未分類」カテゴリーアーカイブ

【健康】がん検診伸び悩み 2016年、受診率50%超は男性肺がんのみ 厚労省が重要課題に位置づけ

1: 紅あずま ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/06/28(水) 01:41:21.26 ID:CAP_USER9
がん検診伸び悩み 16年、50%超は男性肺がんのみ
日本経済新聞:2017/6/28 0:11
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18191220X20C17A6CR8000/

 厚生労働省が27日公表した2016年の国民生活基礎調査で、がん検診の受診率が国の目標とする50%を超えたのは男性の肺がん(51%)のみだったことが分かった。
女性は肺がんを除く4種類のがんで受診率が3割台にとどまった。
受診にかかる時間や費用を懸念する人が多いとみられ、同省は自治体などと連携して積極的な受診を呼びかけていく方針。

 調査は全国の世帯を対象に無作為抽出し、16年6月に健康についての調査票を配布。
約22万世帯(有効回答率77.5%)が回答した。
前回調査は13年だった。

 男性のがん検診で受診率が最も高かったのは肺がんの51%で、前回調査と比べ3.5ポイント増えた。
胃がんは46%、大腸がんは45%で、それぞれ0.6ポイント、3.1ポイント増えた。

 女性は肺がんが42%で最も高かった。
大腸がん、乳がん、胃がん、子宮頸(けい)がんは34~39%。
伸び率はそれぞれ1.0~4.3ポイントだった。

 同省は13年に始めた生活習慣病対策の実行計画で、がん検診の受診率を16年に50%に引き上げる目標を掲げていた。
受診率が伸び悩んでいる実態が浮かんだ。

 内閣府が16年11月に行った「がん対策に関する世論調査」で、がん検診を受けない理由を複数回答で尋ねたところ、「時間がない」が31%で最も多かった。
続いて「必要性を感じない」(29%)、「いつでも医療機関を受診できる」(24%)、「費用がかかり経済的に負担」(16%)の順だった。

 厚労省は今夏に閣議決定する「第3期がん対策推進基本計画」で、がん検診の受診率の向上を重要課題に位置づける。

 今後は自治体などと連携し、特定健康診査(メタボ健診)との同時実施を進めるほか、かかりつけ医や薬局と連携した受診勧奨に取り組む。
現在は任意となっている職場でのがん検診を普及させるためにガイドラインを作ったり、女性が検診を受けやすい環境も整えたりする考えだ。

【芸能】草なぎ「ブラタモリ」ナレーション NHK放送総局長「これまで通りお願いの予定」

1: 豆次郎 ★@無断転載は禁止 2017/06/21(水) 15:39:51.58 ID:CAP_USER9
6/21(水) 15:38配信
 NHKの木田幸紀放送総局長が21日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、元SMAPの草なぎ剛(42)がナレーションを務める「ブラタモリ」(土曜後7・30)の続投について言及。「製作サイドとしてはこれまで通りナレーションをお願いする予定です」と明言した。

 SMAPの元メンバー香取慎吾(40)、草なぎ、稲垣吾郎(43)の3人が9月8日でジャニーズ事務所を退社。「事務所と契約しているわけではないので、現時点ではこれまで通りお願いしようかとと思います」と話した。

 「ブラタモリ」はタモリが街をぶらぶらしながら歴史や魅力に迫る人気番組。草なぎは15年4月から第4シリーズのナレーションを担当しており、物腰柔らかな語り口が視聴者に「良い味出してる」「旅路を優しく見守ってる感じが好き」と好評を得ている。

 草なぎナレーションの存続を巡り、SNS上では視聴者が「ナレーションどうなっちゃうの」「草なぎさん以外のナレーションは想像つかない」「是が非でも継続して」「アレはジャニ枠ってより草なぎくんのキャラ枠」「彼がいるからブラタモリが成立してるといっても過言ではない」と悲鳴。早くも続投を願う声が多数集まっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000126-spnannex-ent

【芸能】さんま「えらいこっちゃ」プロデュースドラマで小出がさんま役

1: ひぃぃ ★@無断転載は禁止 2017/06/09(金) 09:03:08.49 ID:CAP_USER9
 動画配信サービス「ネットフリックス」のドラマ「Jimmy?アホみたいなホンマの話」に、明石家さんま(61)役で出演している小出の淫行に、企画・プロデュースを担当したさんまも困惑している。ジミー大西(53)の半生を描いたドラマで、7月7日から世界190カ国で配信予定だった。

 7日に関係者が在阪のテレビ局で番組を収録中だったさんまに報告。同局スタッフは「さんまさんは周囲に“えらいこっちゃ、こんなことあるねんなぁ。怖いなぁ”と話していたと聞きました。かなりショックを受けていた」と明かした。

