ダイエット」カテゴリーアーカイブ

【栄養学】医学会も非難、仏紙が検証「〇〇抜きダイエット」の落とし穴 グルテンフリーはまったく無意味、ヴィーガンで早死リスク増!

1: しじみ ★ 2018/12/19(水) 19:01:24.71 ID:CAP_USER
ライザップが取り入れている「ケトジェニックダイエット」に、キャサリン妃が実践する「ローフード」。短期間に痩せると評判の食事療法だが、じつは健康リスクが高く、医学界からも批判されている。フランスの栄養学者や食事療法士が、その問題点を指摘する。

ヒトは雑食である。好みや体質はあるものの、基本的には何でも食べる動物だ。しかし現代には、特定のカテゴリーに属する食品や成分を「摂らない」ようにする食事療法が存在する。こうした「○○制限」「○○抜き」ダイエットは、何らかの病気でないかぎり、またきちんとした処方がないかぎり、危険だと専門家は警告する。

■グルテンフリー

世界中に多くの信者を集めているグルテンフリーだが、これについては科学界ではっきりした見解がある。「セリアック病(グルテンに反応した消化器系の病気)などを抱えていないかぎり、グルテンフリーの有効性をきちんと証明した研究は一つもない」のだ。

グルテンとは、穀類(小麦・大麦・ライ麦・カラス麦)に含まれるタンパク質のこと。だがこれは、糖鎖と結合するさまざまなタンパク質のうちの一種にすぎない。食事療法士のフロランス・フーコーは次のように説明する。

「真珠のネックレスに、ちょっと黄ばんだ真珠が3粒だけ混じっているとしましょう。その3粒を取り除いたとしても、ネックレス自体に変化はほとんどありませんよね。そういうことです」

グルテンフリーを実践すれば消化が良くなったり痩せたりしたのは事実だ、と主張する人もいるが、フーコーはこれも一蹴する。

「グルテンを避けようと思って高カロリーのパンやケーキを食べなくなったら、そりゃ痩せるのは当然ですよ」

■ラクトースフリー

哺乳類の乳の中に含まれるラクトース(乳糖)。下痢やアレルギーを防ぐため、これを摂取しないようにするのが「ラクトースフリー」という食事療法だ。しかし、多くの人が「乳糖」と「乳製品」を混同していると栄養学者グレゴリー・ドブリュスは指摘する。この2つに対するアレルギーは、まったく別物なのだ。

たとえば、乳糖を摂ると必ず消化不良や下痢になるような、正真正銘の乳糖不耐症の人がいるとしよう(実際、アジア人には多いとされる)。そういった人々でも、熟成されたチーズなら食べられるということが少なくない。熟成チーズは製造過程で乳糖が分解されるため、ほとんど乳糖が含まれていないからだ。

ヨーグルトについても同じことが言える。発酵乳では乳糖は大幅に減少する。「ヨーグルトに含まれている乳酸菌が、乳糖をあらかじめ消化してくれるのです」と、食事療法士フーコーは説明する。

また最近は、乳糖を含まない製法の牛乳も市販されており、乳糖不耐症の人でも安心して飲むことができる。

したがって、乳糖と乳製品を混同してはならない。むしろ乳製品は、カルシウムの貴重な源なのだ。ここを混同して「牛乳は体に良くない」と主張する人々さえいるが、科学的な根拠はない。そうした極論のせいでリウマチ患者が増えるほうが問題といえよう。

■ケトジェニックダイエット

世界的なブームとなっている糖質制限ダイエット。フランスでも毎週のように「ケトン体」に関する本が出版されている。炭水化物を減らし、高脂肪と適度なタンパク質を中心に摂取することで、糖質ではなく「脂質」をエネルギー源とする体質に変えていくという方法だ。

内分泌学者ドミニク・カシュトは、「このダイエットを長期的に続けると心臓血管へのリスクが生じる」として、警鐘を鳴らす。

さらに、口臭の原因にもなると指摘されている。その臭いたるや、同氏いわく「腐ったリンゴのような悪臭」だとか。ケトジェニックダイエットが求めているはずの美意識からすれば、かなりの代償である。

続きはソースで

https://courrier.jp/media/2018/12/14045528/GettyImages-1042105236.jpg

https://courrier.jp/news/archives/146169/

【健康】半年間のウォーキングで思考力が改善、脳の9歳若返りも 米研究

1: グエムル ★ 2018/12/22(土) 22:52:29.05 ID:CAP_USER9
(CNN) 高齢者が1週間に3回、ウォーキングをしたり自転車をこぐだけで、加齢に伴う思考力の低下を改善することができるという研究結果が、このほど医学誌に発表された。同時に食生活も改善すれば、脳の実行機能年齢は9歳も若返ると報告している。

