健康」カテゴリーアーカイブ

【芸能】片岡鶴太郎が手術へ 左膝半月板損傷で「得体の知れない深い痛み」

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/09/12(水) 16:26:08.96 ID:CAP_USER9
2018.9.12(Wed)
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/12/0011632260.shtml
no title

片岡鶴太郎

 タレントの片岡鶴太郎(63)が11日夜に更新した公式ブログで、左膝半月板損傷で手術することを明らかにしている。

 鶴太郎は「2週間程前、私の不注意で撮影中コミカルな動きをしたところ、左膝がギクッと入り、そのままロックされてしまいました。それを無理矢理、力任せに外そうと足を伸ばしたら、筋を噛んだ様な激痛が走りました」と、負傷した経緯を説明。
 「翌日、行きつけの接骨院で伸ばしてもらい、痛みは軽減しておりました。先生は大事をみて、レントゲン、MRIで調べた方が良いかも知れませんとアドバイス頂きながら、少し様子をみて居りました。ここの所は大分痛みが無くなり、少し引きずる様に歩いて居りました」と、いったんは症状が軽減したものの、「矢張り、膝の奥に得体の知れない深い痛みを感じ、昨日レントゲン、MRIを撮りました」と、10日に検査を受けた。

 「結果は、半月板損傷。手術が必要となりました。ドラマ、バラエティ、ロケ等のスケジュールを調整して、オペする事になりました」と、左膝半月板損傷と診断され、手術を受けることになったという。

【レッドブル】健康被害から守る 英で未成年のエナジー飲料購入を禁止する方針【モンスターエナジー】

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/08/31(金) 10:29:04.76 ID:0JPliH4O0 BE:837857943-PLT(16930)
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
【ロンドン時事】英政府は30日、未成年によるエナジードリンクの購入を禁止する方針を発表した。

飲料に含まれるカフェインなどの大量摂取による健康被害を防ぐのが狙い。エナジードリンクは既にリトアニアで未成年の購入が禁止されており、
今後、世界的に広がるかが注目される。

エナジードリンクの飲み過ぎは睡眠障害や肥満、頭痛・胃痛、異常な行動などにつながる恐れがあると指摘されている。
250ミリリットル缶1本にはコーラ約3本分のカフェインが含まれている。

英政府は購入を禁止する年齢を酒やたばこと同様に18歳未満とするか、16歳未満とするかで意見の公募を開始した。
公募結果を踏まえて詳細を詰め、議会に法案を提出する。対象地域はイングランドのみ。

英国では「レッドブル」や「モンスターエナジー」が人気を集めているが、一部の大手スーパーなどは既に自主的に16歳未満への販売を控えている。
英政府は「われわれは子どもたちを健康被害から守る責任がある」としている。 

http://news.livedoor.com/article/detail/15236185/
no title

【健康】腸のがん予防に効く野菜、英研究で明らかに キャベツやブロッコリー、ケールなど

1: みつを ★ 2018/08/23(木) 20:08:17.61 ID:CAP_USER9
https://www.bbc.com/japanese/45255060
(リンク先に動画ニュースあり)

腸のがん予防に効く野菜、英研究で明らかに
2018年08月22日

もし健康のために野菜を食べる必要性に疑問を持っていたら、この研究結果が助けになるかもしれない。

英国の科学者らはこのほど、キャベツやブロッコリー、ケールといった野菜が腸でがんの発生を食い止めるメカニズムを発見した。

no title

【労働】開放的なオフィスでは「活動量が増加」 労働者の健康に影響=米研究

1: みつを ★ 2018/08/21(火) 21:40:25.75 ID:CAP_USER9
https://www.bbc.com/japanese/45255054

開放的なオフィスでは「活動量が増加」 労働者の健康に影響=米研究
2018/08/21 6時間前

開放的な設計のオフィスで働く人の方が、仕切りで区切られた半個室(キュービクル)や個室で働く人よりも活動性が高くストレスも低いことが、米アリゾナ大学の最新研究で示唆された。

研究チームは、開放的なオフィスでは個人的なやり取りの際には机を離れようとするからではないかと指摘している。

この研究では3日間にわたり、異なるオフィスビルで働く231人にセンサーを付け、一日の動きや心拍数を追跡した。
研究チームは、健康への影響の可能性は無視できないと話した。

