食事」カテゴリーアーカイブ

【医療】「低炭水化物ダイエット」は危険 コメが主食の日本食が健康に良い 医師会と米穀団体が警鐘

1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/12(火) 23:07:59.85 ID:MltKIK1r0● BE:284093282-2BP(2000)
ご飯やパン、麺類などを控える「低炭水化物(ローカーボ)ダイエット」。体重を減らす効果があるとして若い世代を中心に人気だが、
医療関係者の間では「健康を損なう危険性がある」との声が強まっている。日本医師会と米穀安定供給確保支援機構主催の
「食育健康サミット」が十一月、東京都で開かれ、医師らが炭水化物を控えることの危険性を強調した。 (編集委員・安藤明夫)

 ローカーボダイエットは、炭水化物を控え、肉類などタンパク質や脂質中心の食事を取ることで体重を減量させる方法。
若い世代を中心に広まっているが、医学界では批判の声が強く、日本糖尿病学会は二〇一三年、「推奨できない」と提言している。
 サミットでは、栄養のバランスが乱れやすい同ダイエットの問題点を指摘する声が相次いだ。
 森谷敏夫・京都大名誉教授(応用生理学・スポーツ医学)は「炭水化物を取らないことで短期的に体重が落ちても、
体内の脂肪分は変わらず、水分が減っているだけの場合が多い。標準体重でも体脂肪率の高い“隠れ肥満”の若者は
むしろ増えている」と指摘した。森谷さんが女子大学生百三人を調査したところ、隠れ肥満は50%に達し、低血圧35%、
冷え性21%などの問題もあった。
 この学生たちに、正しいダイエットとして、管理栄養士が調理したご飯、みそ汁、魚、野菜、果物などの三食
(一食あたり四百キロカロリー)を二週間提供し、間食はしない生活を送ってもらったところ、体重は平均二・四キロ減。
体脂肪は一・七キロ、ウエストも三・七センチ減った。交感神経の活動や脂質代謝も向上したという。
 日本人の摂取カロリー量は昭和時代に比べ大幅に低下しているが肥満は増えている。
「肥満や糖尿病の増加は食べすぎのせいではなく、座っている時間が長いことが一番の原因。
立って動く時間を増やすことで、筋肉の減少を抑え、高齢期の介護予防にもつながる」と体を動かすことを勧めた。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201712/CK2017121202000182.html

【悲報】1日3食食うのはめちゃくちゃ健康に悪いと判明 未だに3食食ってるやつは情弱だぞ

1: 47の素敵な(玉音放送 typeR) 2017/12/10(日) 09:49:19.62
実は「1日3食」食べる方が健康に悪い?間違っていた食事の常識

『医者が教える あなたを殺す食事 生かす食事』(内海聡著、フォレスト出版)は、多くの著作を持つ人気の医師による新作です。

タイトルにあるとおり、テーマは「食事」。

そして基本コンセプトは、「健康になるために食事を機にするのではなく、生きるも死ぬもすべて自分の選択次第と考え、悪いものを食べるのも自己責任と考えること」だといいます。

Part 1「まずは『1日3食』をやめてみる」から、従来に常識を覆すトピックをご紹介しましょう。

■実は「1日3食」が不健康のもと!

「1日3食」が不健康をもたらすとは意外な気もしますが、このことについては、野生動物や古代人の食べ方、そして断食の理論がヒントになるのだそうです。

まず考えてみるべきは、「1日3食きちんと食べる野生動物がいるか」ということ。当然ですが、そんなことはあり得ません。

肉食動物は狩猟だけでもひと苦労。エネルギーを維持するためにかなりの時間を食事に費やす草食動物にも、律儀に食べる法則はないそうです。

古代人も野生動物と同様で、狩猟ができたときにまとめて食べることも多かったでしょうし、農耕がはじまったあとの時代でも1日2食、しかも粗食が一般的だったといわれているといいます。

にもかかわらず、飽食の現代人よりも健康的な肉体を持っていたのです。

http://suzie-news.jp/archives/9858

【健康】肝油ドロップの人気健在、ずっと品薄 偏食をフォロー?

