健康」カテゴリーアーカイブ

【健康】妊婦さん、生もの食品は避けて 消費者庁が注意呼び掛け【生ハム・ナチュラルチーズなど】

1: あられお菓子 ★ 2018/05/17(木) 06:34:17.23 ID:CAP_USER9
共同通信 2018/5/16 20:33
https://this.kiji.is/369447919721579617

 消費者庁は16日、生ハムやナチュラルチーズといった加熱殺菌されていない食品が健康被害を招く
可能性があるとして、妊婦が食べるのはできるだけ避けるよう注意を呼び掛けた。

 加熱殺菌がない「生もの」の食事を避けることは、妊婦の生活上の注意点として、母子手帳などで
周知されている。一方で妊娠中の有名芸能人がローストビーフを食べ、十分に火が通っていない食品を
取ることの是非が最近インターネット上で議論を呼んだことから、同庁は改めて注意喚起が必要と
判断したという。

関連記事
ローストビーフに食中毒の可能性!? 妊娠中などハイリスクの人たちは注意を

BuzzFeed NEWS 2018/04/24 17:33
https://www.buzzfeed.com/jp/wakimatsunaga/shokuchuudokuchuui

【外食】すき家の新作牛丼 狙いは「健康まっしぐら」(5/16販売予定)

1: あられお菓子 ★ 2018/05/15(火) 11:42:33.54 ID:CAP_USER
ITmedia ビジネスオンライン 2018年05月14日 15時21分 公開
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/14/news103.html
シーザーレタス牛丼(並盛)
no title

シーザーレタスカレー(並盛)
no title

 すき家は5月16日(水)からレタスをたっぷり使用した「シーザーレタス牛丼(並盛)」
(500円、税込、以下同)と「シーザーレタスカレー(並盛)」(640円)を発売する。

 レタス、グリーンリーフ、赤パプリカ、角切りのベーコンに、すき家オリジナルのシーザーソースや
複数のチーズなどを加えることで、シャキシャキした食感と独自の風味を実現した。

 新作のレタス牛丼やレタスカレーは6月中旬~下旬までの期間限定販売となるが、
開発の背景にあるのはすき家が近年強化している健康路線があった。

健康志向を強化する背景

 すき家は2017年に低糖質(ロカボ)がお客に支持されると判断し、「ロカボ牛麺(490円)」と
「ロカボ牛ビビン麺(590円)」を発売している。いずれもコンニャク麺を使用することで、
糖質の量を抑えているのが特徴だ。似たようなコンセプトの商品に、ご飯の代わりに豆腐を利用し、
たっぷりの野菜を載せた「牛丼ライト」(お肉並盛で430円)があるが、「いずれも想定以上売れている」
(すき家を運営するすき家本部広報担当者)。

 健康を重視する姿勢はメニュー構成からも見て取れる。レタス牛丼投入に伴い刷新する新メニュー表を見ると、
やたらと「健康」「サラダ」の文字が目に飛び込んでくる。客単価を上げる狙いもあるのだろうが
「シーザーレタス豚丼(並盛)健康セット」(720円)や「かつぶしオクラ豚丼(並盛)サラダセット」
(660円)などが「おすすめメニュー」として大きく取り上げられている。

 丼やカレーにセットで提供するサイドメニューには「健康セット」(190円)もある。また、
今回のレタス牛丼登場に伴って、サラダのメニューに「シーザーレタス」(150円)が新しく加わる。

 このように、すき家のメニューにおける「健康系」商品の存在感は増している。

女性だけでなく男性の需要に応える

 レタス牛丼は通常の丼より底が浅く幅が広いボウル状の器に盛り付けられている。レタスの存在感を
増すための工夫であり、男性客が多いすき家が女性客を獲得するための戦略的商品のように思えるが
「女性だけでなく、幅広い層に訴求したい」(同社広報)という。

 すき家が健康系商品を強化する背景には何があるのだろうか。ある大手小売りチェーンでは、
20~40代のビジネスパーソン向けの商品開発を強化しており、「脱メタボ」をキーワードにしている。
肉体労働をするお客には「ボリューム」は訴求ポイントになるが、体重を気にする女性や男性のお客を
取り込むには「健康」を意識しないといけないと考えている。