一方、研究結果は観察ベースに限られており、エレベーターや階段の位置といった場所的な要因も作用している可能性があるとしている。

研究結果は学術誌「オキュペーショナル・アンド・エンバイロメンタル・メディシン」で発表された。アンケートによる調査ではなく、オフィス労働者の行動やストレスを測定した研究としては初だという。

それによると、オフィス労働者は他の環境で働く人に比べて体を動かす機会が少なく、心臓疾患や疲労感、気分の落ち込みといった健康問題を抱える傾向にある。
また、就業時間の活動性が低いと、ストレスを多く感じることが分かっている。

米政府機関のオフィスビルで行われたこの研究では、机の間に仕切りのないオープンプランのオフィスで働く人の方が、個室で働く人と比べて32%活動量が多いことが分かった。キュービクルで働く人とは20%の差が見られた。

対象者は就業時間中、スマートフォンを使い、1時間ごとに自身の現在の気分に関する質問に答えた。
その結果、高齢になるほど高いストレスレベルを示すことがわかった。最もストレス値が高い人は、家でも高いストレスを感じていた。
全体としては、女性より男性の方が活動量が高かった。

健康的な慣習

この研究を執筆したアリゾナ医科大学のエスター・スターンバーグ教授は、「我々はみな活動量を増やした方がいいと知っているが、どんな方法で健康的な慣習を勧めても長くは続かない」と話した。

「つまり、健康的な慣習のためにオフィスの設計を変えるのは、人々の活動量を上げる受動的な手法といえる」
個室やキュービクルの方がプライバシーがあって好まれる傾向にあるが、研究チームはオープンプランのオフィスにはコミュニケーションの改善や偶発的な会話、同僚同士の認識の高まりといった利点もあると指摘する。

また、オフィス内の動線や会議スペースの位置、階段やエレベーターへのアクセスの良さなども活動量に影響するという。
(英語記事 Open-plan office workers ‘more active’)
no title

EU、サマータイム廃止を検討 健康への悪影響影響。省エネも想定以下。日本は安倍首相が導入を推進。

1: Ψ 2018/08/18(土) 12:13:39.06 ID:35BQ1IX8
EU、サマータイム廃止を検討 省エネ効果は想定以下
https://www.sankei.com/world/news/180816/wor1808160025-n1.html
2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として、安倍晋三首相が時間を夏季だけ早めるサマータイム(夏時間)導入の可否を検討するよう自民党に指示する中、欧州連合(EU)は長年続ける夏時間の存廃の検討を本格化させている。

 標準時を年2回、1時間前後させることによる健康への悪影響や、想定されたほどの省エネ効果が得られないことなどが指摘されるためだ。

昭和のサマータイム廃止「朝日新聞の責任」、麻生氏「記者が飲みに行きにくくなるからだろ?」
 EU欧州委員会は16日まで実施するパブリックコメント(意見公募)も参考に方針を決める。(共同)

【健康】命に関わることもある危険な暑さ 熱中症に厳重警戒を

1: みつを ★ 2018/07/17(火) 23:48:59.75 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180717/k10011536271000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

命に関わることもある危険な暑さ 熱中症に厳重警戒を
2018年7月17日 22時08分気象

17日も岐阜県の各地で気温が38度を超えるなど西日本と東日本では、命に関わることもある危険な暑さになっています。熱中症に厳重に警戒し、十分な対策をとってください。

気象庁によりますと、西日本と東日本を中心に連日、猛烈な暑さが続いていて、17日も広い範囲で勢力の強い高気圧に覆われ、各地で気温が高くなっています。

午後2時半までの最高気温は岐阜県の郡上市八幡で38度4分、岐阜市で38度1分など岐阜県の各地で38度を超えているほか、兵庫県丹波市で37度9分、名古屋市で37度8分、埼玉県熊谷市で37度7分、京都市で37度6分、愛媛県大洲市で35度8分、岡山県倉敷市で35度7分など各地で猛暑日となっています。