1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/16(木) 16:15:24.13 ID:CAP_USER9
http://www.asahi.com/articles/ASKBV4TR6KBVULFA01K.html

 かむとグミのような食感で独特の甘さがある「肝油ドロップ」。缶に入ったその小さな丸い粒を、子どものころに食べた記憶がある人も多いのでは。食卓に何でもそろう今も実は人気が高く、2年ほど前から品薄が続いている。昔と違った食事情や、海外でも人気がじわりと出ていることが背景にあるようだ。

 10月下旬、東京都足立区の北千住マルイに設けられた河合薬業(本社・東京都中野区)の肝油ドロップの売り場前。「懐かしい」「昔食べてたの」と足を止める人が相次いだ。1週間限定の出店だが、用意した3種類のうち一つは最終日を待たずに完売した。近くに住む内藤ありささん(45)は2缶を購入。「自分も小さいころに食べていたので、子どもたち用に。駅などで見かけると買っています」

 肝油ドロップは1911年に誕生した。もともと肝油はタラの肝臓部分を搾りその油を凝縮したもの。子どもの成長に必要なビタミンAやDが豊富で、子どもに飲ませる習慣があった。

 難点だった生臭さと保存のしづ…

残り:1020文字/全文:1429文字

no title

【話題】「ぶひー!ぶひ!ぶひ!」「太ってから痩せろ」 破壊力のあるコピーでかつ丼を売るTwitter映えスーパー、ニチエーに話を聞いた

1: ばーど ★ 2017/11/07(火) 01:14:58.73 ID:CAP_USER9
 「太ってから痩せろ。」――かつ丼に添えられたキャッチコピーが斬新だとTwitterで評判です。「カロリーなど気にせず食べてほしい」という、強い意志を感じる。

https://twitter.com/T_da/status/926801839844032512

広島駅前のスーパー、フードグランニチエーEKICITY広島店で販売されているかつ丼。コピーにはいくつもバリエーションがあるようで、「豚肉をころも着けて揚げて、玉子と玉ねぎとだしでとじたやつ。」などという、そのまんますぎる商品説明をしているものも報告されています。こうしてリプライが盛り上がるなか、元のツイートは万単位でリツイートされ、ついにはお店の公式アカウントが名乗り出ました。

 そうざいコーナーがユニークなこの店に、編集部はくわしい話を聞いてみました。キャッチコピーは、味に自信のある商品なので見た目にもインパクトを加えたいと、4月のオープン当初から実施しているとのこと。売り場で見て笑っている人もいるそうで、客からも好評の様子。

かつ丼がずらりと並んだ売り場。売り文句が同じものはほぼなく、「ぶひー!ぶひ!ぶひ!」「吾輩は豚である。名前はまだ無い。」など攻めたものも
no title

ただ、実際はむしろ味が評判。群馬県産のブランド豚「やまと豚」、味付けには同社オリジナルの秘伝タレを用いたこだわりの品で、同店のそうざいでは一番売れているとのことです。

並は500円、特上は600円(税別)。ビジュアルとコピーが胃袋にうったえかけてくる
no title

no title

no title

もともと開発担当者がTwitterで拡散されたくて考えたというキャッチコピー。願いがかなった感想を本人に聞いたところ、「震えてます。こういった挑戦的な販売方法を寛容に受け入れてくれた社長に感謝しています」と、本当に震えていたそうです。やった! やった! 夕飯はかつ丼だ!

https://twitter.com/tsujimotole/status/927363133663936513

配信2017年11月06日 15時49分
ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/06/news086.html

【でりしゃす】ポテサラO157で死亡した子供は東京の3歳女児と判明…前橋に家族で帰省中に食べたか

1: secret name@シクトク 2017-09-13 16:32:49 ID:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000530-san-soci

 埼玉、群馬両県の総菜店「でりしゃす」系列店で購入したポテトサラダなどを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒で、前橋市内の系列店で販売された総菜を食べて死亡した子供は東京都内に住む3歳の女児であることが13日、市などへの取材で分かった。先月、家族で帰省中に前橋市の「六供(ろっく)店」で買った総菜を食べたとみられる。