この実験は米デューク大学のジェームズ・ブルーメンソール氏の研究チームが、心血管系疾患の原因となる高血圧などの症状をもつ大人160人を対象に、6カ月にわたって実施した。被検者はいずれも運動をしたことがなく、意思決定の問題や記憶力や集中力の低下など認知機能に関連した症状が確認されていて、平均年齢は65歳、性別は女性が3分の2を占めていた。認知症と診断された人や、運動のできない人は除外されている。

被検者は4グループに分かれ、第1グループは塩分や脂肪分や糖分を減らして野菜や果実などを増やすDASHと呼ばれる食生活を開始。第2グループは運動のみを取り入れて、前半3カ月はリハビリ施設で週に3回のウォーキングまたは自転車こぎの軽い運動、後半は自宅で運動を続けてもらった。

第3グループは週3回の運動と、DASHの食生活の両方を実施。第4グループは心血管系疾患のリスク低減について助言しただけで、食生活や運動しない習慣は変えなかった。

実験の開始前と終了後には、それぞれ認知力検査やランニングマシンを使った体力測定、食生活診断を受け、血圧や血糖値も測定した。

その結果、運動のみを行ったグループは運動しなかったグループに比べ、計画的に物事を遂行できる実行機能が大幅に改善した。

「コントロールされた有酸素活動は、たとえ短期間であっても、例えば料金の支払いなど自分のことを自分でこなす脳の領域に大きな影響を与えることができる」。アルツハイマー予防に詳しいリチャード・アイザクソン氏はそう解説する。

実験を行ったデューク大学のブルーメンソール氏は、今回の被験者について「それまでほとんど運動せず、認知障害が確認された高齢者だった。しかし誰一人脱落せず、全員が自分で運動プログラムを継続できた」と評価する。

DASHの食生活だけで運動をしなかったグループは、統計的には思考力にそれほどの改善は見られなかった。

一方、運動とDASHを組み合わせたグループは大幅な改善が見られ、実行的思考能力のテストで平均約47点を獲得。これと比較して運動のみのグループは42点、食生活や運動習慣を変えなかったグループは38点だった。

運動とDASHの両方を行ったグループはさらに、脳が9歳若返ったと判定された。

実験を開始した時点で、被検者の実行機能年齢は平均93歳と、実年齢の65歳を28歳も上回っていた。

しかし6カ月間の運動とDASHを続けた結果、脳の実行機能年齢は84歳まで若返った。

ただし、記憶力についてはどのグループにも改善は見られなかった。これについてアイザクソン氏は、「ライフスタイルに介入すれば実行機能の改善は早い。だが記憶力が反応するにはもっと時間がかかる」「もしこの研究を18カ月間続けていれば、記憶力も改善したはずだ」と話している。
2018.12.22 Sat posted at 11:42 JST
https://www.cnn.co.jp/fringe/35130512.html

【医学】「断続的な断食は突出して優れたダイエット法ではない」という研究結果

1: しじみ ★ 2018/11/27(火) 20:38:12.97 ID:CAP_USER
断続的な断食は、近年注目されているダイエット法です。長期間にわたって断食をしてしまうのではなく、あくまでも断続的に行うのがポイントで、1日のうち16時間断食をして、残りの8時間は好きなものを食べる「16:8ダイエット」や、1週間のうち2日だけ完全に断食を行い、残りの5日は好きな物を食べる「5:2ダイエット」などの方法が唱えられています。しかし、「こうした断続的な断食が他のダイエットよりも効率的であるとはいえない」という研究結果を、ドイツがん研究センター(DKFZ)が発表しています。

Intermittent fasting: No advantage over conventional weight loss diets
https://www.dkfz.de/en/presse/pressemitteilungen/2018/dkfz-pm-18-64-Intermittent-fasting-No-advantage-over-conventional-weight-loss-diets.php

Intermittent fasting: No advantage over conventional weight loss diets — ScienceDaily
https://www.sciencedaily.com/releases/2018/11/181126115842.htm

ダイエットについて書かれた本の中には、断続的な断食は、ヨーヨー効果と代謝の持続的変化によって、従来のダイエットよりも効率的に減量できると断言するものがあります。一方で、ドイツ栄養協会(DGE)は、「断続的な断食が効果的だという科学的証拠は十分だとはいえず、長期的な体重調整には適していない」と、安易な断食に警戒を促しています。

そこで、DKFZの研究者であるRuth Schübel氏率いる研究チームは、150人の肥満を抱える被験者についておよそ1年間にわたって断続的な断食と従来のダイエットの比較実験を行いました。

