【食の安全】ノーベル賞受賞者107名が遺伝子組換え食物を擁護 「健康被害は証明されていない」「発展途上国の人たちを救う食物」

1: 海江田三郎 ★ 2016/07/02(土) 09:36:54.60 ID:CAP_USER
http://gigazine.net/news/20160701-nobel-laureates-greenpeace-blasting-letter/
ゴールデンライス
no title

ノーベル賞を受賞した107名の科学者が、「遺伝子組み換え作物の普及を国際環境NGOのグリーンピースが妨げているのは
科学的ではないので反・遺伝子組み換え作物キャンペーンは即刻やめるべき」とする書簡に署名しました。そこにはさまざまな
事情が絡み合っているようです。
107 Nobel laureates sign letter blasting Greenpeace over GMOs – The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/news/speaking-of-science/wp/2016/06/29/more-than-100-nobel-laureates-take-on-greenpeace-over-gmo-stance/
グリーンピースに対して遺伝子組み換え食物キャンペーンをやめるべきであるという書簡を作成したのは、
1993年にノーベル生理学・医学賞を受賞したフィリップ・シャープ博士。書簡では、
「遺伝子組み換えによってビタミンA欠乏症を減らすことのできるGolden rice(ゴールデンライス)の導入をグリーンピースが阻止していることで、
発展途上国の子どもたちの多くが失明や死の危険にさらされている」として、グリーンピースに遺伝子組み換えキャンペーン
をやめるように求めています。
書簡で触れられている「ゴールデンライス」とは、遺伝子組み換え技術によってビタミンAを作るβカロテンを
多く含む米のこと。米の色が黄色いことからゴールデンライスと呼ばれており、発展途上国でビタミンA欠乏症に苦しむ
人たちを救う食物になるとして、導入が検討されている遺伝子組み換え作物です。

New England Biolabs社の最高科学責任者の職責にあるシャープ博士は、「私たちは科学者です。科学の論理を理解しています。
グリーンピースは科学的な裏付けのない状態で、人々をわざと怖がらせています」と述べ、グリーンピースを中心とする
反・遺伝子組み換え食物の姿勢をとる団体の主張には科学的な根拠がないと主張しています。
このような、反・遺伝子組み換え食物を主張する人たちと最先端の科学者たちによる「遺伝子組み換え食物の是非」
をめぐる攻防はこれまでにも長年にわたって多数くりひろげられてきたもので、特別めずらしいものではありません。
しかし、今回提出されたグリーンピースに対して反・遺伝子組み換えキャンペーンの自粛を求める書簡には、
107名ものノーベル賞受賞者が署名している「権威付け」があるという点で特徴的です。
なお、多数のノーベル受賞者たちから書簡を突きつけられたグリーンピースはThe Washington Postの取材に対して、
「何者かがゴールデンライスの導入を阻害しているという告発は事実誤認です。そもそも20年以上研究が続けられてきた
ゴールデンライスがいまだに販売されていないのは、ビタミンA欠乏症に対処するための解決策として失敗したものに過ぎません。
ゴールデンライスがビタミンA欠乏症に対処できるという証明はされていないとInternational Rice Research Instituteは確認しています」と反論しています。
遺伝子組み換え稲から収穫されるゴールデンライスの導入に対しては、導入が検討されている発展途上国でも安全性を懸念する声があります。
例えば、フィリピンでは、ビタミンA欠乏症対策をするのであれば、ゴールデンライスの代わりに
βカロテンの豊富な国産のフルーツや野菜の栽培を奨励すればこと足りるという意見も根強くあるとのこと。
発展途上国が貧しいため食物の栄養価が足りていないという貧困問題に目を背けて、「発展途上国の健康のため」という名目で、
遺伝子組み換え技術を持つ大企業がゴールデンライスの導入を推進しているという批判もあります。

そもそも、「遺伝子組み換え食物で健康被害は証明されていない」ということを根拠に遺伝子組み換え食物を推進する人と、
生態系への影響や健康被害という「予期せぬ危険の可能性」を危惧して遺伝子組み換え食物を反対する人との間では、
議論がかみ合うはずもなく、このような遺伝子食物をめぐる攻防は今後も続いていくものと考えられます。

2: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:38:58.49 ID:Wkg+zBC4
食べ物の遺伝子組み換えるより
人間の遺伝子組替えて悪環境でも生きれるようにした方がいいんじゃないの

54: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:44:47.15 ID:Mf5HK7Su
>>2
腸内細菌を変える方が現実的かな

3: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:39:25.15 ID:aW24mdNc
いいも悪いも当たり前のように食ってるからなあ
ハンバーガーのパテなんて遺伝子改造トウモロコシの飼料食った牛の肉だぜ

4: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:39:56.90 ID:An27eCrV
今のところはね
被害が拡大が発覚したら
この手の連中は掌返すから信用できん

143: 名刺は切らしておりまして 2016/07/03(日) 04:46:07.18 ID:6dBAHIHd
>>4
途上国って毒とわかってるヒ素入り水を飲んでるような環境だから遺伝子組み換え食べ物のせいと証明されないかな

5: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:40:04.24 ID:lUqA1Z/3
途上国は産み過ぎ。
子供の5割が死ぬ世界で、かわいそう詐欺するとバランス崩れるの当たり前だろ。