 すき家の店舗の半分以上は郊外にあり、ファミリー層が多く訪れる。健康志向の強い母親だけでなく、
体重を気にする父親にもサラダ牛丼は支持される商品になりうると考えているに違いない。

 かつて、吉野家は「腹ごしらえを、しよう」というキャッチコピーで、肉体労働者をイメージさせる男性が
登場する広告を出した。しかし、近年は具が野菜中心の「ベジ丼」や「ベジ定食」を相次いで投入しており、
健康志向を強めている。

 すき家が発売するレタス牛丼のような「健康まっしぐら」な健康メニューは、ほかの大手牛丼チェーンでも
広がっていくだろう。

46年間毎日ビックマックを食べ続けた男性 計3万個も食べるも健康そのもの 「マックは体に悪い」は嘘

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/05/09(水) 22:00:41.36 ID:R37eGU3J0● BE:887141976-PLT(16001)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
世界的なファーストフード、マクドナルドのメニュー『ビックマック』を46年間毎日2個食べていた
アメリカの60代男性が注目を浴びている。

アメリカのウィスコンシン州に住んでいるドン・ゴルスケ(Don Gorske・64)は「マクドナルドの店舗で
3万個のビックマックを食べた」と語った。

ドン・ゴルスケが初めてビックマックを食べたのは1972年の18歳だった頃。この頃彼は車を所有するようになり、
最初に訪れたのがマクドナルドだった。そこで9つのビックマックを食べたが満足感を得られなかったという。

以降、ドン・ゴルスケとビックマックの長い付き合いが始まることになる。
ドン・ゴルスケは1日平均2個のビックマックを食べ、2016年8月には2man8788個のビックマックを食べて
ギネス世界記録を達成。

ドン・ゴルスケが46年間にビックマックを食べなかった日は8日間だけで、雪や荒らしで近所のマクドナルドが
臨時休業していたとき、それと母親が亡くなったときだけだ。それを除いては毎日ビックマックを食べた。

長期間、多くのビックマックを食べてきたドン・ゴルスケだが健康への心配する声も少なくない。
しかしドン・ゴルスケは「健康診断を受けたが、コレステロール値も低く、血圧も問題なかった」と明らかにした。

一方、マクドナルド側は「私達の象徴であるビックマックに情熱を注いでくれて感謝している」と伝えた。
尚ビックマックポリスは解雇されていたためコメントが無かった。

http://gogotsu.com/archives/39599
no title

no title

【健康】長時間スマホで「IT眼症」…目の疲れ・頭痛・不眠、小中学生も多く

1: ノチラ ★ 2018/04/30(月) 19:04:24.10 ID:CAP_USER
スマートフォンなどIT(情報技術)機器の長時間利用で目の疲れや頭痛、不眠などが起きる「IT眼症」が問題になっている。

 小中学生がなるケースも多く、専門家はスマホなどの適切な利用を呼びかけている。(岩浅憲史)

「ブルーライト」発する液晶画面、至近距離で凝視すると…
 東京都内の小学5年男児(10)は帰宅後、目から20センチほどの至近距離でスマホを持って友人とオンラインゲームを楽しむ。2時間近く熱中することもある。男児の母親(44)は「学校の授業でもタブレット端末を使う。目を酷使して健康に影響がないか心配」と話す。

 兵庫県姫路市のツカザキ病院小児眼科外来では最近、目の疲れや痛みを訴える小中学生らが増えている。同病院の小児眼科医で、川崎医療福祉大名誉教授の田淵昭雄さんによると、大半がスマホや携帯ゲーム機などの長時間使用によるIT眼症だという。

 IT眼症とは、至近距離でIT機器の明るい液晶画面を長時間凝視することで、目の疲れや頭痛、首や肩のこり、不眠などの症状が出ること。イライラなど心身のストレスを抱えることもある。

 IT機器の画面の光源はLEDが主流で、目を刺激する「ブルーライト(青色光)」を発している。画面との距離が近いほど、夜間や暗い場所ほど影響が大きいとされる。スマホやタブレット端末は、パソコンに比べて画面が小さく、顔を近づけて見がちだ。

幅広い世代で深刻化
 小中学生や高校生のインターネットの利用率は年々増加傾向にある。内閣府が2月に発表したネット利用環境の調査では、平日の1日に5時間以上利用する小学生は5・1%、中学生11・6%、高校生は26・1%だった。