研究チームは150人の被験者を3グループにランダムに分類。1グループ目は1日あたりのカロリー摂取量を20%減らした食事を毎日摂取し、2グループ目は5日だけ食事をして2日は断食するという「5:2ダイエット」を行って1週間のカロリー摂取量を20%削減しました。対照群である3グループ目には特に食事計画を設けずに栄養バランスの取れた食事を摂取させ、研究チームは、38週間にわたって被験者全員の体重と健康状態を測定しました。

実験の結果、1グループ目と2グループ目で、健康状態の改善に差が見られなかったことが判明しました。Schübel氏は「両方のグループの被験者で、体重と内臓脂肪・腹部脂肪の減少が見られ、肝臓の余分な脂肪も減少しました」と報告しています。

被験者の内臓脂肪の変化はハイデルベルク大学病院のJohanna Nattenmüller医師によってMRT(磁気共鳴断層撮影)によって映像化されました。その結果、1グループ目・2グループ目両方において、体重の減少がわずか5%の人でも、内臓脂肪の20%、肝臓脂肪の3分の1以上を減らしていたこともわかりました。
https://i.gzn.jp/img/2018/11/27/intermittent-fasting-for-diet/a01_m.jpg

今回の研究では断続的な断食によって幸福感が得られるかどうかは確認されていませんが、断続的な断食によるダイエットは、食事療法に基づく従来のダイエットと同程度の効果しか期待できず、必ずしも突出して効率的なダイエットではないことが示されたといえます。

研究チームの1人であるTilman Kühn氏は「一部の人にとっては、カロリーを計算して毎日食べ物を制限するよりも、週2回断食を行うほうが簡単かもしれません。しかし、減らした体重を維持するためにはバランスのとれた食事をずっと続ける必要があります」と述べています。また、Kühn氏は「低炭水化物の食事と低脂肪の食事を比較しても健康状態の改善レベルはほぼ同じであることが現在の研究では示されています。重要なことは炭水化物と脂肪を減らしつつ、バランスのとれた食事を行うことです」というコメントを付け加えています。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20181127-intermittent-fasting-for-diet/

【食】ご飯代わりにカリフラワーライス 健康志向で大人気

1: Witch hazel ★ 2018/11/21(水) 20:42:44.91 ID:CAP_USER9
11/21(水) 18:47配信 テレ朝 news
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181121-00000063-ann-bus_all

 糖質制限をしている人たちに朗報となるのだろうか。ご飯のような野菜が発売された。

 通常のご飯と比べて、糖質をなんと96%カットしたというのが「カリフラワーライス」だ。健康に気を使う人が増えていることから、カリフラワーをご飯代わりにした糖質制限メニューは飲食店などにも広がっている。大手スーパーのイオンが21日から売り出したカリフラワーライス。調理は至って簡単。レンジで解凍するだけ。カリフラワーを米粒程度に細かくカットして見た目を再現した。では、肝心の味はどうか。ご飯と比べると、シャキシャキとしてみずみずしい感じもする。茶わん1杯でわずか27キロカロリーで、通常のご飯の10分の1程度だ。ハンバーグをおかずに食べても…。野菜とハンバーグのため合う。では、納豆はどうか。相性はまあまあ。納豆を濃いめの味付けにすれば合う。カリフラワーライスはくせが少なく、チャーハンなどにも合わせやすいという。果たして今後、広がりを見せるのだろうか。

【小売】セブン、塩分カットシリーズ コンビニ各社、健康に的

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/22(月) 20:47:59.09 ID:CAP_USER
コンビニエンスストア大手各社が健康に焦点を当てた商品の開発に力を入れている。セブン―イレブン・ジャパンは今秋、塩分を抑えた商品群を発売する。ローソンやファミリーマートも低糖質をうたったパンや菓子を展開する。コンビニの来店客数が伸び悩むなか、中高年など健康を意識する客層の利便性を高めることで成長継続を狙う。

セブンイレブンは食品の原材料や製法を見直し、塩分を抑えても現在と同じ水準の味を確保できた商…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36769590S8A021C1916M00/

【ゲーム】『ダンスダンスレボリューション』で57キロのダイエットに成功した猛者現る (写真あり)

1: ニライカナイφ ★ 2018/10/06(土) 22:28:04.30 ID:CAP_USER9
コナミの人気音楽ゲーム『ダンスダンスレボリューション(DDR)』で57kgもの減量に成功。
九死に一生を得た米国人男性の話が注目を集めている。

米アーカンソー州在住のXopher氏は2012年、医師から「痩せなければ今後は心臓移植が必要になる」と宣告された。
当時肥満に苦しんでいた彼の体重は147kg。

しかしここで幸運が舞い込んでくる。
大好きなアーケードゲーム『DDR』の筐体を格安で落札することに成功。
これを自宅に招き入れた彼は、少しずつではあるが、エクササイズを兼ねてプレイすることにしたのだ。

<海外の反応>
すげぇ男だ!
おめでとうございます
ハリウッドはこっちを映画化しろwwww
↑「ダンスで地球滅亡の危機を救う」とかしてる場合じゃないよね。アメリカの肥満はガチで深刻な社会問題やし
ゲームが男性の命を救った
こういう話いいよね
DDRはわりと激しい運動になるもんな。楽しみながらのダイエットにはもってこいだわ
素晴らしい話だな!体重の次は童貞を捨てられるよう頑張れ!