ところによって命に関わることもある危険な暑さになっていて、熱中症に厳重な警戒が必要です。

熱中症の対策に詳しい専門家などは、日中の運動は控えるほか、室内ではためらわずに冷房を使うこと、それに水分や塩分をこまめに補給することが必要だとしています。

特に西日本を中心とした豪雨の被災地では環境の変化によって特に熱中症の危険性が高まっています。

被災した方々や復旧作業に当たっている人などは水分や塩分をこまめに取ることや、定期的に日陰などで休憩すること、自宅の冷房が壊れている場合は冷房のある避難所へ移動するなど、十分な対策をとってください。

【健康】サウナが空前の大ブーム 薄毛にも効くという

1: シャチ ★ 2018/07/04(水) 18:16:57.87 ID:CAP_USER9
汗をかいて、新陳代謝UP! 一説によれば「がんにも効く」とまで言われる“温浴習慣”の全貌を今ここにすべて書く!

 暑くて、むさ苦しくて、オヤジ臭い「過去の遺物」――そんなネガティブなイメージがつきまといがちな「サウナ」に、異変事態が起きている。
ファッション誌ライターが言う。「今、20~40代の人たちの間で、サウナが空前の大ブームなんです。酒を飲まずともテンションがブチ上がり、
気持ち良く、健康にもいい。友達何人かで連れ立って行く“飲み会”ならぬ“サウナ会”までもが日夜、開催されています」

 あんな暑い場所にジッとして、ブチ上がる? 体にいい? にわかには信じ難いが、人間とサウナの関係はズブズブに密接で、
歴史はとかく古い。「サウナの起源は、2000年以上前のフィンランド。7000年前という説もあります。食糧を保管し、燻す小屋が、
そのままサウナに転じたという話です。北欧をはじめ、諸外国の人たちにとって、“風呂”と言えばサウナのこと。“湯”につかるより、
ずっと身近でスタンダードなものです」(ベテランのサウナー)

 日本では6世紀、仏教の伝来とともに“浴堂”という施設が造られ始め、これがサウナの元祖となったという。「以降、
1964年の東京オリンピックで、選手村にサウナ施設が造られたのを契機として、一気に一般層へも普及していきました」(前同)

 こうして広がったサウナ文化だが、広がるには広がるだけの理由がある。そう、正しく入ると“気持ちいい”のだ。
「サウナの気持ち良さは“整う”ことが究極です。サウナ浴を繰り返すことで、体中の血の巡りが良くなり、
酸素が脳にドバドバ入って来る。すると、全身に深くリラックスした状態が訪れ、天国にいるかのような心持ちになる――これが“整う”ということです」(同)

 加えて、健康面にも大幅にプラス。“心臓に悪そう”という偏見もあるが、過度の入浴を控えれば問題なし。血流の改善が、
体の悩みを吹っ飛ばすのだ。「まず、肩こり、腰痛が良くなる。頭皮の血流も良くなり、薄毛にも効きます。さらに、サウナの熱は、
体内のタンパク質を傷つける。このとき、別のタンパク質“ヒートショック・プロテイン”というものが生まれます。
これが、タンパク質の損傷をフォローする働きをし、人体の免疫力をアップさせる。ひいては、“がんにも効く”という研究結果も出ています」(医療メーカー研究員)
(以下ソースで)

日刊大衆
https://taishu.jp/articles/-/60039?page=1

no title

【健康】「コーヒーをたくさん飲む人は長生きする傾向がある」という研究結果

1: ムヒタ ★ 2018/07/07(土) 11:51:30.22 ID:CAP_USER
コーヒーは世界中の人々に愛される飲料ですが、「コーヒーは健康にいい」という意見もあれば「コーヒーは心臓病のリスクを高める」といった意見もあり、健康にとっていいのかどうかは諸説あります。そんな中、コーヒー党にとっては嬉しい「コーヒーをたくさん飲む人は長生きする」という研究結果が発表されました。

Association of Coffee Drinking With Mortality by Genetic Variation in Caffeine Metabolism: Findings From the UK Biobank | Lifestyle Behaviors | JAMA Internal Medicine | JAMA Network
https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/article-abstract/2686145

Another Cup? More Coffee Could Be Linked to Longer Life Span
https://www.livescience.com/62970-coffee-risk-of-death.html

アメリカ国立がん研究所がアメリカの医学雑誌であるThe Journal of the American Medical Associationのオンライン版に発表した研究では、研究者らがイギリスの調査に参加した50万人のデータを分析しました。調査に参加した人々に対してはアンケート調査も行われており、「デカフェのコーヒーを含めて、1日に何杯のコーヒーを飲むか?」などといった項目が尋ねられていたとのこと。

