月別アーカイブ: 2019年1月

【健康】食事中に思わず「痛っ!!」 頬の内側をかんでしまう原因と予防・対処法

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/28(月) 06:27:28.58 ID:Wq1G130x9
おいしい料理を食べているとき、思いがけず頬の内側をかんでしまい、気分が台無しになった経験はありませんか。
かんだことでできる口内の傷が激しく痛み、その後の食事や会話に支障が出ることもあります。
頬の内側をかんでしまう理由やかまないための方法について、歯科衛生士の池浦静華さんに聞きました。

虫歯の治療が原因になることも
Q.なぜ、思いがけず頬の内側をかんでしまうのですか。

池浦さん「3つの要因があります。1つ目は、歯の形や歯並び、かみ合わせなど、生まれ持った特異な口腔(こうくう)内環境です。
生えてきた歯がとがっていると、頬をかんで傷がつきやすくなります。
先天欠損(生まれつき歯がない部位がある)や過剰歯(生まれつき歯が多い部分がある)など歯の数の異常、
乱食い歯や出っ歯など歯並びの異常、骨格の異常が関係する歯のかみ合わせの異常(不正咬合=ふせいこうごう)が原因になることもあります。

2つ目は、虫歯の治療や口腔粘膜の異常などによる口腔内環境の変化です。
虫歯の治療で口腔内に詰め物やかぶせ物などをしますが、治療により歯の形態が変わると頬の内側をかんでしまうことがあります。
口内炎などの口腔粘膜炎や親知らずが原因となって生じた歯肉の炎症、虫歯や加齢で歯が抜けてくるような場合に、痛みをかばうために普段とは違うかみ方をすることも原因として考えられます。

3つ目は、口腔内以外の要因(ストレス、薬、アレルギーなど)から生じる口腔内環境の変化です。例えば、ストレスによって生じる歯ぎしりが挙げられます。
また、服用中の薬の副作用として口腔の乾燥が生じる場合、粘膜表面の潤滑作用が失われやすく、かぶせ物に使われている金属や歯科治療で使用する材料に対するアレルギーがある場合は、
頬の内側の粘膜などに炎症が生じることでかんでしまうことも考えられます。

口腔内は歯という硬い組織と、舌、頬、歯肉などの軟らかい組織が共存している場所で、両者が異常に触れ合った場合、軟らかい方が負けてしまいます。
さらに口腔内から肛門までは1本の管でつながっており、口腔粘膜は胃腸など全身の異常が粘膜炎として出現しやすいのです」

Q.日常よく行ってしまう癖が、頬の内側をかむことと関係する場合がありますか。

池浦さん「爪をかむ、指を吸う、唇をかむなどの癖が影響している可能性もあります。これらの癖は歯並びにも影響するため注意が必要です。
また、頬づえ、片側の歯だけでかむ癖も結果的に頬の内側をかむことと関係する場合があります」

Q.体重の増加や加齢による頬のたるみは、頬の内側をかむことに関係しますか。

池浦さん「体重の増加も関係しますが、減少も関係します。体重の増減によって頬の筋肉、脂肪の量が変化することで、粘膜の膨らみが変化するからです。
また、口腔粘膜全体の加齢による厚みの減少や、粘膜下組織の筋肉、脂肪の量が減少することで生じる頬のたるみも関係します(>>1�。

加齢により、食べ物をかむ時に使われる筋肉や表情筋が衰え、頬のたるみが現れます。
テレビ番組や雑誌でも表情筋のトレーニングがよく取り上げられますが、表情筋のトレーニングは、ほうれい線やしわの改善だけではなく、口腔機能の低下を防ぐ効果も期待できます」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190128-00031943-otonans-soci
1/28(月) 6:10配信

【健康/環境】たばこの吸い殻は最悪のプラスチック汚染物質、フィルターでがん防止できず

1: みつを ★ 2019/01/29(火) 02:12:01.72 ID:ltIpns4a9
https://www.cnn.co.jp/fringe/35131894.html

たばこの吸い殻は最悪のプラスチック汚染物質、フィルターでがん防止できず
2019.01.28 Mon posted at 17:05 JST

(CNN) 環境汚染の原因となる物質としてプラスチック製ストローやレジ袋に対する風当たりが強まる中、それ以上に大きなプラスチック問題を生じさせながら、規制をすり抜けている汚染源がある。たばこの吸い殻がそれだ。

プラスチックフィルターが含まれるたばこの吸い殻は、捨てられる量が世界一多い。

たばこのフィルターは生物分解可能な素材でできていると思われがちだが、実際にはプラスチックの一種の酢酸セルロースが使われており、分解されるまでには最大で10年かかる。

欧州連合(EU)は、この隠された問題への対応に乗り出した。使い捨てプラスチックを減らす対策の一環として制定した新規定では、たばこ業界に対し、吸い殻の清掃のための資金拠出を義務付ける。