食事にも気をつかうようになり、約半年ほどでスタミナもゲームスキルも大幅に向上していった。
そして2014年からの2年間で23kgもの減量に成功。そして次の2年でなんと体重は90kgまで落ちた(57kg減)。
血圧や心拍数も正常値に近づき、生まれて初めてXopher氏は健康体になったのだ。

「助かったのはDDRのおかげであり、仮にこれがなければモチベーションが上がらなかった」とXopher氏。
「ゲームで高得点を取ることでダイエットが順調だとすぐに分かるのが良い」と付け加えている。

no title

no title

<海外の反応>
完全に別人だな
この記事読んで久しぶりにDDRしたくなったw
もうこれをeSport競技にしろよ
4年で57kg減量はDDRよりも食事の変化が大きい気がする。毎日炭酸飲料ばっかの生活してたらブクブク太るし
俺もDDRで10kg近く痩せたからすごい彼に共感できる~
ゲームは結果が目に見えるからね
DDRは十分役に立ったと思うよ
筐体買うっていくらぐらいするものなんだ

no title

no title

http://yurukuyaru.com/archives/77752936.html

【アイドル】西野未姫、AKB48卒業後に15kg増 -8.5kgのダイエット成功で「第2のまゆゆに戻れた」 ビフォーアフター写真公開

1: ジョーカーマン ★ 2018/10/03(水) 12:35:48.05 ID:CAP_USER9
3日放送のTBS系バラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(毎週火曜日23:56~)で、元AKB48の西野未姫が2ヶ月で-8.5kgのダイエットを成し遂げた様子を公開した。

西野未姫、AKB卒業後に15kg増

「第2のまゆゆ」とも呼ばれながら、AKB48卒業後15キロも太ったという西野。
ピーク時よりは痩せたというものの、53.4kgから45kgを目指してのダイエットスタートとなった。

西野未姫、超過酷なトレーニングで2ヶ月で-8.5kgを達成

スタート日から毎日ウォーキングを1時間、モデル御用達だという有名ジムには週4日で通い、「痛いよ~!」と絶叫しながらトレーナーからみっちりトレーニングを受けた西野。
さらに「無理~!」と絶叫しつつ45分間で5000回跳ぶという過酷な暗闇トランポリンエクササイズにも通いつめたという。

トレーニングの辛さに「きつい、やばい、意味わかんない…」と半泣き状態まで追い詰められた西野だが、2ヶ月後の測定では、きゅっとしまったウェストにすらりとした足、と現役時代となんら変わりのないスリムな体型に。
「人生で一番がんばりました」というその結果はなんと44kg代と、目標体重をさらに上回る結果に。
ウェストも-19.5cmと驚異的な数字を叩き出した西野は「頑張った過ぎて泣きそう…」と大感動。
しかしスタッフに「前の(太っていた)ほうが(テレビとしては)いじりやすかった」とコメントされると「確かに…」と絶句し、微妙な表情も見せた。

西野未姫、ツイッターには喜びの投稿も

西野は自身のTwitterでも、ダイエットのビフォーアフター写真を公開し「約2ヶ月で、?8.5kgのダイエットに成功しました 53.4kg→44.9kg」と報告。
「本当に本当に頑張りました。第2のまゆゆに戻れた」と西野の喜びの投稿に「本当だ!まゆゆに見える!」「おめでとうございます!リバウンドしないようにね!」「お疲れ様!私も見習わないと…!」とファンからの祝福のコメントが相次いでいた。

http://mdpr.jp/news/detail/1796396

AKB48卒業後15キロも太った西野未姫
no title

no title

2ヶ月で-8.5kgダイエットに成功
no title

no title

「有田哲平の夢なら醒めないで」 西野未姫
no title

no title

no title

no title

no title

【朗報】「食事時間を12時間内に収めるだけで痩せて健康になる」ことが判明 1日3食は間違いだった

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/09/22(土) 19:10:24.63 ID:SrsJ25pb0● BE:324064431-2BP(2300)
<我々の体内時計は、1日の間の食事の始まりと絶食開始の時間を察知して、栄養吸収と代謝・修復のサイクルを切り替えているらしい。
その規則さえ守っていれば、糖質と脂質の多い不健康な食事をしていても健康を保てる?>