調査では10年にわたって被験者を追跡しており、その間に参加者のうち1万4000人が死亡したとのこと。死亡した人の主な死因としては、がんや心臓疾患、および呼吸器疾患が見られました。研究者らが調査で得られたデータについて、コーヒーを飲む頻度と研究中に死亡する可能性に着目して分析した結果、「コーヒーをたくさん飲めば飲むほど、研究中に死亡する可能性が低くなる」という関係を見つけました。

調査対象となった人々が飲むコーヒーの種類は、豆からひいたコーヒー、インスタント、デカフェコーヒーなどさまざまでしたが、飲むコーヒーの種類が違っても結果に大きな変化はありませんでした。研究を行ったエリカ・ロフトフィールド研究員は、「デカフェコーヒーでも寿命に影響することが確認されたため、コーヒーが含むカフェイン以外の化合物が長寿に関連している可能性が示唆されています」と述べています。

たくさんのコーヒーを飲むことが長寿につながるという結果が得られたものの、「健康のためにコーヒーを飲む量を劇的に増やす必要があるとは、今回の結果からは言えません」とロフトフィールド氏は話します。実際、「1日に8杯以上のコーヒーを飲む」と答えたかなりのコーヒー党と言える人々は、50万人中わずか1万人しか確認できなかったとのこと。

ハーバード公衆衛生大学院の栄養学・疫学教授であるエドワード・ジョヴァンヌッチ氏は今回の研究を受けて、「コーヒーが健康に影響を与えるという従来の研究結果を踏まえた上で、今回の研究では新たにコーヒーの摂取量と長寿に関連を見いだしています。しかし、誰もが1日8杯以上のコーヒーを飲むべきだとは思いません」と語りました。

ジョヴァンヌッチ氏は、確かに1日に4杯のコーヒーを飲んだ人よりも、1日に8杯以上のコーヒーを飲んだ人のほうが死亡リスクが下がっていたものの、その違いはわずかであると指摘。「これまで1日4杯のコーヒーを飲んでいた人が、健康のために1日8杯飲むようにしても、それほどメリットは感じられないでしょう」としています。また、具体的にコーヒーに含まれるどの成分が体にいいのかという点を突き止めるのは難しく、こういった追跡データから長寿との関連を見つけ出しても、因果関係を認めるのは困難だとのこと。

「コーヒーの何が長寿に関連しているかは断言できませんが、日常的にコーヒーを飲んでいる人は、コーヒーが体に悪いということは考えなくてよく、むしろ体にいいものかもしれないと考えて大丈夫です。ただし、砂糖とコーヒーフレッシュの入れすぎには注意して下さい」とジョヴァンヌッチ氏は述べています。
2018年07月07日 09時00分
https://gigazine.net/news/20180707-more-coffee-link-longer-life/

no title

【創業1万年以上】科学も証明する蜂蜜の健康効果 石器時代から重宝

1: みつを ★ 2018/06/30(土) 22:44:35.82 ID:CAP_USER9
https://www.cnn.co.jp/fringe/35114325.html

科学も証明する蜂蜜の健康効果 石器時代から重宝
2018.06.30 Sat posted at 11:16 JST

(CNN) 人類は石器時代から蜂蜜を重宝してきた。
紀元前8000年ごろの岩壁には蜂蜜の収穫の様子が描かれており、紀元前7000年に作られた陶器には防水目的と思われる蜜ろうが塗られている。古代エジプト人は蜂蜜を神に捧げ、古代ギリシャ人、ローマ人、中国人は蜂蜜を傷の軟こうや、発熱や胃腸障害の治療薬として使っていた。

そして今日も、蜂蜜にはがんや心臓病の予防をはじめ、潰瘍(かいよう)の減少、消化不良の軽減、血糖値の調節、せきやのどの痛みの緩和、運動能力の向上など、驚くべき治癒力や効果があるとされる。

そこで今回は、古代、現代を問わず、これらの蜂蜜の効用のうち科学的に証明されているものがいくつあるのか検証した。

抗菌性:証明済み

蜂蜜に殺菌力があるのは間違いない。大腸菌やサルモネラ菌など、数十種類の菌に効果があることが複数の研究で証明されている。特にニュージーランド原産のマヌカ蜂蜜やマレーシア原産のトアラン蜂蜜は、ブドウ球菌および、消化管内に生息して消化性潰瘍の原因となるピロリ菌に効果があることが分かっている。

