月別アーカイブ: 2018年12月

【2018年】今年の一皿は「さば」 美容や健康への関心で人気に ぐるなび総研

1: みつを ★ 2018/12/07(金) 04:41:49.94 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181206/k10011736891000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_092

今年の一皿は「さば」 美容や健康への関心で人気に
2018年12月6日 14時33分

この1年話題となり、世相を反映した「食」を選ぶ「今年の一皿」が発表され、美容や健康への関心を背景に人気が高まった「さば」が選ばれました。

「今年の一皿」は、飲食店情報の調査会社「ぐるなび総研」がインターネットでの検索数やアンケートなどをもとにその1年を象徴する「食」を選んでいるもので、ことしで5回目となります。

今回は、高級食パン、国産レモン、さば、しびれ料理の4つがノミネートされ、選考の結果、「さば」が選ばれました。

選考の理由について、調査会社では健康や美容ブームを背景に中性脂肪を減らす効果や美肌効果があるとされるDHAやEPA、それにビタミンB2などが豊富に含まれる食材として注目を集め、ことしに入って検索数が急上昇したとしています。

特に、さばの缶詰は働く女性が増える中で、下処理が必要なく、手早く調理できるいわゆる「時短料理」に使えるとして人気が高まったほか、災害が相次いだ影響で家庭で備蓄する非常食としても見直されたとしています。

また、準大賞には猛暑だった夏にSNSで話題を集めたとして、本格的なスパイスを使った舌がしびれるほど辛い料理=「しびれ料理」が選ばれました。

人気けん引 さばの缶詰

人気をけん引したのが、さばの缶詰です。

大手食品メーカーの「マルハニチロ」では、ことしに入ってから10月末までのさばの缶詰の販売個数が去年の1.6倍に急増しています。

特に若い女性が買い求めるケースが増えているということで、定番の水煮やみそ煮に加えて、ことし3月には女性を主なターゲットに、トマトソースを使ったものやカレーで煮込んだ新商品も発売しました。

缶の見た目も女性を意識してヨーロッパ風の食器をイメージするなど、デザインにも工夫をこらしています。

会社では、働く女性が増加する中、下処理が必要なく手早く調理できることが人気につながったと見ていて、ホームページでさばの缶詰を使ったいわゆる「時短レシピ」も紹介しています。

一方で、急速に人気が高まったことで、缶詰に適した比較的小さいさばが不足して仕入れ価格が上昇したため、ことし9月にさばの缶詰の大半の商品をおよそ10%値上せざるをえなかったということです。

マルハニチロのグロッサリー事業部の天野秀隆部長は「さばの缶詰は酒のつまみのイメージが強かったが、若い女性にも客層が広がり、驚いている。急激な需要の拡大で各社ともさばの確保に四苦八苦している状況だ」と話しています。
(リンク先に続きあり)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181206/K10011736891_1812061430_1812061433_01_03.jpg

鼻の穴にウナギが刺さったアザラシ発見 無事に除去される

1: secret name 2018-12-06 17:41:34 ID:
http://secrettalk.me/images/talk/7bb749911b75efc846d132d49d43e66afe58d7e6
鼻の穴にウナギが入った状態のアザラシが見つかったとアザラシの研究団体が報告した。

アメリカ・北西ハワイ諸島に生息する「ハワイモンクアザラシ」の観察や保護を行っている「Hawaiian Monk Seal Research Program」は今月、鼻の穴にウナギが入った状態の若いオスを発見。ウナギの頭部がアザラシの右の鼻の中に入っているとみられ、アザラシは苦しそうな表情を浮かべていた。

※全文はソースで
https://news.biglobe.ne.jp/animal/1206/blnews_181206_9343034003.html

no title

ゲームで金足りずミルク薄めた…遺棄致死の母親

1: secret name 2018-12-06 16:44:34 ID:
埼玉県桶川市の自宅マンションで昨年10月、1歳1か月の三男の晴はるとちゃんに十分な食事を与えずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた父親の会社員山辺拳士郎被告(25)と母親の無職仁美被告(25)の裁判員裁判の公判が5日、さいたま地裁(田尻克已裁判長)であった。

 この日は、仁美被告の被告人質問が行われ、仁美被告は、晴ちゃんのミルクの回数について、パソコンのオンラインゲームにはまっていた昨年7月頃には「少なければ1日1回や、2~3回になっていた」と話した。また、「(ゲームに)課金しすぎてお金が足りず、ミルクを薄めたこともあった」とした。

 晴ちゃんが痩せていたことについて、「小さいなという感じがしたが、毎日見ているのでまひしていた。いつか亡くなると思ったが、今日、明日すぐに、とは思わなかった」と話した。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181206-OYT1T50010.html