食事の時間を見直すだけで、遺伝子の異常や不健康な食生活が引き起こす病気を予防できるのをご存知だろうか。人は24時間周期の体内時計を持ち、
10種類近くある遺伝子の働きで毎日リズムを刻んでいる。体内時計はすべての臓器や体組織、細胞の中に存在し、寝る時間、食べる時間、身体を動か
す時間を教えてくれることで、病気に負けない身体を作る。この体内時計が正常で、それに従う限り、我々は健康でいられるのだ。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/09/10-12.php

no title

【医学】低炭水化物ダイエット、避けるべきはベージュ色の食品=英医師

1: しじみ ★ 2018/06/08(金) 08:03:06.69 ID:CAP_USER
低炭水化物ダイエットが人気を集めるようになってからしばらくたつが、炭水化物の色も重要なのをご存知だろうか。
英医師のザンド・バン・タリーケン氏によると、気を付けるべきなのはベージュ色の食品だという。
同氏が以下に説明する。

英中部マージーサイドの町カービーの一般医ファイサル・マーサラニ氏は、
患者たちの健康のため、炭水化物の摂取を減らさせることに取り組んでいる。

しかし、それには非常に多くの障害がある。マーサラニ医師は英国で最も貧しい地域の一つで働いている。
失業率は高く、肥満率も高い。住民の教育水準も高くない。

マーサラニ氏の計画は素朴とさえ言えるほど単純だ。高体重や肥満で、2型糖尿病や高コレステロール、
高血圧などの疾患がある患者7人を集め、基礎的な検査をした。

その後、地元の料理学校から料理人を募り、健康に良い食べ方でも味が良く、
安価で、食べ応えのある食事がとれることを証明するメニューを作ってもらった。

マーサラニ氏はさらに、肥満や糖尿病がどのような問題につながるのかについて、
患者たちにしっかり警告した。壊疽(えそ)や脳梗塞、心臓発作、胃潰瘍などだ。

それから2週間にわたって、食べる炭水化物の種類や量を変えることに、それぞれの好きな方法で取り組んでもらった。
慢性疾患を治すには全く時間が足りないことも確かだが、期間が終了した際には再び検査を行う。

まったく成功する見込みがないように、私には思われた。

■炭水化物の消化

炭水化物は、我々が食べ物からエネルギー源を得る方法の一つで、3つの種類が含まれる。
でんぷんと糖、食物繊維だ。

でんぷんは、炭水化物と言った時に我々が真っ先に思い浮かべるもので、
パンやパスタ、ジャガイモや米などに多く含まれる。しかし、これらの「ベージュ色」の種類は健康に良くない。

甘い「白色」炭水化物も良くない。炭酸飲料やスイーツのほか、
ケーキやビスケットといった加工・精製された食品に多く含まれている。

「ベージュ色」や「白色」の炭水化物に多く含まれるでんぷんや糖の大部分は、
グルコースに分解・吸収され、我々のエネルギーになる。摂取しすぎたグルコースは脂肪としてためこまれる。

しかし、もう一つの種類、食物繊維はフルーツや野菜に多く、「緑色」炭水化物とも呼べるものだ。
満腹感を継続させ、胃が空っぽになるまでゆっくり時間をかけさせ、
ビタミンやミネラルが摂取できる食べ物に含まれることが多い。

歯や歯茎の健康に役立ち、腸を動かし腸内細菌のえさにもなるため腸にも良い。

さらに、「レジスタントスターチ」がある。食物繊維が豊富なレンティルや豆類、
精製されていない全粒穀物などに含まれ、消化されにくいことが長所だ。
大腸まで消化されずに行って腸内細菌のえさになる。

腸内細菌の良好な状態は、身体、精神の両面で幅広いメリットがある。

アドバイスをもう一つ。再加熱することで「悪い」炭水化物を「良い」炭水化物に変えることが可能だ。
冷凍されたパスタやトーストなどのでんぷんは再加熱されると、分子の構造が変化して消化されにくくなり、
腸内をもっと先まで行って腸内フローラを育てる。