蜂蜜に抗菌性があるのは、大部分の蜂蜜には過酸化水素が含まれているのと、蜂蜜はもともと酸性であるためだ。
蜂蜜が数世紀にわたり、傷薬や胃腸疾患の治療薬として利用されてきたのもうなずける。また蜂蜜には、潰瘍、床ずれ、やけど、皮膚のただれ、炎症の治癒効果があることが現代科学で証明されており、さらに抗生物質が効かない傷の治療にも効果があることが分かっている。ただ、蜂蜜そのものに不純物が含まれていないことをしっかりと確認する必要がある。

また色が濃く、濃厚な蜂蜜ほど治癒効果が高い可能性があること、さらに蜂が花粉を採取した植物の種類が抗菌性に影響することも科学的に立証されている。

のどの痛みの緩和:証明済み

139人の子どもを対象にした研究で、蜂蜜は、人気のせき止め薬デキストロメトルファンや抗ヒスタミン剤ジフェンヒドラミン(ベナドリル)よりも夜間のせきの緩和や睡眠の改善に高い効果を示した。

また105人の子どもを対象とした別の研究では、そば蜂蜜がデキストロメトルファンよりも夜間のせきを抑える効果が高かった。
さらにワイルドフラワーハニーを使ったイタリアでの研究、およびユーカリ蜂蜜、シトラス蜂蜜、シソ蜂蜜を使ったイスラエルでの研究では、呼吸器感染を患う子どもたちの夜間のせきと睡眠障害に対してプラセボ(偽薬)よりも高い効果が認められた。
しかし、蜂蜜は1歳未満の乳児には決して与えてはならない。乳児の消化器は、ボツリヌス中毒症などの原因となる胞子など、蜂蜜に含まれる不純物を処理できないためだ。米国では最も頻繁に発生するボツリヌス症が乳児ボツリヌス症だ。

運動能力の向上:さらなる研究の余地あり

メンフィス大学スポーツ栄養研究所で持久力を要する運動選手を対象とした3件の研究が行われ、蜂蜜はブドウ糖、砂糖、水と同等かそれ以上の持久力向上効果があることが分かった。しかし、これらの研究は蜂蜜業界が出資する米国蜂蜜協会からの資金で行われており、公平な立場の科学者らによる、さらなる研究が必要だ。

がん、心臓病、糖尿病に対する効果:未検証

糖尿病のネズミを使った複数の研究で、トアラン蜂蜜に血糖を制御する働きがあることが分かった。しかしネズミは人ではない。また専門家らは蜂蜜の使い過ぎに対し警告を発している。蜂蜜もテーブルシュガーや糖液、メープルシロップと同様に糖類として代謝される。
トアラン蜂蜜に乳がん、子宮頸がん、皮膚がんのがん細胞を破壊する働きがあることも研究で明らかになったが、シャーレと臨床試験は全く別物だ。それでも蜂蜜は、多くのがんや心血管疾患の原因である酸化的ストレスや炎症を抑える抗酸化物質を高濃度で含んでおり、抗がん剤や心臓病の予防手段としての働きが期待できる。

ただし、蜂蜜をどのように考えるかは各自の自由だが、野菜や果物などの体にいい食べ物をバランスよく食べることこそが病気と戦える体を作る唯一の方法といえそうだ。

no title

【人生100年時代】健康ブームに株価沸く ジムやウエア各社、軒並み好調 「シックスパッド」上場 時価総額2000億円超へ

1: ばーど ★ 2018/06/17(日) 11:49:25.35 ID:CAP_USER9
健康に関連する銘柄への評価が株式市場で高まっている。7月に新規上場予定のトレーニング機器「シックスパッド」の販売企業は時価総額が2000億円超になる見込み。フィットネスジムを運営する企業などの株価も好調だ。「人生100年時代」が迫り、健康へのニーズは一段と高まっていくとの見方が背景にある。

「シックスパッド」を販売するのはMTG(名古屋市、松下剛社長)で、東証マザーズへの上場を予定している。19…

※全文は会員登録をしてお読みいただけます

2018/6/17付日本経済新聞 朝刊
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO31871070W8A610C1EA1000/