 この集団食中毒をめぐっては、フレッシュコーポレーション(群馬県太田市)が運営する埼玉県と群馬県の「でりしゃす」系列店で、8月にポテトサラダやマリネを買って食べた20人がO157に感染。今月12日には、六供店で新たに2人が感染したと前橋市が運営会社に連絡した。
http://secrettalk.me/images/talk/0-3565-1-MjAxNzA5MTMtMDAwMDA1MjAtc2FuLTAwMC0xMi12aWV3LmpwZw-r-.jpeg

no title

くら寿司、シャリ残しダイエット対策としてシャリを大根に変える

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/31(木)07:46:24 ID:e7U
回転ずしチェーン「くら寿司」を運営するくらコーポレーションは29日、すしの酢飯の代わり
に大根の酢漬けを使った「シャリ野菜」など、業界で初めて糖質制限に対応したメニューを
発表した。31日から全国の店舗で販売する。

 ご飯など炭水化物に多い糖質の摂取量を減らす「糖質制限」の人気に着目し、若い女性
などの集客増を目指す。

 シャリ野菜は酢飯を使った通常のすしと比べて糖質を最大88%カットした。すしネタは
エビやビントロなど4種類。酢飯の量を半分にした商品も用意し、価格は108円。担当者は
「糖質を気にせずに野菜と一緒においしく食べてもらいたい」とアピールする。

http://www.sanspo.com/geino/news/20170829/eco17082918390002-n1.html

no title

【健康】“精のつくもの”は時には逆効果? 猛暑こそキュウリを食べて夏バテ知らず

1: 紅あずま ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/08/13(日) 12:17:58.47 ID:CAP_USER9
“精のつくもの”は時には逆効果!?猛暑こそキュウリを食べて夏バテ知らず!
アサ芸プラス:2017年8月13日 09:58
http://www.asagei.com/excerpt/86762
no title

 日本列島、猛暑が続く今年の夏。しかも猛烈な蒸し暑さだ。体力は消耗し、食欲も落ちる。そのため夏バテが続出することになる。

そんな今、旬の夏野菜のキュウリを食べればいいという。
夏バテが例年以上に話題になる今年の夏。
スタミナをつけようとウナギだ、ステーキだ、ニンニクだ、と精のつくものを求めがちになるが、フードコンサルタントの萩原千恵管理栄養士はこう話す。

「夏バテはだるさや疲労感や自律神経の乱れ。消化機能が衰え、食欲不振になります。
このような状態の時に“精のつくもの”は、胃腸へ過剰な刺激を与え、逆効果になることが多いんです」

 胃腸に刺激、負担をかけない食事をとれというのだが、中でもお勧めがキュウリだと萩原さんが続ける。

「旬の野菜は当然ながら生命力が強く、栄養価が高い。そして人間にとっても、その時期に身体に必要な栄養素が詰まっているのが旬のものの特徴です。
今は温室栽培で何でも年中出回っていますが、旬のものを取っていれば健康でいられます。
キュウリは夏野菜の代表。夏バテを防止するパワーが詰まっていて、さらに旬の野菜はおいしく値段も安いです」

 しかしキュウリは“世界一栄養がない野菜”とギネスブックにも載っている。

専門書によれば、キュウリの95.4%は水分。かえって夏バテが進むのではないのだろうか。
これに対し和漢薬の老舗メーカーの山田徳子管理薬剤師がこう答える。

「キュウリはもともと苦味の強い野菜のため、江戸時代までは打身や切り傷の貼り薬として使われていました。
キュウリには養分、成分がバランスよく詰まっていて、水分が多いので夏場の脱水状態を防ぎます。
ビタミンB群や、カリウム、カルシウムなどのミネラルがバランスよく含まれているので代謝を活発化させ、老廃物やナトリウム(塩分)を排出し、腎臓の濾過機能を助け、高血圧の予防や、だるさ、疲労回復、二日酔いなどにも役立ちます。
また、含まれているイソクエルシトリンは身体の余分な熱を冷まし、手足のむくみから、膀胱炎、毛細血管の強化や動脈硬化の防止にも効果があります。
さらに言えば、キュウリのヘタに近い皮に含まれるククルビタシンというアルカロイドにはガン細胞の増殖を抑制する働きがあると最近注目されているんです」

