頭痛」カテゴリーアーカイブ

【社会】価格が高めの頭痛薬の売れ行きが好調 効果重視の傾向

1: シャチ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/27(月) 10:16:59.20 ID:CAP_USER9
市販されている解熱鎮痛薬の市場で、高機能・高価格の商品がじわりと拡大している。
仕事や家事に忙しい女性を中心に、頭痛時などに速く効いて身体に負担が少ない薬の
需要が高まっているためだ。製薬大手は相次いで新製品を投入している。

 第一三共ヘルスケア(東京)の試算によると、解熱鎮痛薬市場で主流の1箱400~600円の売上高は縮小傾向にある。
これに対し、1000円を超える鎮痛薬は徐々に販売を伸ばし、現在は市場の2割強を占める。

 買い手は30代以上の女性が多く、「忙しい生活を送る中で素早く痛みを抑え、
胃も荒れにくい薬が求められている」(ライオン広報)。

 各社とも高機能・高価格商品の品ぞろえを強化している。第一三共ヘルスケアは4月に
「ロキソニンSプレミアム」(24錠入り1274円)を発売した。鎮痛効果を高める成分を配合する一方で、
胃への負担を大きく軽減したという。

 ライオンは、成分が吸収されやすく即効性のある「バファリンプレミアム」(20錠入り1058円)を2014年から展開。
今年3月には胃にやさしくさまざまな痛みに対応した「バファリンEX」(10錠645円)を投入した。
エスエス製薬(東京)は3月に、
「イブ」シリーズで効き目の速さと効果が最大級の「イブクイック頭痛薬DX」(20錠入り1166円)を発売している。 

時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000005-jij-bus_all

【健康】片頭痛は「青色」の光で悪化し、「緑色」の光で苦痛から開放される!? 米ボストン研究

1: アフィカス m9(^Д^)定職につけよ ★ 2016/06/26(日) 23:01:04.28 ID:CAP_USER9
片頭痛に悩む人は世界人口の15%弱も
no title

片頭痛の症状を緩和する治療法に、文字通り「光」が見えた――。

 米ボストンの研究で、片頭痛患者69人にさまざまな色の光を当てた結果、「青色」の光では頭痛が悪化したのに対し、
狭スペクトルの弱い「緑色」の光を当てると光過敏性が有意に軽減することがわかったのだ。
一部の症例では、この緑色の光により片頭痛の痛みも約20%軽減することが明らかにされた。

 研究グループによると、片頭痛に悩む人は世界人口の15%弱を占め、症状として羞明(しゅうめい)と呼ばれる光に対する過敏性がみられることが多い。

 研究著者である米ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターのRami Burstein氏は、「羞明は痛みそのものに比べれば
身体機能への影響は少ないが、光に耐えられないことで生活に支障が出ることがある。
片頭痛発作の80%以上は光過敏性に関連して悪化するため、患者の多くは暗所を求めて、仕事、家族、日常生活から離れることになる」と説明している。

緑色の光以外を遮断できるサングラスの開発に

 2人の専門家が今回の治療法の特徴についてコメントしている。

 米ノースウェル・ヘルス頭痛センター(ニューヨーク州グレートネック)のNoah Rosen氏は、
「Burstein氏の研究は、新たに有益な治療への道を開く可能性があり、さらに研究を進める必要があることを示唆するものだ。
光療法は一部の皮膚疾患や季節性情動障害(SAD)などの疾患には既に使用され、成功している」と話す。
光療法はこのほかにも一部の睡眠障害やうつ病に有効とされる治療法で、患者に高照度の光を浴びてもらうものである。

 また、米レノックス・ヒル病院(ニューヨーク市)の神経内科医Gayatri Devi氏によると、
「一部の患者に光療法が奏効したことから、視床(眼などの感覚器官と脳の大脳皮質などの間に存在する脳の中継局)が
片頭痛に関連する羞明を増幅する領域であることが示される」という。

 Burstein氏は現在、狭帯域の緑色の光を低強度で発光する低価格の電球や、緑色の光以外を遮断できるサングラスの開発に取り組んでいる。
Rosen氏は、今後も研究を重ねる必要があると強調し、「この治療法はほぼ安全だと思われるが、
費用や利便性の問題、さらに定期的な使用により症状を緩和できるのかという疑問がある」と述べている。この知見は「Brain」に5月17日オンライン掲載された。

果たして緑の光が片頭痛にとって本当に“光明”となるのか?
 頭痛専門医でもある近畿大学医学部附属病院神経内科の西郷和真医師は次のように解説する。

 「片頭痛の誘発因子に、前兆に光過敏、音過敏が有名ですが、この研究では、その内容に1歩踏み込んで、
どの色・波長が、片頭痛に悪い影響を与え、どの色・波長が片頭痛によい影響があるかを示しています。
また片頭痛が脳の後頭葉にある視覚野と呼ばれる所がゆっくり興奮する皮質拡延性抑制(cortical spreading depression:CSD)とも
関係している可能性もあります。今後の他の施設による追試の研究による検証が待たれます」

 果たして緑の光が片頭痛にとって本当に“光明”となるのか? 片頭痛用の治療機器やサングラス、
はたまた巨大な緑の光部屋などが開発されるのか? 今後に期待したい。

http://healthpress.jp/2016/06/post-2463.html

体調不良者が続出!?五輪新エンブレムは「偏頭痛時に見える絵」にそっくり!