1年間に製造されるたばこは約6兆本。うち90%以上にプラスチックフィルターが含まれる。これは100万トン以上のプラスチックに相当する。

世界保健機関(WHO)によると、ごみの投げ捨ての中でも特に横行しているのがたばこの吸い殻の投げ捨てで、吸い殻の約3分の2は無責任に捨てられる。路上や側溝に捨てられた吸い殻は、排水を伝わって河川や海に流れ込む。
(リンク先に続きあり)

米粉用で多収品種「あきたさらり」 難消化性でんぷん豊富 ダイエット食材に「小麦アレルギーの人向けにグルテンフリーのうどんが作れる可能性もある」

1: ガーディス ★ 2019/01/19(土) 12:58:40.66 ID:pQ5VY69j9
2019年1月18日 7時0分
日本農業新聞

 秋田県立大学などが、多収で消化しにくいでんぷん(難消化性でんぷん=RS)を含む新たな米粉向け品種「あきたさらり」を育成した。10アール当たり収量が800キロ程度と多収で、栽培コスト低減が期待できる。RSの含量は3%で、「あきたこまち」の3倍以上と多い。ダイエットなど健康志向の消費者にPRできることから、県内企業と、同品種の米粉を使ったうどんなどの商品開発を進めている。

 「あきたさらり」は同大と県農業試験場、国際農林水産業研究センター(JIRCAS)などが育成。2018年秋に農水省に品種登録出願を申請し、出願が公表された。

 米粉は製粉費用がかかるが、多収で栽培コストを下げることでカバーする。熟期は「あきたこまち」より1週間遅く、作業分散が期待できる。

 同大と企業の共同研究で、米粉を小麦粉に20%ほど混ぜてうどんを作ると、腰が強く、ゆでた後もべたつきにくい麺が作れることが分かった。「あきたさらり」はアミロース含量が高く、大粒で米粉適性が高い。

 同大生物資源科学部の藤田直子教授は「小麦アレルギーの人向けに、グルテンフリーのうどんなども作れる可能性がある。水田転作にも役立つ」と期待する。現在の栽培面積は約1ヘクタールだが、さらに拡大する見込みだ。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15889330/

【健康】月経異常の女性運動選手、疲労骨折リスクが8倍に

1: プティフランスパン ★ 2019/01/17(木) 12:01:57.38 ID:ixa/dRq99
2019年1月15日
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190115-OYTET50025/?catname=news-kaisetsu_news

 月経に異常がある女性運動選手は、疲労骨折を起こすリスクが8倍に上り、一度骨折すると繰り返すリスクも高まるとする研究結果を、慶応大のチームがまとめた。英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

 女性選手の疲労骨折は、運動量の多さに食事量などが見合わず、エネルギー不足からホルモンのバランスが崩れ、骨粗しょう症を引き起こすことで生じる。

 チームは2017年、同大の体育会所属の女性選手56人を調べたところ、13人が脚を疲労骨折した経験があった。このうち11人に、月経不順や無月経などの異常がみられることも分かった。さらに1年間の追跡調査を行うと、3人が再び疲労骨折していた。

 血液や尿の検査結果をみると、疲労骨折を経験した選手は、骨や筋肉がダメージを受けると生じる酵素の値が高く、骨の形成に関わるたんぱく質の値は低かった。これらの酵素やたんぱく質の値を調べれば、疲労骨折のリスクを予測できる可能性が示唆された。

 研究をとりまとめた同大特任准教授の宮本健史さん(整形外科)は、「女性選手の疲労骨折は選手生命に関わる。過去の骨折経験や月経の異常、血液や尿の検査値を参考に、トレーニングの方法の工夫や見直しが必要だ」と話している。

Apple、「2019年のキーワードは健康器具だ」と発表 / かつて任天堂とシャープが通った道

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2019/01/09(水) 11:05:03.70 ID:uuD9mDNo0 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
米ニュース専門放送局CNBCのインタビューで、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、
今年新たなサービスをスタートさせる計画があることを明らかにしました。

今年複数の新サービスが登場か
CNBCの番組「Mad Money」の中で、ジム・クレイマー氏のインタビューに答えたクックCEOは、
「我々が新たなサービスを発表するのを今年目にすることになる」と語りました。

Appleの新サービスは、すでに数年開発されてきたもので、ヘルスケア関連である、とクックCEOは述べています。
Apple Watch Series 4の心電図(ECG)機能など、Appleは近年ヘルスケアに力を入れていることで知られています。

Appleの最も大きな功績はヘルスケアに?
クックCEOは、Appleが人類にとってどのような役割を果たしたかを
遠い未来から見たとき、ヘルスケアこそがその答えになると語りました。

Appleはヘルスケアの民主化に焦点を当てており、「施設でしか利用できなかったようなものをその外に持ち出し、
個々人のヘルスケア管理を助けている。まだこれは始まったばかりだ」と、クックCEOは続けました。

https://iphone-mania.jp/news-236993/