【健康増進法改正】原則禁煙 パチンコ店戦々恐々「禁煙なら行かない」「いちいち喫煙所、イライラする」との声も

1: ばーど ★ 2018/06/16(土) 09:54:06.68 ID:CAP_USER9
受動喫煙被害を防ぐ健康増進法改正案が15日、衆院厚生労働委員会で自民、公明、国民民主党の賛成多数で可決され、今国会で成立する見込みになった。適用除外になる飲食店が多いため「緩すぎる」との批判も強い同法案だが、飲食以外のサービス業の店は原則禁煙になる。パチンコ店など喫煙者が比較的多い店舗は、客離れに戦々恐々としつつ、対策を急いでいる。

 同法案は、これまで努力義務にとどまっていた公共の場での禁煙を初めて罰則付きで義務付ける内容。学校や病院、行政機関は敷地内、多数の人が使う施設や店舗は「喫煙専用室」以外の屋内喫煙が原則禁じられる。

 法案を作る過程では飲食店への規制が焦点になり、最終的に客席面積が100平方メートル以下で資本金5000万円以下の既存店は掲示すれば当面は喫煙可とすることで決着した。厚生労働省の試算では55%の店が対象外となり、より規制が厳しく8割以上が対象になるとされる東京都の受動喫煙防止条例案と比べ「実効性に乏しい」との指摘もある。

 ただ、国も都も、飲食店以外の店舗を一律原則禁煙としている点は同じだ。全国のパチンコ店や機器メーカーでつくる日本遊技関連事業協会の調査によると、パチンコ店の来店客のうち、49%が紙巻きたばこ、9%が加熱式たばこを「吸う」と回答。店内禁煙になった場合、29%は「行く回数が減る」、9%は「行かなくなる」と答えており、法改正が死活問題になりかねない。

 玉の音が鳴り響く千葉市稲毛区のパチンコ店「マルハン千葉北店」。たばこをくわえた男性客(62)は「禁煙になったらいちいち喫煙所に行くのは面倒で、イライラすると思う」と肩を落とす。逆に「たばこは嫌いだが、マスクをつけて我慢している。早く全館禁煙になってほしい」と法改正を歓迎する男性客(68)もいる。

 マルハンはたばこが嫌いな客を取り込もうと3店舗を全館禁煙にし、加熱式たばこのみ喫煙可能な店も開いた。広報担当の社員は「喫煙客が多いので法改正で客離れが起きる可能性があるが、対応するしかない」と話す。

 影響は学生街にも広がる。東京・高田馬場にあるマージャン店は、たばこを吸う大学生らでごった返す。男性店長(33)は「客が逃げる不安はあるが、最近は禁煙の店も増えているし、業界全体でマージャンにクリーンな印象を持たせようと努力している。法改正はいい機会だ」と受け止めている。【酒井雅浩、原田啓之】

6/16(土) 6:33
毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000137-mai-soci

【健康】知られざるリスク、米国人の3人に1人がうつ病の副作用ある薬を服用 経口避妊薬や胃の制酸薬、心臓病の薬など

1: みつを ★ 2018/06/13(水) 16:44:09.42 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3178310?cx_part=top_latest

知られざるリスク、米国人の3人に1人がうつ病の副作用ある薬を服用
2018年6月13日 15:53 
発信地:タンパ/米国

【6月13日 AFP】米国人の3人に1人が、うつ病のリスクを高める恐れがある医薬品を服用しているとの研究結果が12日、米国医師会雑誌(JAMA)で発表された。

 この論文によると、これらの医薬品は広く普及している経口避妊薬や胃の制酸薬、一般的な心臓病の薬などの処方薬や市販薬で、副作用としてうつ病を引き起こす可能性があることが知られていない可能性があると指摘している。

 イリノイ大学シカゴ校(University of Illinois at Chicago)のディマ・クァト(Dima Qato)助教(薬剤システム)は「服用している薬が、うつの症状が現れるリスクを高めたり、うつ病の発症につながったりする恐れがあると知ると驚く人も多いのではないか」と述べた。