糖尿病の数値はほぼ分からないほどに

カービーで2週間の取り組みが終わったとき、患者7人全員がアドバイス通りに食習慣を変え、
「緑色」炭水化物を選択していたのは素晴らしかった。

お腹がすき過ぎたり、不都合を感じることはなかったという。
お互いにレシピのアイデアを共有するためインターネットで複数が会話するグループチャットも始めていた。

検査結果は本当に驚くべきものだった。血糖値は大幅に改善し、患者の一人は部分寛解とさえ診断された。

17年間2型糖尿病を患ってきた、その男性患者は2週間で、ほぼ分からないほど数値が低くなっていた。

さらに、7人のうち6人はストーン(訳注:14ポンド=約6.35キロ)の半分かそれ以上、体重を減らしていた。

続きはソースで

no title

BBC
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44379833

医者 「糖質(炭水化物)制限ダイエットは、効果はあるが、20年後も健康であるというデータがない」

1: 名無しさん@涙目です。(栃木県) [SY] 2018/05/15(火) 13:20:57.68 ID:FWj+iE2c0● BE:886559449-PLT(22000)
炭水化物を抜くダイエットって健康面でどうなの? 医師に聞いてみたら…「考えさせられる回答」が返ってきた

今回、私の質問にこたえてくれたのは、今まで何度も禁煙の相談に乗ってくれたお茶の水循環器内科の
院長・五十嵐健祐先生。その質問と回答は以下の通りである。

私:「最近、炭水化物抜きダイエットが流行っていますね。単刀直入にお聞きしますが、健康面の影響はどうなのでしょう?」

先生:「炭水化物抜きダイエット(糖質制限ダイエット)に関しては、近年急速に注目を浴びているのですが、
医師によって意見が分かれる部分があります」

私:「つまり、先生によっても意見が分かれるってことは……否定的な見解を示す先生もいるってことですね?」

先生:「はい、まだ長期のデータがないので、色々と意見が分かれているのが現状です。ただ、私個人としては
「糖質制限はほどほどであれば良いのでは」と考えています。

また、炭水化物制限の食事を実践している人で、血糖が改善しているケースを臨床的に経験することもあります。
例えば、検診で初期の糖尿病・糖尿病予備軍と言われた方が運動をして、なおかつ炭水化物の摂り過ぎに
気を付けると、その後に血糖が基準範囲まで改善したというケースはしばしば経験します」

私:「お! 問題ないんじゃないですか!」

先生:「と、言いたいところなのですが、「100%問題ない」と言い切れるわけではないんですよ。なぜかと言うと、
特定の食事療法が健康に良いかどうかを判断するためには、1年や2年ではなく、10年20年という単位で長期的にも
問題がないかを検証する必要があるからです。

しかし、日本で炭水化物抜きダイエットがブームになったのはここ数年のことでして、そういう食事を長期間行うことが
本当に安全なのかどうかを検証した長期のデータがまだ無いんです」
https://rocketnews24.com/2018/05/15/1061896/

【医学/健康】ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛えられる!

1: しじみ ★ 2018/05/10(木) 17:14:08.63 ID:CAP_USER
■監獄で「自重トレーニング」を積み重ねた男は、関節やグリップ(握力)を疎かにしなかった――。
元囚人による筋トレ本『プリズナートレーニング』続編が教えてくれること
no title

昨年の夏、日本で刊行されて大反響となった『プリズナートレーニング』
(ポール・ウェイド著、山田雅久訳、CCCメディアハウス)という本がある。

話題を呼んだ理由のひとつは、「ジム通い不要」「ダンベル不要」「プロテイン不要」と、
近代的トレーニングに必須だと思われてきた要素をことごとく否定している点だ。

理由のもうひとつは、著者に何のインストラクター資格も学位もなく、それどころか「元囚人」であるという希有な事実である。

度重なる薬物犯罪の過ちによって刑務所の入退を繰り返した末、著者が延べ約20年にわたる監獄生活で身につけたのは、
おのれの体ひとつで、外見と機能ともに究極の肉体を創り上げる「キャリステニクス」、すなわち「自重トレーニング」であった。

■なぜ「グリップ(握力)」と「関節」なのか

「人生100年時代」といわれるようになった昨今、世間で定着しつつある健康ブームの一環で、
特に筋力トレーニングを始める男性が増えてきた。

腹筋が6つに割れて見える「シックスパック」や、
鍛え上げられた大胸筋や広背筋によって形成された「逆三角形」の上半身に憧れ、ジム通いを始める人も多い。

しかし、『プリズナートレーニング』の著者、ポール・ウェイドが述べる事実は一貫している。

 ■もし次のような話を聞きたいなら、この本を読むと時間の無駄になる。

・ウェイトを挙げろ
・10レップス3セットが基本
・ストレッチしろ
・1日6回食べろ
・プロテインを飲め

 わたしはこんなことは言わない――実際、わたしが口にすることのほとんどが、
現代のフィットネスシーンがアピールする内容とは真逆になる(だから、効果があるのだが)。

これは、著者の新著『プリズナートレーニング 超絶!!グリップ&関節編』(山田雅久訳、CCCメディアハウス)からの一節だ。

著者は前作『プリズナートレーニング』で、
胸・肩・背中・腹・太もも・上腕の筋肉を自重トレーニングのみでバランスよく鍛え上げる方法を伝授しているが、
この続編でわれわれに指南してくれるのは「グリップ(握力)」と「関節」の鍛え方である。