1: リアーナ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/05/30(月) 06:41:01.37 ID:CAP_USER9
 2020年東京五輪のエンブレムがA案の市松模様に決まってから約1カ月。決定までのドタバタも落ち着いてきた。ところが一部の人たちがA案の市松模様に難色を示しているという。そんなうちの1人、東京都在住の38歳女性に話を聞いた。
「A案のエンブレムを初めて見た時、どこかで見たことがあるような気がしました。もしかして以前の佐野案のように何かのパクリで、その元ネタを見たのかもしれないと思ってよく考えてみたんです。答えはすぐ出ました。私は偏頭痛持ちなのですが、頭痛が起きそうな時に目をつぶると瞳の奥の方で弾けるように見える絵にそっくりなんです。これは自分だけの症状なのかと思って検索してみたら、同じことを言っている人がたくさんいてびっくりしました」
 確かに「五輪エンブレム 偏頭痛」で検索すると同様の意見がいくつも出てくる。なんでも偏頭痛の前兆である「閃輝暗点」にそっくりだというのだ。「見ているだけで吐き気がする」「頭痛になりそう」という意見も見受けられる。
「もし東京五輪開催中にあのエンブレムで東京が埋め尽くされたらと思うとゾッとします。そうなったら期間中は外に出ないかもしれません。中には『あのロゴは偏頭痛持ちを殺すためのサブリミナル兵器だ』とまでいう人もいます」(前出の女性)
 五輪ともなれば世界中から多くの人が集まる。その中に偏頭痛の人がいないとは限らない。選手にいても不思議ではない。エンブレムを見て頭痛を引き起こす可能性は十分あるのだ。
「佐野案のパクリ疑惑があって、今のエンブレムは急遽作られました。模倣していないかどうかはしっかり検証されたはずですが、それ以外のことまでしっかり調べる時間はなかったのでしょう。想像すらしなかった不安材料が持ち上がってしまいましたね」(週刊誌記者)
 裏金など何かと問題の多い東京五輪。無事に開催されるのを願ってやまない。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0530/asg_160530_7489518520.html
no title

3人に1人が頭痛もち!? 片頭痛と緊張型頭痛の違いと対処法とは

1: リサとギャスパール ★ 投稿日:2016/03/20(日) 14:17:29.97 ID:CAP
 15歳の日本人の3人に1人が頭痛持ちだといわれているほど、身近な頭痛。不意にやってくる頭痛は、気分が落ち込んだり集中力の妨げになったりと、とても辛いもの。
痛みの原因が分からなかったりすると、何か大きな病気にかかっているのではないかと余計に不安になってしまいますよね。
そこで今回は、私たちに身近な「片頭痛」と「緊張型頭痛」の特徴をご紹介。症状を理解して、正しい対処法を覚えておきましょう。

■一言に頭痛と言っても種類がある

よく頭痛に悩まされるという人も多いのではないでしょうか。一口に頭痛といっても種類があり、それぞれ原因は異なるため、正しい知識をもって予防・対処をしましょう。
今回は頭痛の中でも身近な「片頭痛」と「緊張型頭痛」について原因と対処法をご紹介します。

■片頭痛と緊張型頭痛の特徴と対処法

片頭痛の特徴って?

片頭痛の特徴は、痛みを感じた時に身体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅すること。こめかみ周辺から目のあたりにかけてズキズキと継続的に痛みます。
一度痛みの症状が出ると、2~3日間継続して痛み、1ヶ月の中で数回、あるいは1週間に1回などコンスタントに痛みが出るのも片頭痛の特徴。片頭痛が起こる直前に、肩こりの症状がでる人もいるそうです。

片頭痛の対処法は?

なんらかの原因により、脳の血管が急激に拡張することが原因となる片頭痛。
寝不足や寝過ぎ、疲労、空腹といった、体への負担が原因になるとされています。また、「人混みに出かけた日」「寝不足の日」「アルコールを多く摂取した翌日」など決まった行動を取った直後や翌日に症状が出る場合もあるそうなので、
思い当たる点を記録して、特定することで、片頭痛の要因を避けるヒントになることも。さらに冷やしたタオルを痛む部位に当てると、血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます。温めると血管を拡張させてしまうので逆効果になります。

緊張型頭痛の特徴って?

緊張性頭痛は頭の横の部分の筋肉や、肩や首まわりの筋肉が緊張することによって起こります。筋肉が緊張して血流が悪くなることが原因ですので、
デスクワークなどで同じ姿勢のまま長時間過ごしている人に起こりやすいのが緊張性頭痛と考えて良いでしょう。午後から夕方にかけて、眼精疲労やだるさとともに症状が現れるのも特徴の一つ。

緊張型頭痛の対処法は?

同じ姿勢を長時間保っていることが緊張型頭痛の原因になりますので、首や肩の力みをほぐすストレッチなどをこまめに行うようにしましょう。
また、片頭痛とは反対に蒸しタオルや半身浴などで温めて、首や肩の筋肉のコリを取り除くことが緊張型頭痛をやわらげるポイントです。
片頭痛と緊張型頭痛は原因や対処法が全く異なるからこそ、きちんと理解して適切な対処を行いたいものですね。

http://news.infoseek.co.jp/article/lbr_93770/?p=1
2016年3月20日 12時0分