なんか色々と意味が分からなさすぎて…。
いつか亡くなると思いながらするゲームって楽しいんでしょうか??
no title

【芸能】M-1優勝「霜降り明星」は売れない!? お笑いコンテスト覇者芸人が成功しない悲しい現実

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/05(水) 08:36:48.88 ID:CAP_USER9
 漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」がスタートし、霜降り明星、和牛、ジャルジャルの3組が最終決戦に進出し、霜降り明星4票、和牛3票で霜降り明星が優勝した。

 今大会は4640組がエントリー。和牛、霜降り明星、ゆにばーす、見取り図、かまいたち、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップのファイナリストに、敗者復活戦を勝ち上がったミキを加えた10組が出場。
審査員はオール巨人、上沼恵美子、中川家・礼二、松本人志、立川志らく、サンドウィッチマン・富澤たけし、ナイツ・塙宣之の7人がつとめた。

●ここ最近の優勝者が売れていない!?

霜降り明星は、コンビ2人が2017年に若手芸人を対象にした第38回ABCお笑いグランプリや第7回ytv漫才新人賞などで優勝するなど、着実に力をつけて今回の結果を出し、
まさにスター街道まっしぐらといったところだが、最近のM-1は「優勝したからといって、売れるとは限らない」という話がある。

 M-1グランプリ過去の優勝者をみてみると、どれも売れっ子ばかりだが、売れない可能性などあるのだろうか?

2001年 中川家
2002年 ますだおかだ
2003年 フットボールアワー
2004年 アンタッチャブル 
2005年 ブラックマヨネーズ
2006年 チュートリアル
2007年 サンドウィッチマン
2008年 NON STYLE・ノンスタイル 
2009年 パンクブーブー
2010年 笑い飯
2015年 トレンディエンジェル
2016年 銀シャリ
2017年 とろサーモン

「まずは、2004年のM-1。優勝したのはアンタッチャブルでしたが、テレビ露出が一気に増えたのは南海キャンディーズでした。
また、2008年の優勝はNON STYLEでしたが、準優勝のオードリーの方が注目された。
09年はパンクブーブーが優勝しましたが、売れたのはハライチ。10年は笑い飯が優勝しましたが、売れたのはスリムクラブ。
2015年はトレンディエンジェルが優勝しましたが、メイプル超合金も知名度を上げ売れました。

http://dailynewsonline.jp/article/1597615/
2018.12.05 07:30 トカナ

【芸能】元フィギュア五輪代表・小塚崇彦さん別居 元フジアナ大島由香里さんと 16年結婚もすれ違い…年内離婚も

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/03(月) 07:03:41.12 ID:CAP_USER9
フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪代表で11年世界選手権銀メダリストの小塚崇彦さん(29=トヨタ自動車)が、
妻で元フジテレビアナウンサーの大島由香里さん(34)と別居していることが2日、分かった。

関係者によると、原因は多忙によるすれ違いで、すでに離婚に向けた話し合いをしている。小塚さんの知人は「大島さんとの関係修復は難しいようです。
今月中にも結論を出す可能性があると思います」と、早ければ年内に離婚が成立するとも指摘した。

今年7月には日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話 2時間スペシャル」でテレビ初共演。仲むつまじい姿が放送されていた。

昨年4月に第1子の長女が誕生。育児休暇を機に大島さんは生活拠点を小塚さんの地元である名古屋に移した。
昨年末にはプライベートを充実させるためにフジテレビを退社している。

一方の小塚さんは昨年7月、現役引退以来1年3カ月ぶりにアイスショーに復帰。
今年は日本テレビ「1周回って知らない話」(11月)など、氷上だけでなくテレビ番組でも存在感を発揮している。

2人の交際は、13年6月にスポニチ本紙がスクープした。
小塚さんが8位入賞を果たしたバンクーバー五輪が行われた10年に知り合い、16年2月に結婚した。

◆小塚 崇彦(こづか・たかひこ)1989年(平元)2月27日生まれ、愛知県出身の29歳。
5歳で本格的にスケートを始め、06年世界ジュニア選手権で金メダルを獲得。
父嗣彦さんは68年グルノーブル冬季五輪代表、母幸子さんはアイスダンスで全日本選手権準優勝の実績がある。
中京大大学院、トヨタ自動車所属。1メートル70、62キロ。