率直に言うと、地味な印象をぬぐえない。見栄えのいい肉体を手に入れたい筋トレファンの心に、どれだけ刺さるのだろうか。

しかし著者によれば、グリップや関節にまで気を配りながら鍛え上げることで、見せかけだけではない、
真に強靱な体を創り上げることができるのだ。そして、そのセルフコントロールは、むしろ器具を使わないからこそ有効だという。

■どこのジムに行っても、バーベルを挙げる時の助けにするため、リストストラップとフックを使う男たちを見かける。
“もっと” 挙げられるようになるからだ、と彼らは言うが、それは違う。確かに腕はその重量を挙げている。
しかし、手にはその重量を挙げる力がない。つまり、実際には挙げていない。
肉体的な能力を解き放つのにストラップやフックがいつも必要だとしたら、それはおかしな話になる。
ニセモノの習慣をつくるし、強さだって見せかけだ。(30~31ページ)

ある道具やシステムの「強度」を考えるとき、基準とすべきなのは最も弱い部分である。
著者によれば、「どんなシステムでも、たとえそれが単純なチェーンであっても、
もっとも弱い連結部分がそのチェーン全体の強さを決める」のだ。

著者は長い刑務所生活で何度もケガを負ったらしいが、トレーニングが原因の大きな負傷は一切ないという。
おそらくは彼が、体の中で最も弱い部分となりやすいグリップや関節を、意識的に鍛えていた成果だろう。

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/carrier/2018/05/post-10132.php

続く)

【特集】米7年連続1位のダイエット法「新DASH食」を知っていますか?――1週間献立付

1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/04/29(日) 02:50:39.55 9
大場 真代
15時間前

米7年連続1位のダイエット法「新DASH食」を知っていますか?――1週間献立付
高血圧を防いでやせる「理想のミネラル食」

近年、米国で最も優秀なダイエット法と見なされている「DASH食」。もともとは高血圧予防食として知られ、血圧降下と体重減少が期待できる“一石二鳥”の食事法だ。

 アメリカのニュース配信サイト「USニューズ&ワールド・レポート」が毎年行っているダイエット法ランキングで、DASH食が7年連続で第1位に選ばれた。
このランキングは、栄養士や食事コンサルタント、糖尿病や心臓病などの専門医などが、38種類のダイエット法を続けやすさや短期的・長期的な減量効果、心疾患や糖尿病に対する効果など9つの分野ごとに検討し、
総合点で順位付けしたものだ。2位には地中海食、3位にはアルツハイマー病を予防するとされるMIND食が続いている。

 DASH食とはDietary Approaches to Stop Hypertensionの略。本来は高血圧を治療する食事法で、
野菜や果物、低脂肪乳製品、魚介類や大豆製品、海藻を中心に摂取し、コレステロールの多い食品を減らすことが特徴だ。

(画像)
©iStock.com
この記事の画像(6枚)
http://bunshun.jp/articles/-/6876

 日本高血圧学会で減塩委員会委員を務める日下医院の日下美穂院長が解説する。

「DASH食はアメリカの国立衛生研究所が1997年に発表した高血圧の食事治療法です。高血圧は遺伝と生活習慣によって起こるものですが、
遺伝的要素があっても、生活習慣を整えることによって高血圧の発症や動脈硬化、脳卒中や心筋梗塞などを予防できるといわれています。
アメリカでは死因の第1位が心筋梗塞などの心疾患。心疾患は高血圧が元となって引き起こされるため、こうした食事法が生まれたのです」

 1993~1997年にかけて米国立衛生研究所は、「DASH食研究」と呼ばれる、科学的根拠のレベルが高いランダム化比較試験を行った。
米国人男女459人を、米国人の通常食、野菜や果物の多い食事、DASH食の3つのグループに分けて比較したところ、
DASH食グループの降圧率が最も高く、高血圧の人は収縮期血圧で平均11.4mmHg低下したという。

塩分を排出する作用がある

「この研究では、DASH食と通常食に食塩量の差はありませんでした。DASH食の降圧効果が高かったのは、
塩分を排出する作用があるカリウムやマグネシウムなどのミネラル分を多く含むためです。
個々の栄養成分は単独だと降圧効果は小さいのですが、複合的に組み合わせることによって降圧効果が発揮されたのだと考えられます」(同前)