 さんま自身も撮影現場に足を運んで、小出や、ジミー役の中尾明慶(28)らに演技指導するなど思い入れの深い作品。ドラマのスタッフは「制作費や宣伝費も含めると3億円以上はかかっている。どうしてこんなことになるのか」と話した。配信については、同社や制作の吉本興業などで協議中。今後の試写会やイベントなどは全て自粛する。この日開催予定だったジミーの著書のサイン会も中止となった。

2017年6月9日 05:30
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/09/kiji/20170608s00041000336000c.html

画像
no title

【芸能】芦田愛菜、超名門私立中に合格 昨夏から芸能活動セーブで1日12時間の猛勉強

1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/11(土) 05:07:47.53 ID:CAP_USER9
 女優の芦田愛菜(12)が、都内の名門私立中学に合格し、今春から進学することが10日、分かった。

 同中学は、偏差値70を超える首都圏では最難関校の一つとして有名。芦田は、女優業のかたわら、大手の中学受験予備校に通い、見事にサクラを咲かせた。

 昨夏から芸能活動をセーブ。小学校にも休まず通いながら、休日には女優業で培った集中力を発揮し、1日12時間の猛勉強をこなしたという。

 知人によれば、同校以外にも、東大合格者を多数輩出するトップレベルの中学などにも複数合格しているという。天才子役が学問の面でも“天才”だったことを証明した形だ。

 芦田は5歳だった2010年に、日本テレビ系ドラマ「Mother」に出演。子供離れした演技力で注目を集めた。翌11年にはフジ系「マルモのおきて」でゴールデン枠の連ドラ史上最年少(6歳)で初主演し、高視聴率を記録。主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」でCDデビューも果たし、同年の紅白歌合戦にも最年少で初出演した。

 「マルモ-」で共演した鈴木福(12)や、現在、NHKドラマ「精霊の守り人 悲しき破壊神」に出演する鈴木梨央(12)、女優とフィギュアスケーターの二足のわらじを履く本田望結(12)など、“愛菜ちゃん世代”の子役たちも、来春からそろって中学生。大人への階段をどう上っていくのか、注目を集めそうだ。

デイリースポーツ 2/11(土) 5:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000002-dal-ent

no title

【社会】健康食品「お試し価格」に要注意 1回だけのつもりが・・・定期購入と気づかず契約トラブル

1: あずささん ★ 2017/01/28(土) 17:46:51.74 ID:CAP_USER9
サプリメントや青汁といった健康食品の通信販売をめぐり、「インターネットの『お試し価格』などの広告を見て、1回だけのつもりで定期購入と気づかずに契約してしまった」とするトラブルが相次いでいる。昨年1年間に国民生活センターへ寄せられた相談件数は9131件で、4年前の20倍以上に急増。販売業者のホームページ(HP)の表示が分かりにくいことが原因で、注意を呼びかけている。

近畿地方の10代の女性は昨年8月、「初回500円」のネット広告にひかれ、酵素が含まれるという健康食品を購入。翌月にも商品が届き、初めて3カ月の契約だったことに気がついた。販売業者への電話はつながらず、結局2カ月分の代金約8千円を追加で支払った。「初回だけのつもりだったのに」と憤る。

40代の女性は販売業者に苦情を伝えると「ネットに『定期購入3カ月』とちゃんと書いています」と言われた。改めて確認すると小さな表示があり、だまされたと思ったという。

同センターによると、相談件数は平成24年には386件だったが、右肩上がりに増加。昨年は2877件だった27年と比べても3倍以上になっており、10代からの相談も902件で1割近くに上る。背景には新規の販売業者が多数参入していることがあるとみられ、同センターは「販売方法のひとつのトレンドになっている」と分析する。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/産経新聞社
http://www.sankei.com/west/news/170128/wst1701280051-n1.html

【健康】ノロウイルス猛威、近年ない型原因か 10都県で警報

1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/12/13(火) 16:39:18.28 ID:CAP_USER9
国立感染症研究所は13日、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者報告数が直近の1週間(11月28日~12月4日)で、1医療機関あたり17・37人に上ったと発表した。
最近の同期比では2006、12年に次ぐ水準で、猛威をふるっている。
近年流行していなかった型のウイルスが原因の一つとみられ、免疫のない幼児が集まる保育所などを中心に集団感染も発生している。
専門家は予防のため、食事や調理前などに積極的に手洗いをするように呼びかけている。

感染研によると、全国約3千カ所の小児科など定点医療機関から報告された患者数は11月から急増し、12月4日までの1週間では5万4876人。
1医療機関あたりだと17・37人で、昨年同期比の3倍近くに上った。

直近の1週間で患者数が最も多かったのは宮城の45・75人で、山形(33・47人)、三重(27・71人)、埼玉(26・73人)、東京(26・64人)、
神奈川(23・62人)、奈良(23・09人)、宮崎(20・83人)、千葉(20・24人)、兵庫(20・12人)の計10都県で、警報レベルとされる20人を超えた。

2016年12月13日 11時51分 朝日新聞デジタル