 成人にも影響が広がる。化粧品大手ファンケル(横浜市)が2015年11月、20~60代の男女1万人を対象に行った調査では、「目の疲れを感じる」とした人は86%に上った。原因は、全世代で「スマホやパソコンの利用」が最多だった。東京都内の会社員(41)は、就寝前の暗い寝室で、動画投稿サイト「ユーチューブ」のゲーム動画をタブレット端末で見る。「目の疲れがひどく、寝付きも悪くなった」と話す。

 田淵さんは「IT機器が急速に普及し、場所や昼夜を問わず利用するようになった。IT眼症が幅広い世代で深刻化している」と指摘する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00010000-yomidr-sctch

【健康】梅毒 患者増加 妊娠の有無報告へ

1: みつを ★ 2018/04/23(月) 05:01:23.98 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180423/k10011413701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008

4月23日 4時07分
性感染症の梅毒が妊婦から胎児に感染するケースが増えていることから、厚生労働省は、医療機関が梅毒患者を国に届け出る際、妊娠しているかどうかも報告させ、早期の治療につなげていくことになりました。

梅毒は、妊婦がかかっている場合、胎児に感染して先天梅毒を引き起こすおそれがあり、妊婦が治療を受けなければ4割の胎児は死産や出生後まもなく死亡する可能性があるとされています。また、目や耳などに障害が出るおそれもあります。

梅毒の患者はここ数年増加していて、去年は5820人と、44年ぶりに5000人を超えました。妊婦の患者も増加し、おととしには33人が報告され、先天梅毒の赤ちゃんは14人に上りました。

これを受けて、厚生労働省は、医療機関が梅毒に感染した女性の患者を国に届け出る際、患者が妊娠しているかどうかも報告させる方針を固めました。

厚生労働省によりますと、梅毒に感染した妊婦に対し適切な抗菌薬治療を分べんの4週間ほど前までに行えば、胎児への感染を予防できるということです。

厚生労働省は、医療機関から妊婦の感染が報告された場合、分べんの4週間前までに適切な治療が完了しているか確認することにしています。

【健康】「汗をかいてデトックス(毒素排出)」はウソ 

1: 野良ハムスター ★ 2018/04/14(土) 22:59:58.79 ID:CAP_USER
発汗は、今や健康や美容のトレンドになっている。遠赤外線サウナからホットヨガまで、タオルが汗でびっしょりになるアクティビティはリラクゼーション効果があるだけでなく、体の毒素を排出して健康を保つとも言われている。

だが、汗をかいて毒素を排出するという説は、汗をかいて弾丸を搾り出すというのと同じくらいありえない話であることが、最新の研究で明らかになった。科学者たちも長年密かに疑っていたことだが、汗と一緒に毒素も排出されるというのは、都市伝説に過ぎなかった。

人間が汗をかくのは体温を下げるためであって、老廃物や有毒物質を排出するためではない。その役目を負うのは、腎臓と肝臓である。もちろん、都市伝説の中にも一粒の真実はあるものだ。この場合も例外ではない。汗の成分の大部分は水とミネラルだが、様々な種類の有毒物質も含まれている。

ただし、学術誌「Environment International」に掲載された研究報告によれば、その量はごくわずかだという。

「どの程度の量かということは、常に問うべきです」と、化学者のジョー・シュワルツ氏は言う。「汗を分析すると多くの物質が見つかりますが、化学物質があるからと言って必ずしも危険なわけではありません」

■汗に含まれる汚染物質の量は?

シュワルツ氏は、カナダ、マギル大学の科学社会事務局長を務めている。科学に関する都市伝説を検証する同局には、医療詐欺やエセ療法に関する問い合わせが山のように寄せられているという。そのなかには、体のデトックスをうたったものも数多い。

では、汗の中にはどれほど有害な物質が含まれているのだろうか。

ほとんどの汚染物質に関しては、その量はあまりにわずかで、あってもなくても変わらないと、今回の研究を率いたパスカル・インベルト氏は言う。インベルト氏は、カナダ、オタワ大学の運動生理学者で、体脂肪に蓄積する汚染物質の研究をしている。