 では、なぜこの「高血圧予防食」がダイエットにつながるのか。医療統計学の専門家でDASH食に詳しい東海大学医学部の大櫛陽一名誉教授はこう解説する。

「DASH食は、もともとミネラルの積極的摂取のほかに、低脂肪、高炭水化物を推奨してきました。しかし、脂肪を控えて、炭水化物の摂取量を増やした途端に、
肥満の人がさらに増え、糖尿病の発症率も増加したのです。また、多くの研究から、肥満の原因は脂肪ではなく、炭水化物に含まれる糖質だということがわかっています。
そのため、2010年から適度な脂肪は摂取し、炭水化物を控える新DASH食へと変化。結果として血圧も下がり、肥満も予防できるDASH食が生まれたのです」

次のページ
DASH食の3つのポイント
http://bunshun.jp/articles/-/6876?page=2
味噌汁の意外な真実
http://bunshun.jp/articles/-/6876?page=3
朝食を“果物だけ”にする
http://bunshun.jp/articles/-/6876?page=4

no title

【健康】「汗をかいてデトックス(毒素排出)」はウソ 

1: 野良ハムスター ★ 2018/04/14(土) 22:59:58.79 ID:CAP_USER
発汗は、今や健康や美容のトレンドになっている。遠赤外線サウナからホットヨガまで、タオルが汗でびっしょりになるアクティビティはリラクゼーション効果があるだけでなく、体の毒素を排出して健康を保つとも言われている。

だが、汗をかいて毒素を排出するという説は、汗をかいて弾丸を搾り出すというのと同じくらいありえない話であることが、最新の研究で明らかになった。科学者たちも長年密かに疑っていたことだが、汗と一緒に毒素も排出されるというのは、都市伝説に過ぎなかった。

人間が汗をかくのは体温を下げるためであって、老廃物や有毒物質を排出するためではない。その役目を負うのは、腎臓と肝臓である。もちろん、都市伝説の中にも一粒の真実はあるものだ。この場合も例外ではない。汗の成分の大部分は水とミネラルだが、様々な種類の有毒物質も含まれている。

ただし、学術誌「Environment International」に掲載された研究報告によれば、その量はごくわずかだという。

「どの程度の量かということは、常に問うべきです」と、化学者のジョー・シュワルツ氏は言う。「汗を分析すると多くの物質が見つかりますが、化学物質があるからと言って必ずしも危険なわけではありません」

■汗に含まれる汚染物質の量は?

シュワルツ氏は、カナダ、マギル大学の科学社会事務局長を務めている。科学に関する都市伝説を検証する同局には、医療詐欺やエセ療法に関する問い合わせが山のように寄せられているという。そのなかには、体のデトックスをうたったものも数多い。

では、汗の中にはどれほど有害な物質が含まれているのだろうか。

ほとんどの汚染物質に関しては、その量はあまりにわずかで、あってもなくても変わらないと、今回の研究を率いたパスカル・インベルト氏は言う。インベルト氏は、カナダ、オタワ大学の運動生理学者で、体脂肪に蓄積する汚染物質の研究をしている。

これらの物質は「残留性有機汚染物質」と呼ばれ、農薬、難燃剤、そして現在は禁止されているもののまだ環境中に残っているポリ塩化ビフェニル(PCB)などがある。食品や環境中に存在する「毒」と一般に考えられているが、脂肪に引き寄せられる性質があるため、大部分が水でできている汗には溶けにくい。(参考記事:「有毒物質PCBへの耐性を獲得した魚」)

インベルト氏と研究仲間が調べた結果、普通の人が1日45分間の激しい運動を行ったとしても、1日の発汗量はせいぜい2リットルほどだった。これには、運動していない平常時の発汗も含まれる。そして、それだけの汗をかいても汚染物質は0.1ナノグラム以下しか含まれていない。

言い換えると、「普段の食生活で体内に取り込む汚染物質のうち、汗で出る量は0.02%に過ぎません」と、インベルト氏は言う。さらに運動を激しくしたとしても、0.04%程度までしか増えない。

つまり、どんなに大量の汗をかいたとしても、その日体内に摂取した汚染物質の1%すら排出できないということだ。

ただし、ほとんどの人間の体内にある農薬やその他の汚染物質の量自体、極めて微量であるということも覚えておいてほしい。分析化学者の功績により、今では1兆分の1単位で物質を検出できるようになったが、だからといってそのわずかな物質がすぐさま有害であるとか、減らせば健康に良いといった話にはならないと、シュワルツ氏は言う。(参考記事:「米国 汚染地に暮らす」)

>>2につづく
no title

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/041200164/