent

https://www.instagram.com/p/BUCJpfYhYf2/?taken-by=suzanneeee1028

http://secrettalk.me/images/talk/0-3327-1-bzA0MjAwNTk1MTMwMTg4MTUyODEuanBn-r-.jpeg

no title

【芸能】ベストマザー賞を授与した蓮舫に「彼女のどこがいい母親?」と大バッシング

1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/05/13(土) 06:44:15.65 ID:CAP_USER9
 民進党の蓮舫代表が5月11日、「ベストマザー賞」のプレゼンターを務めた。今年はプロフィギュアスケーターの荒川静香や女優の木村佳乃、後藤真希ら5人が選ばれ、同賞の顧問を務める蓮舫代表が賞を授与した

 これに対して世のママさんたちから「なぜ蓮舫がベストマザー賞を授与できるの?」と疑問の声が上がっている。

「蓮舫代表は2016年11月に放送されたバラエティ番組に出演し、自宅にカメラを入れて家族を含めた普段の暮らしを公開しました。その際、夫を家族の中で1番下、よりによってペットや植物以下に扱っていることを明らかにしたんです。それはひどい待遇でした。そんな彼女がベストマザーとは聞いて呆れるということでしょう」(スポーツ誌芸能デスク)

 さらに授賞式で子育てについて「1番こだわったのはあいさつ。『ありがとう』と『ごめんなさい』を言えるように教えてきました」と答えたからバッシングはよりエスカレートした。

「蓮舫代表は2016年に二重国籍問題が持ち上がりましたが、うやむやのまま終わっています。国籍の真相はともかく、問題になったことに対して一言『ごめんなさい』と謝ってもいいはず。当の本人ができていないのに、どの口が言うのかとママさんたちは憤っているわけです」(週刊誌記者)

 党の支持が低迷する中、主婦層を敵に回した蓮舫代表。今後どんなリーダーシップを見せるのか、注意深く見守っていきたい。

関連記事:“植物以下”の扱い!蓮舫が明かした家庭内序列に「夫が気の毒すぎる」の声http://asajo.jp/excerpt/20596

http://asajo.jp/excerpt/29237

1 2 3 4 5 6 122