これらの物質は「残留性有機汚染物質」と呼ばれ、農薬、難燃剤、そして現在は禁止されているもののまだ環境中に残っているポリ塩化ビフェニル(PCB)などがある。食品や環境中に存在する「毒」と一般に考えられているが、脂肪に引き寄せられる性質があるため、大部分が水でできている汗には溶けにくい。(参考記事:「有毒物質PCBへの耐性を獲得した魚」)

インベルト氏と研究仲間が調べた結果、普通の人が1日45分間の激しい運動を行ったとしても、1日の発汗量はせいぜい2リットルほどだった。これには、運動していない平常時の発汗も含まれる。そして、それだけの汗をかいても汚染物質は0.1ナノグラム以下しか含まれていない。

言い換えると、「普段の食生活で体内に取り込む汚染物質のうち、汗で出る量は0.02%に過ぎません」と、インベルト氏は言う。さらに運動を激しくしたとしても、0.04%程度までしか増えない。

つまり、どんなに大量の汗をかいたとしても、その日体内に摂取した汚染物質の1%すら排出できないということだ。

ただし、ほとんどの人間の体内にある農薬やその他の汚染物質の量自体、極めて微量であるということも覚えておいてほしい。分析化学者の功績により、今では1兆分の1単位で物質を検出できるようになったが、だからといってそのわずかな物質がすぐさま有害であるとか、減らせば健康に良いといった話にはならないと、シュワルツ氏は言う。(参考記事:「米国 汚染地に暮らす」)

>>2につづく
no title

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/041200164/

【医療】胎盤をサプリメントなどに加工して摂取する「胎盤食」 健康被害をもたらす可能性

1: シャチ ★ 2018/04/15(日) 00:26:33.17 ID:CAP_USER9
出産後に取り出された胎盤をサプリメントなどに加工して摂取する「胎盤食」は、健康被害をもたらす可能性があるとして、
注意喚起がなされている。オーストラリア保健省の薬品・医薬品行政局(TGA)は1月、「胎盤の摂取は、
潜在的なリスクがある」と声明を発表。米国疾病予防管理センター(CDC)も昨年、
胎盤をカプセルで摂取していた母親の子どもが、深刻な感染症を引き起こしたとして、注意を呼び掛けている。

胎盤食の推進派は、胎盤を食べると産後の痛みや気持ちの落ち込みを和らげたり、母乳の量を増やしたりする効果があると主張する。
胎盤をカプセルやスムージーに加工する業者もおり、米国では、
キム・カーダシアン・ウェストなど有名人が胎盤食を実践したと公表して注目を集めた。

しかし、産婦人科系専門誌「American Journal of Obstetrics& Gynecology」に昨年掲載された論文では、
「ヒトが胎盤を摂取する臨床的利点の科学的根拠は全くない」と健康効果を否定。
さらに「潜在的危険があり、医師は女性たちが実践しないよう指導すべきだ」と結論付けている。

CDCによると、2016年、新生児がB群連鎖球菌(GBS)感染症を発症し、病院に運ばれた。11日間の治療を受けて完治したが、
退院5日後、感染症が再発。母親の母乳などからGBSは検出されなかったが、母親が摂取していたカプセルからGBSが検出された。
母親は、自身の胎盤を加工したカプセルを産後3日目から1日3回2粒摂取していたという。
これにより、「母親の腸や皮膚へGBSが定着しやすくなった」ことが新生児の感染要因と考えられるという。
CDCは「汚染された胎盤を使ったカプセルの摂取は、母親の感染症リスクを高めるとともに、
子供のリスクも高める」とし、「胎盤の摂取は避けるべき」と主張している。

胎盤は通常、医療廃棄物として廃棄される。TGAは「胎盤の適切な保存方法や、
安全な食用として加工するための基準は定められておらず、ウイルスなど感染因子を含む可能性が高い」としている。

健康産業新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00010000-kenkoshin-ind

【健康】コーヒーの発がん性警告を LA裁判所、スタバなど販売者に命令

1: ムヒタ ★ 2018/03/31(土) 09:03:06.02 ID:CAP_USER
米ロサンゼルスの裁判所は30日までに、米コーヒーチェーン大手スターバックスなど販売業者に対し、コーヒーに発がん性成分が含まれているとの警告を表示すべきとの判断を下した。AP通信などが伝えた。健康被害があるとする原告側の非営利団体の主張を認めた。販売業者は上訴できるが、判決が確定すれば、カリフォルニア州でコーヒーを販売する場合、発がん性表示が義務付けられる。コーヒーに含まれるカフェインには健康効果があるとの研究報告もあり、判決は論争を呼びそうだ。