◆大島 由香里(おおしま・ゆかり)1984年(昭59)1月24日生まれ、神奈川県出身の34歳。
成城大経済学部卒。07年にフジテレビ入社。12年から「ニュースJAPAN」、後継の「あしたのニュース」のメインキャスターを担当。
16年からは「新報道2001」のキャスターに。趣味は散歩など。血液型O。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000000-spnannex-ent
12/3(月) 5:00配信

no title

no title

no title

【芸能】叶姉妹、「すごい再現度…」妖艶すぎるドロンジョのコスプレ姿にファン大興奮

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/01(土) 08:30:00.08 ID:CAP_USER9
http://image.dailynewsonline.jp/media/b/c/bcb2c2d1098847cbf448ccab7b5a31ab65fa1f62_w=666_h=329_t=r_hs=f86cce93057486b1c8990cf755327f52.png

叶姉妹が26日、自身のインスタグラムを更新して話題になっている。
叶姉妹といえば、完成度の高い二次元コスプレが好評で先日はインスタグラムでそれらのコスプレ写真を集めた写真集
「ファビュラス叶コスプレアート写真集 FABULOUS COSPLAY WORLD 」(玄光社)が12月24日クリスマスイブに全国の書店で、発売されることを報告したばかり。

そんな叶姉妹がこの日の投稿で、「そもそもは、ファビュラスな姉が#ドロンジョ の予定でしたが…(衣装のバストもファビュラスな姉のロケット型バストにあわせて作ったものなので私のマシュマロおっぱいをいれこみましたよ)」とつづり、
美香が人気アニメ『ヤッターマン』の敵役ドロンジョに扮したコスプレ姿を披露した。

写真集で掲載されている写真を、発売前に見られるという貴重なサービスカットで、この写真を見たファンからは
「美香さん…もう他の誰もこれ以上のドロンジョ様になれる人がいなくなってしまいました、罪は重いですよ…」
「ぎゃー!リアルドロンジョ!ヤバイ??」「初代ドロンジョそのまま」「すごい再現度…」
「本物のアニメのドロンジョ様より美香ドロンジョの方が可愛い」「ついにドロンジョ様降臨ですね!!私も恭子さまがやるのかなと思ってましたが、美香さまのドロンジョ様もキュートさがあって素敵」などの絶賛コメントが多く寄せられていた。

叶姉妹が約半年かけて仕上げたという今回の写真集。早速予約した、というようなファンの声もたくさん上がっていた。

http://dailynewsonline.jp/article/1592304/

2018.12.01 06:58 デイリーニュースオンライン

https://www.youtube.com/watch?v=1yRUhB1ygY8

ED

【芸能】“売れれば”いいのか?西野カナが公開した“作詞手法”に批判の嵐

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/30(金) 16:39:58.95 ID:CAP_USER9
歌手の西野カナが、11月25日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。自身の作詞法を大公開したのだが、ネット上ではその手法に賛否が別れている。

この日の同番組は「共感ソング特集」と題し、世の女性が「これ、私のことだ!」と共感するような歌を徹底深掘り。
若い女性を中心に絶大な支持を誇る西野をゲストに招き、共感される歌詞作りの秘密を聞き出していった。

多数の「共感ソング」を持つ西野だが、中でも特に有名なのが、2015年リリースの『トリセツ』という楽曲。
当時から「女心がそのまま表れてる」「分かるけど男からしたら面倒くさい」などと大論争を巻き起こしている同楽曲について、西野は作詞法を赤裸々に公開した。

したたかな“マーケティング作詞法”
西野はまず、“企画書”として楽曲のコンセプトや設定を考えだした後、一旦自身で詞を書きだすと告白。
その後はアンケートや友人への取材を行い、多かった回答や自分の意見を交えながら歌詞に落とし込む“マーケティングリサーチ”手法を採っていると明かしていった。

統計や聞き込みといった大掛かりな作詞法に、ネット上では驚きの声が続出。しかし一方で、

《ネタ集めてるだけやん》
《そりゃ多かった回答使えば共感を得られるわな》
《何か薄っぺらい歌詞だと思ったら自分の経験じゃなかったのかよ…》
《「トリセツ」を「私のための歌」って言ってる子がめちゃくちゃ多い理由が分かった》
《共感性のために多かった回答を利用するって、要はウケだけを狙った産業音楽なのね》
《アーティストなら人がどう思うかより自分の伝えたいことを詞に載せようよ》

などといった声も目立ち、楽曲同様に“賛否両論”を巻き起こす事態となっている。

“アーティスト”に対して作家性やクリエイティビティを求めている視聴者は、まるでIT企業のようなヒットさせることを主眼にした“マーケティング作詞法”に裏切られたように感じたのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1591291/
2018.11.30 10:30 まいじつ