 キュウリは優れものだった。
暑い日に冷やしたキュウリをかじるのは理にかなっていたのだ。
萩原さんによれば、鮮度のいいキュウリは表面のとげが固いという。浅漬け、酢の物、サラダもいい。キュウリで夏バテを吹き飛ばそう。

【復活】確実に痩せる晩ごはんダイエット【豆腐】

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/11(土) 10:35:07 ID:rz0SSXtR
美波紀子さんの著作「晩ごはんダイエット」実践スレ。

1.晩ごはんに必ず豆腐を取り入れる。
2.晩ごはん後30分の散歩をする。足踏みでも良。
3.間食はなるべく我慢。
 どうしてもしたければ
 脂質の少ない団子1本など。
4.食事と食事の間は、3時間以上あけること。
5.体重は朝トイレ後にはかる。

朝、おなかがすいてれば、
ほぼ確実に前日より体重が減っています。
100g単位だとしても
塵も積もれば・・です。
確実に痩せます。

続刊として『晩ごはんダイエット 成功レシピ集』もあり。

no title

【食】納豆市場が急成長 2016年、過去最高の2140億円 健康志向追い風

1: ばーど ★ 2017/07/16(日) 15:10:07.88 ID:CAP_USER9
納豆の販売額が急成長している。全国納豆協同組合連合会(納豆連)の推計によると2016年の市場規模は、前年比16%増の2140億円と過去最高を記録。
健康ブームに加え、国産大豆を使用した高価格帯商品の売れ行きの良さが、成長を後押ししている。国産の使用量は、3年で倍増した。
商機と捉えた納豆メーカーは国産をPRした商品を投入。産地はメーカーと連携しながら、増産に乗り出している。

国産大豆の使用量は6年連続で増え続けている。10年の1万トンから16年は2万5000トン。原料に占める国産割合は、10%未満で長く推移してきたが、現在は18%と2割に迫る勢いだ。

■産地を商品名に

ブームを受け、スーパーなどの小売店の納豆売り場には国産の商品が並ぶ。「北海道大豆スズマル」「宮城産ミヤギシロメ」「茨城小粒」などと、使用原料の産地や品種銘柄をパッケージで強調した商品が売り場を広げている。
北海道産大豆を使う納豆メーカーのあづま食品(宇都宮市)。スーパーからの要望が増え、現在、自社商品や小売り数社のプライベートブランド(PB)商品に道産大豆を使用した納豆を納品。国産をPRすることで、有利販売につなげている。

■県内で契約栽培

国産というだけでなく、地場産を付加価値販売につなげる動きも目立つ。長野市の村田商店は、甘味があって発酵しやすい長野産大豆「ナカセンナリ」に着目。
大豆品質について生産者と意見交換を重ね、県内JAの協力も得ながら契約栽培を進める。取り組みは奏功し、地元の学校給食やホテルなど事業用にも販路を広げた。
村田滋社長は「地産地消は大豆や納豆生産の収益性向上に有効」とみる。

大豆産地を抱えるJA全農いばらきは「国産納豆用大豆の引き合いは非常に強い」と指摘する。10年前の納豆ブームでは、茨城産品種「納豆小粒」の高騰を受け生産が過剰になった経緯がある。
近年は農家やメーカーと対話しながら、需要動向を意識した安定取引を強化。来期は「納豆市場の拡大に応えるため増産していく」(担当者)。

■健康志向追い風

納豆連によると、「価格競争だけでは市場を縮める」との危機感から、製造業者や小売りは国産納豆の扱いを増やす傾向にある。松永進専務は「健康志向という追い風もあり、市場の拡大は一過性でない。確かな上昇基調にある」と強調する。(岡下貴寛)

配信2017年07月16日
日本農業新聞
https://www.agrinews.co.jp/p41381.html

【健康/食】揚げたポテトで寿命が縮む? 米誌論文がデータ分析

1: あずささん ★ 2017/06/16(金) 17:40:28.98 ID:CAP_USER9
フライドポテトやポテトチップスなど、油で揚げたジャガイモを週に2回以上食べている人は早死にするリスクが高くなるとの研究が、米国臨床栄養学ジャーナルでこのほど発表された。