判決では「原告側はコーヒーの消費で胎児から大人まで危険性が増すとの証拠を示した。一方で被告側の医療専門家の証言は、因果関係に基づかない意見だった」と指摘した。

団体側は、発がん性が指摘される化学物質「アクリルアミド」が、コーヒー豆の焙煎で生じるとして、この化学物質を取り除くか、警告表示をするかのいずれかを求めていた。(共同)
2018.3.31 08:03
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180331/mcb1803310803015-n1.htm

no title

グルコサミンには何の科学的根拠も無かった!?

1: secret name 2018-04-02 13:29:31 ID:
http://www.sentaku.co.jp/articles/view/17832
だが、オランダをはじめとする学者らが2017年夏、グルコサミン製品の有効性を総合的に評価した研究報告によると、膝の痛みや機能の改善に効果がある科学的な証拠はなかった。このため昨年来、消費者庁への届け出を撤回する業者が続出した。

しかし、その撤回の動きを知る消費者はほとんどいない。グルコサミン製品の新聞広告は今もって多く「記事化しにくい」(全国紙記者)。肝心要の消費者庁は撤回の理由や根拠の程度を巡り、責任ある公式見解を出していない。この役所の名前倒れも極まれり。
no title

【健康】LGBTの高校生3人に1人「わざと体を傷つけた経験ある」

1: みつを ★ 2018/03/20(火) 06:52:41.65 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180320/k10011371521000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_021

3月20日 4時17分
高校生およそ1万人を対象に、LGBT=性的マイノリティーの生徒とそのほかの生徒について、生活での悩みなどを比較する調査が行われ、LGBTの生徒は3人に1人が「わざと体を傷つけた経験がある」など心の不安を抱えている割合が高くなっていることがわかりました。

この調査は去年10月から12月にかけて、宝塚大学の日高庸晴教授と三重県の男女共同参画センターがアンケートに記入してもらう形で行い、三重県の県立高校の2年生、およそ1万人が回答しました。このうちLGBTと考えられる生徒はおよそ1000人で、全体の10%でした。

学校生活では「安心できる場所がある」と答えたLGBTの生徒は37%、「いざと言う時に力になってくれる友人や先生がいる」と答えたLGBTの生徒は47%で、いずれもそのほかの生徒の割合をおよそ20ポイント下回りました。

また「わざと自分の体を傷つけたこと」があると答えたLGBTの生徒は3人に1人にあたる32%で、そうでない生徒の割合をおよそ20ポイント上回り、学校やふだんの生活で心の不安を抱えている割合が高くなっていることがわかりました。

日高教授は「不安や悩みの背景には、LGBTに関してネガティブな情報があふれていることがある。授業でLGBTについてきちんと教えたり、悩みを相談できたりする環境作りが必要だ」と話しています。

レズビアンの女性は

東海地方に住む、20歳のレズビアンの女性も高校生の頃、生きるのがつらいという思いを抱えていました。

学校で2人で騒ぐ男子生徒たちに、教師が「お前らホモかよ」と差別的な発言をしたこと。

また教科書に「思春期には異性を好きになる」といったことだけが書かれ、LGBTについて触れられていなかったこと。

そうした経験から「正しいことをいう先生からも、教科書からも否定された。自分はよくない存在で早く死なないといけないと思っていた」と言います。当時の日記やメモには、「生きてる価値がわからない」「苦しくても言える相手がいない」といった言葉が記されています。