110: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 19:18:35.53 ID:QMpMmwcL
>>5
貧民が産めば生むほど富裕層が助かるってやつでしょ

6: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:41:15.78 ID:PNuSg/0t
喰って腹壊さなかったら安全 でいいんじゃないの?
危険視してる人は迷信臭くて意味不明だわ

8: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:44:39.32 ID:vpVQi9ch
遺伝子組み換えが批判されている理由は農薬漬けの食品に、なるからだ。ある種の農薬に耐性のある食物が人体に入ってくるんだよ

10: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:47:23.45 ID:prFxoaIc
>>8
そんなものは残留農薬の検査に引っかかるんだから問題にはならないよ

9: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:46:27.03 ID:prFxoaIc
安全が保障されなければ流通させられないというのであれば
品種改良された食品は流通させられないということにならないのか?
放射能の研究施設で突然変異した農作物とかも規制しなきゃならなくなるんじゃないのか?

11: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:47:27.73 ID:d/tyUWnJ
遺伝子組み換えでないものしか表示しないしね
もうみんな食ってる

13: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:49:20.59 ID:pxsy25WE
反遺伝子組み換え食品は科学的な根拠云々じゃない
もっと根本的にそんな怪しい物を食べたいわけがない

15: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:50:12.32 ID:Y4g+Y3E7
グリンピースの主張ってどんなもの?
「わけがわからないけど怖いですよ」って主張なら、駄目だろうな
いまだに電子レンジを怖がる西洋の人らには通用するかもしれないけど

16: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:56:04.14 ID:zxWwi7DW
自分が食う訳でなくて、貧民が食う訳だからね。

18: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 09:57:48.74 ID:0cppkapy
食べて応援

か?

19: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:01:47.56 ID:0bhDi0pf
>発展途上国の人達を救う食べ物

でも自分たちは食べませんw

20: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:02:46.07 ID:j2BoqKfM
ノーベル賞をとったといっても
農学や植物学や行政学を修めたわけではないのだから、
農業政策、食糧政策に対して無責任な物言いはすべきではない

まして実験的に実証もせずに安全と主張するなど
科学者ですらない

21: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:04:06.43 ID:T7y7LVSO
>発展途上国の人たちを救う食物
は?農業メジャーに大金払えないと食えません。

24: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:05:40.05 ID:AXcRwj4n
遺伝子組み換え作物は実った種を蒔いても育たないから、
巨大農業企業から毎年種を買う必要がある。

このノーベル賞学者達の背後で金を出している会社を調べたら面白いかも。

25: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:06:10.30 ID:O919BUt6
提出されているデータが正しいかどうかがポイントかなぁ

大企業も燃費データや副作用データを改竄していた訳だから

結局、関わっている人間が信用出来る人逹かどうか、そこに行き着く

27: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:09:54.80 ID:j2BoqKfM
そもそも遺伝子組み換えって
作物に感染するウィルスを使って遺伝子を導入してるわけで
組み換え作物自体がすでに病原体に感染しているのと同じこと

作物自体が元々持っていた毒素を免疫的に大量に出している可能性は否めない

29: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:15:59.76 ID:iljGmfob
遺伝子組み換えが体に悪いなんてオカルトだよ

そもそも品種改良も同じようなもん
遺伝子組み換えは種の性能をさらに引き出す処置に過ぎない

遺伝子組み換えが体に悪いなんて何の根拠もない

31: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:17:35.64 ID:stfvK6j3
組換えに拒否反応しめす連中って、放射脳と変わらん

自分の理解力では理解できないから嫌、それで終わり
身の回りのケミカルの中にはそれよりもずっと危険なものがあるのにそれには気づかない

33: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:18:37.86 ID:pxsy25WE
>>31
じゃあお前食えよ

38: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:23:48.40 ID:jsyr192T
>>33
もうみんな普通に食ってるよ?

32: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:18:10.79 ID:qFMdnPwm
品種改良法
旧来法:放射線をあてて変異させ、出てきたモンスターの中から好ましいものをえらぶ。
新規法:ゲノムを操作し、必要な遺伝子を適切に変化させる。

どっちが合理的かはわかりそうなもんだが、なぜか健康基地は前者を選ぶんだよな。

35: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:21:15.18 ID:F11dVdjt
肉牛や野菜の品種改良も食物の遺伝子に人為的に手を加えているという点では全く同じなのに、なぜ遺伝子組み換えだけが有害だと思うのか?

61: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:57:50.68 ID:py8qYhVR
>>35
オッサン達は高度な科学技術を嫌がるからね

遺伝子組み換えもダメ
人工知能もダメ
自動運転もダメ

39: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:25:40.44 ID:qFMdnPwm
ゴールデンライス
遺伝子組み換え技術によってビタミンAを作るβカロテンを多く含む米。

あおびかり
コシヒカリにチェレンコフ光をあてて、生きる力を促進した結果生まれた元気米。

多分、後者の方が売れるという矛盾・・・

40: 名刺は切らしておりまして 2016/07/02(土) 10:25:46.56 ID:1kRVOK/e
何代か後に影響でてくるかもな
擁護してる人その時は死んじゃってるから関係ないだろうけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。