元となったのは、45?79歳の関節炎患者4440人を対象にした8年間にわたる追跡調査だ。もともとは変形性関節症に関する研究だったが、研究チームはジャガイモの消費について目を向けた。

その結果、週に2?3回、揚げたジャガイモを食べていた人が早死にする確率は、まったく食べない人と比べて2倍になったという。年齢や性別による差は生じなかったが、女性よりも男性が、年長者よりも若者が、揚げ物をよく食べる傾向が見られた。

あくまでも参加者の行動を記録して分析した研究であり、揚げたジャガイモと早死にの間に直接の因果関係があるかどうかは現時点では不明だ。

イタリア学術会議の研究者で論文の主著者であるニコラ・ベロネーゼ博士は、揚げ油に多く含まれるトランス脂肪が重要な要素となっているのではと考えている。だが、肥満や不活発な生活習慣など「他の重要な要素」が何らかの役割を果たしている可能性もあると指摘する。

スウェーデンのカロリンスカ研究所環境医学研究所のスザンナ・ラルソン准教授は、「揚げたジャガイモの消費量は、死亡率の増加を招くような健康的でない食習慣のバロメーターになるかも知れない」と指摘する。ラルソン准教授もジャガイモ消費に関する研究を行ったが、循環器系疾患が増加するとの結果は出なかったという。

ソース/CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35102839.html

no title

【健康】血糖値の急激な上昇抑えるお菓子を開発 大手製糖会社の三井製糖

1: 孤高の旅人 ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/05/31(水) 15:40:53.21 ID:CAP_USER9
血糖値の急激な上昇抑えるお菓子を開発
5月31日 13時34分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170531/k10011001321000.html

健康志向の高まりで砂糖の需要が減少する中、大手製糖会社が和菓子店などとともに血糖値の急激な上昇を抑えるという糖分を使ったお菓子を開発しました。
これは砂糖の需要が年々減る中、消費者の健康志向に応えることで新たな需要を掘り起こそうと大手製糖会社の三井製糖が大手デパートや和菓子店などと企画したものです。

今回、開発したのは、どら焼きやケーキなどおよそ30種類のお菓子で、血糖値の急激な上昇を抑えるほか、内臓脂肪がつきにくくなるという糖分を使い体に優しいことをアピールしています。

お菓子の販売は大手デパートで31日から始まり、試食した客は「糖分を取りすぎないように気をつけていますが、こうした商品が増えるとうれしいです」と話していました。

消費者の間では無糖や低糖など糖分を抑えた商品へのニーズが高まっているということで、三井製糖事業開発部の奥野雅浩課長は「砂糖自体が健康に悪いわけではないが、健康志向が高まっているのも事実なので、会社として新たな事業に挑戦していきたい」と話していました。

キラキラ女子、インスタの為に食べ物を粗末にする暴挙に出る

1: secret name@シクトク 2017-06-02 18:28:14 ID:
友達と大須のかわいいアイス食べたんだけど
みんなインスタ写真撮る目的だからかほとんど捨てられててインスタの闇を感じた( ˙-˙ )

http://secrettalk.me/images/talk/3377-1-MC1EQk9Jb2xLVVFBQXFPczYuanBn.jpeg

no title

no title

https://twitter.com/ani__R/status/870189400646328320

お店はLITTLE BABY DOG’Sという名古屋大須のソフトクリーム屋さん

https://jouhou.nagoya/little-baby-dogs/

【悲報】人気スナック菓子「カール」販売低迷のため販売中止に

1: secret name@シクトク 2017-05-25 16:27:54 ID:
菓子大手の明治は25日、人気スナック菓子「カール」の中部地方以東での販売を中止すると発表した。8月生産分から実施する。1968年発売のロングセラーだが、競争激化による販売低迷が理由。今後は「カールチーズあじ」「カールうすあじ」の2商品を、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県以西で販売するのみになる。キャラクターの「カールおじさん」は引き続き使用する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000060-mai-bus_all
http://secrettalk.me/images/talk/0-3358-1-Q0FQVDAyMjQuanBn-r-.jpeg