 この研究によると、うつの症状が現れるリスクが最も高いのは、副作用でうつ病が引き起こされ得る薬を複数同時に服用している人だった。こうした薬を同時に3種類以上服用した成人の約15%に服用中にうつの症状が現れたのに対し、薬を一切服用しなかった人はわずか5%、1種類しか服用しなかった人は7%だった。

 ブラックボックス警告と呼ばれる明確な警告文で自殺のリスクを表示しているのは抗うつ薬だけだ。降圧薬、「プロトンポンプ阻害薬」と呼ばれる制酸薬、鎮痛薬、経口避妊薬などの一般的な医薬品のパッケージでは、こうした警告文はもっと分かりにくく表示されているか、全く表示されていないかのどちらかだ。このため多くの患者が、こうした一般的な薬の副作用としてうつ病のリスクがあることに気付いていない恐れがあるという。

 米保健当局は1週間前、米国の自殺率は過去20年で30%増加しが、自殺者の約半数は精神病と診断されていなかったと発表していた。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

【人体】腸内の「第2の脳」、排便を促進する仕組みを解明

1: 野良ハムスター ★ 2018/06/05(火) 21:00:12.06 ID:CAP_USER
脊椎動物の腸の中には、脳と脊髄からなる中枢神経系から独立した腸管神経系があり、「第2の脳」とも呼ばれている。最新の研究により、腸管神経系が排便を促進する仕組みが初めて解明された。

■腸管神経系とは

腸管神経系(ENS)は、消化管壁の中に存在する神経ネットワークを指す。英国の生理学者ジョン・ニューポート・ラングレーが20世紀前半に自律神経系を交感神経系、副交感神経系、腸管神経系に分類するなど、その存在は早くから知られていた。

人間のENSは5億個のニューロンで構成されている。これは脳のニューロンの200分の1、脊髄のニューロンの5倍に相当する。

これまで、ENSが中枢神経系と連携して腸の働きを助けていることは知られていたが、具体的な仕組みについては不明な部分もあった。

■豪フリンダース大の研究

オーストラリアのフリンダース大学で神経生理学を専門とするニック・スペンサー博士らのチームは、マウスを使った実験でENSの働きを解明する研究成果を論文にまとめ、米国神経科学学会が発行する学術誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」に発表。科学系メディアのサイエンス・アラートなどが報じている。

論文によると、ENSが大腸の推進運動を促している事実はよく知られているが、大腸に神経性収縮を伝えるENSの発火パターンは未知のままだったという。この発火パターンを探るため、研究チームはニューロンの高解像度画像と電極を使ってマウスの大腸の平滑筋組織から電気信号を記録し、数百万もの細胞に関わるニューロン発火のリズミカルなパターンを発見。このパターンが腸内の筋収縮を促進し、体から排泄物を押し出していることを確認した。

■ENS研究の将来性

スペンサー博士はサイエンス・アラートの取材に応じ、「消化管のユニークな特徴は、脳や脊髄から完全に独立して機能できる完結した神経系を持つ唯一の内臓であるという点」だとし、進化の観点からENSが「第1の脳」だとする研究もあると指摘した。

同博士はまた、今回の研究でENSにおけるニューロンの大規模集団が腸の収縮をもたらす仕組みが初めて解明されたとし、今後はこの成果が基礎となり、慢性の便秘などENSの機能不全による腸疾患の治療法が進歩する可能性があると述べた。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/2-91.php

【健康】「歯の治療必要な子供」半数以上が受診せず…「口腔崩壊」の子供も 

1: すらいむ ★ 2018/06/07(木) 18:39:12.89 ID:CAP_USER9
「歯の治療必要な子供」半数以上が受診せず

 学校の「歯科検診」で、歯の治療が必要とされた子供の半数以上が、その後歯科を受診していないことが初めてわかった。

 全国保険医団体連合会によると、学校の歯科検診で、「治療が必要」と診断された子供のうち、その後に歯科医を受診しない子供は、小学校では約5割、中学校では約7割、高校では約8割にのぼった。

 また、虫歯が10本以上あったり、根しか残っていないような歯が何本もあるなど、いわゆる「口くう崩壊」の子供がいると答えた学校は、小学校では全体の約4割、中学校では約3割、高校では約5割だった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

日テレNEWS24 2018年6月7日 18:04
http://www.news24.jp/articles/2018/06/07/07395268.html