女性は「小学校から高校までの間に1人の先生でいいので、異性を好きにならない人生もあると教えてくれていたなら、気持ちが楽になり自分を否定することもなかったのではないか」と話していました。

no title

【朗報】科学者「洗剤を使っての掃除はタバコ20本よりも健康に悪い」

1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [BR] 2018/03/13(火) 18:52:42.28 ID:xPA/1Pfo0● BE:567558921-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
ベルゲン大学の国際保健センターのセシール・スヴァネス教授らの研究によると、定期的に洗剤を使って掃除する人は、
1日あたりタバコ20本分に相当する肺機能の低下が見られたことが明らかにされました。
https://gigazine.net/news/20180313-using-cleaning-products-as-bad-20-cigarettes/
この研究は20年以上かけて6000人以上に対して調査が行われており、掃除を行う頻度などの質問が書かれたアンケートを実施すると共に、
実際に空気を吸い込むことができる量を測定したとのことです。調査の結果、
10年~20年にわたって清掃作業員として働く女性や定期的に清掃用洗剤を使用して掃除する女性は肺機能が低下しており、
1日に20本以上のタバコを10年~20年吸っている喫煙者と同等レベルの影響を受けていることが判明しました。

日本人が実践する健康法の「大ウソ」このままでは寿命が縮みます!

1: 名無しさん@涙目です。(静岡県) [KR] 2018/03/07(水) 18:24:38.90 ID:Oavqv7jw0● BE:368413384-2BP(2000)
週刊現代の特集「逆さま健康法」には大きな反響があった。信用に足るかどうか怪しい情報が溢れているのは、
食品も同じ。身体に良かれと思っていた食生活が、実は寿命を縮めていた――。

ウコンは肝臓に悪い
二日酔い対策のため、飲み会の前にウコン入りのドリンクをコンビニで買って飲む――。ウコンは肝臓の機能を回復させ、
アルコールの分解を促進するため「身体にいい」と思い込んでいる人は少なくない。ところが近年そのウコンが人によっては、健康被害をもたらしていることが明らかになっている。

「以前、全国の肝臓学会の会員施設に対して、健康食品が原因となった肝障害について調べた結果、原因の1位になったのがウコンだったのです」

こう語るのは名古屋大学大学院医学系研究科・教授の石川哲也氏だ。同氏によれば肝機能が落ちている人は、ウコンを飲むことでかえって肝障害を悪化させる危険性もあるという。

「肝機能の数値が悪いのを回復させようとしてウコンを飲むのはおすすめしません。
特に、C型慢性肝炎や非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)は肝臓に鉄分が溜まりやすい病気です。そのため鉄分を多く含むウコンを飲むと余計に悪化してしまう危険性がある。

肝臓の数値が悪いからと自己判断でウコンを飲み続けると、知らないうちに肝障害がより悪化する危険もある。

まずは医者に相談し、正しい診断を受け、ウコン入りの健康食品を摂る場合は成分表示をしっかり見て鉄分量を確認してください」(石川氏)

ウコンは、別名ターメリックと呼ばれ、胆汁の分泌を促すというメリットもある。しかし、それ以上に「同時に鉄分を摂りすぎてしまう」というデメリットのほうが大きいのだ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50909?page=2

no title

公園での飲食は「不健康」との意見に違和感 ネットで物議を醸す

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2018/02/28(水) 19:43:49.96 ID:+An58ueZ0 BE:837857943-PLT(16930)
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
no title

あるTwitterユーザーが、小学校の懇談会でとりあげられた”公園での飲食”という議題について違和感を示し、ネット上で話題となっている。

このユーザーによれば、事の発端は小学校の懇談会。「放課後、公園や空き地で座り込んで駄菓子を食べている児童がいる」
と切り出した保護者がいたのだという。ユーザーは「いるいるあれ楽しいもんねと思いつつ黙ってた」ところ、保護者が言いたかったのは
「不健康で、見ていて気分がいいものではない」ということだった。

Twitter上では

“こういう話って実は昔からあるものなのか最近のものなのかが気になる。私は公園で友人達と遊びがてら
駄菓子を食べて育った方だけれど、学校で「買い食い禁止」みたいな話も確かあった様な記憶もあるし…”

“私も小学生の頃は買い食い禁止だったな。でも駄菓子屋でお菓子を買って友達とシェアしたりして、それなりに楽しんでいたよ。
買い食いが禁止されている理由って、色々あるみたいだけど元々は親が子どもの食事コントロール外になりやすいからだったかと。”

などという指摘や、

“駄菓子を買い食いして公園で友達と食べる・・・。家の子供にはさせたくないな。
「友達とお菓子が食べたいなら家で食べなさい」と言ってしまう。
え?私、過保護なの?”

という意見が見られる。

http://news.livedoor.com/article/detail/14365430/